Depeche Mode - Music for the Masses

0 Comments
Depeche Mode - Music for the Masses (1987)
Music for the Masses

 以前は聴くことが苦手な音楽も年とともに、また経験と共に、かもしれないが聴けるようになるものは多い。まぁ、有り体に言えば丸くなってきたワケで、許容範囲も広がってきたってことなんだろうが、もっと簡単にいえばロックに対するこだわりから脱却して音楽という領域で聴くようになった、とも言えるか。ロックにはこだわるけどね、今でも(笑)。ただホントに様々な表現があるから自分が信じた世界だけを聴くんじゃ勿体無いってのがあって色々聴いてみるようになった、かな。新しい音もやっぱり進化形を楽しめるし、古いバンドでも自分が経由していなければ自分にはそれは新しく響く音だし、結局時代関係なく楽しめるのがアーカイブって事になるのだ。もうメディアにはこだわってないから聞ければ御の字、みたいなとこあるけど「やっぱ欲しい!」っていう本能は変わらないかもな(笑)。

 1987年にリリースされたDepeche Modeの「Music for the Masses」という作品。リアルタイム時はバンド名は知っててラジオか何かで耳にしたことはあったと思う。ところがもう暗くて熱くなくてロックじゃねぇ、こんなもん、って感じで全然受け付けなくてダメダメだったなぁ…。時代が過ぎ去りDepeche Modeはヨーロッパで絶大な人気を誇るバンドだったりして00年代のバンドなんて結構影響受けてたりカバーしたりして、それがまたかなりクールでかっこ良かったんで誰のカバーなんだ?って思ったらDepeche Modeだったとかね、そんな感じで、へぇ〜、そういうバンド?ってふらりと中古CD屋さん見てたら幾つかあったからまとめて大人買い…そこからかな、割と聴くようになって嫌いじゃなくなった。それどころかこの世界観を理解できるようになって、結構何かと好きな部類にまでなってきてる。こんだけ無機質だと新鮮なんだよね。

 ってことで割と何枚もブログに登場してるけどまだ出て来てないこの「Music for the Masses」をチョイス。バンドの進化論みたいなのが語れるほどは知らないけど、聴いた途端に、こういう音だったわ…みたいに裏切ることのない高品質なDepeche Modeの世界が流れてくるので安心して浸れる。聴けると言うか浸れる。ギター好きで弾く自分からは全然意味のないバンドなんだが、その分音楽的な世界観を楽しめているんだろうな、こういうのって。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply