Free - All Right Now

5 Comments
Free - All Right Now (1990)
All Right Now

 やっぱロックかっこいいな。ブルースをひたすらに聴いてて、ふとフリー聴きたくなって、もちろん普通のオリジナルアルバムは割と真面目にこれまでに書いてしまっているので何かないかな…とライブラリを見てて、そっか、これがあった、と思って久々に聴いてみる。そんなアルバムは多分山のようにあるし、発掘盤としてリリースされているのも結構あるだろうからホントはオリジナル盤からそういう発掘音源とかに進んでブログを充実したいなと思った事もあったんだけど、なかなか整理するのも大変で適当に食い散らかしてしまっているのが現状…、その点フリーってのはそんなに乱発されていないから助かる。

 1990年にリリースされたフリーのベスト盤「All Right Now」。何だベスト盤か、と思うなかれ、と言うのがこのベスト盤の趣旨で敢えて取り上げている意味でもある。チョイスされた曲全てがボブ・クリアマウンテンによるリミックス・リマスター作業されているので、オリジナル盤の曲の音を綺麗にしましたってレベルじゃないベスト盤…と言うかボブ・クリアマウンテンによる独自解釈による再構築作品とも言える作品に仕上がっている。おおまかに書けば90年代風な音圧とリバーブ、低音重視のミックスにステレオ感の振り分け、更にオリジナル盤ではちょいと効果的な気がしていた音、例えばコンガなどは思い切りカットしてるしピアノなんかもさほど重要視していなくて要所要所で聴かせる程度、もっと迫力あるハードロックバンド的な音圧に仕上げてて…同じ音源でここまで変えれるのか?って驚くばかりの音で仕上げてきた作品。当時は賛否両論沸き起こったと言われるが、そりゃそうだろうなぁ、これじゃ。自分も最初聴いて驚いたもん。何だこれ?こんな音になるの?今のバンドっても通じる音じゃないか?って。

 古いロックばかりを聞いている自分としては誰かに…大抵は女の子だけどこんなのもいいよ、なんて聴かせても音が古臭いから聴きにくいなんて言われることもあったなぁ…と。そんな時にコレなら現代的な音で仕上げてあって聞きやすかったハズだ…実際に聴かせたこともないけど(笑)。それとさぁ、当時そんなこと知らずに安く中古で見つけたから、まぁ、フリーのベスト盤CDか、フリーはCDで持ってないから買っとくか、って買ったワケで、そんな音が変えてあるなんて知らなかった。そんなに情報なかった時代だしさ。それが故に楽しんだし仲間にもこの驚きを共有してた。これ聴いちゃうと、これはこれで良いじゃね?って気になるから面白い。それからオリジナル盤に戻ると随分多彩な音が鳴ってるな、とかシンプルだなとか思い直すんだが(笑)。

 久々に聴いてみて…昔ほど音の違いにインパクトを感じなかった…のは多分オリジナル盤のリマスターとか色々聴いてしまったからかな。ただ、ついついこんなんだっけ?ってオリジナルと聴き比べちゃったりして、その方が楽しかった。結構音削ってるな〜とかさ。んで、フリーの楽曲の奥深さとコソフのギターの美しさに涙して…、元々が凄いからどんな加工されてても響くもんは響く。古い音はちょっと…と言う人にも聴ける古いバンドの音です♪



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 5

There are no comments yet.
zitada  

FIRE and Waterを初めてというかFree自体初めて聴いた時驚きました
なんせ雑誌じゃハードロックとして紹介してましたから、アメリカでもそういう扱いらしいとのことで
なもんでレコード借りて針を落としタ途端かっこいいリフの嵐・・・・ではなかったし曲も異様にポップだししかも音はスカスカ・・・・
「どこがハードロック???」と聴いた当時は思ったもんでしたが(笑)
今はライブ映像見てると何となく分かると気がします特にアンディ・フレイザーとサイモン・カークのコンビネーションがそうかな、と
それにしてもこんだけスカスカな音でもちゃんとライブで映えてしまうヘンテコで魅力的なバンドなのは変わらないです

2014/05/15 (Thu) 20:59 | EDIT | REPLY |   
風呂井戸  
ポール・コゾフに涙・涙

フリーですか・・・・・私はとにかくポール・コゾフとくると涙・涙と言うことになってしまいます。
アルバム「Back Street Crawler DELUX EDITION」Iland Records 5306082/2008年
そして
アルバム「PAUL KOSOFF / THE COLLECTION」CRCL-4005/1996年
の2枚に今も涙なんです。あのギターの音色には涙無しには聴けないのです。

2014/05/15 (Thu) 23:04 | EDIT | REPLY |   
フレ  
Koss!

>zitadaさん
どんだけ音をデカくしてもスカスカなロックって珍しいですよね(笑)。

>風呂井戸さん
そうそうやっぱコソフ、なんです♪
フレイザーのベースもポールの歌もどれも良いんで、やっぱ全部なんだけど(笑)。
飽きてるハズなんだけど聴くと染みますねぇ…。

2014/05/16 (Fri) 19:24 | EDIT | REPLY |   
akakad  

私は音質には割とアバウトなのでPCでイコライザをいじって各音色の粒がそろい音圧が上がれば満足しちゃいます
ですので音源は全部最安値に近いものだったりします
コゾフはロジャースとの相性が一番いいように思います
あとサイモン・カークはデイヴ・グロールとならんで生で見た中でトップクラスのドラマーでした

2014/05/18 (Sun) 15:00 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>akakadさん

いや〜、これね、その次元じゃないです。元々の8トラックマスターからやり直しててリバーブもかけまくってて別のバンドの別の音にまで仕上げているヤツですから…。ただ、まぁ、そこまで必要ってモンでもないんですが(笑)。

2014/05/18 (Sun) 21:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply