Huaska - Samba de Preto

1 Comments
Huaska - Samba de Preto (2012)
Samba De Preto by Huaska (2012-03-20)

 ちょっと前にTwitterで話題になってたんでチョロっとお遊び気分で聴いてみたHuaskaというブラジルのサウンドを…。まぁ、ボサノバ×ヘビメタって話だったんで、何となく想像はしたんだけど、やっぱりどんなんだろ?っていう好奇心には勝てませんな…、随分前にどこかでそんなのを目にした気がするけどそん時は聴かなかったのかな…、今回はYouTubeで簡単に見つかったので軽くお試し♪

 Huaska「Samba de Preto」ってなのが2012年にリリースされてて、ジャケットに映ってるのが男か女かってのも不思議ながら手に持ってる楽器もブラジル…なんだろうな、と想像しながらさてさて、みたいな感じです。謳い文句のボサノバ×メタルってのは確かにその通りなんだけど、何と言うのかねぇ…Babymetalみたいな衝撃はなくて、理解の範疇と言うのか、ボサノバがメタルしてるワケじゃなくてボサノバ部分とメタル部分が上手く組み合わさっているみたいな感じで、融合ではなく組み合わせなワケ。当たり前っちゃ当たり前で、それ以上は出来ないだろうし、そりゃそうだよな…。ただ、ミックスされている部分もあるのはあるからその当たりで楽しむってのはアリだろうね。こうして聴くと実はメタル=歪んだギターとドコドコドラムってのは割と何にでも似合うのかも、となる。即ち実は自民権を獲得するジャンルなのかも。

 当然なんだけど基本はボサノバなんだな。そこにメタル的要素を入れ込んでるから多分ボサノバ7割メタル3割な感じで、物足りなさを覚える…が、ここまでが限界だろうなぁ…。そうなると今度はボサノバ×メタルという話題性ではなくって如何にボサノバで良い曲、メロディであるかどうかで、メタル要素もどこまで良いメロディが載せされるかになってくる。結局良いメロディが組み合わせられないと受けないワケで、今後はどうなるんだろうね。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 1

There are no comments yet.
風呂井戸  
なるほどねぇ~~

 なかなか面白いものを探してきますね。さすがフレさんの探求には脱帽です。私のように偏っていると、こうしたところには行き当たりそうもないので、大いに参考になりますネ。
 昔「セルジオメンデスとブラジル66」と出会ったときは感動で一気にのめり込みました。女性ヴォーカル(ラニ・ホールだったかな?)だとどうなりますかね?。そしてメタルももっともっと・・・激しくと、要求したくなります。

2014/05/29 (Thu) 09:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply