Son House - Raw Delta Blues

0 Comments
Son House - Raw Delta Blues
Raw Delta Blues

 近年のゴージャスな音楽を聴いていると、その音圧や音数の多さとアレンジの見事さやアンサンブルの素晴らしさなど多々やり過ぎなくらいに見事だな〜と感じる事も多くて、それこそが音楽の発展でもあろうと。ところがクラシックの世界って既にその複雑怪奇さからアレンジやゴージャス感、展開の幅の広さやオペラティックからピアノソロまで何でもありな世界を既に数百年前からやってるワケで、まぁ、世界はそんなに変わらないってことか。その流れで行くと更に古くから存在していたであろう楽器一本で歌を歌い紡ぐ吟遊詩人なんてのもいたワケで…。いや、そんなゴージャズなのを聴いてたらすごくシンプルなのを聴きたくなって引っ張ってきたのがこの人、サン・ハウス。こないだ映画「ゲット・ラウド」を見たのもあるけどね、やっぱゴツイしシンプルだしある意味ガツンと来るし。

 アルバムとか何でもいいんです。今じゃもう全集的なのがとんでもない値段で出てたりするからそんなのでいいんです。「Raw Delta Blues」とか驚異的なプライスでしょ。それでこんな凄いのが聴けるんだから今の時代はかなりおかしい。もっとも既にクラシックの領域に入ってきてて、著作権は切れてたりするからこうなるんだろうけど、いつまでも残っていってほしいものだ。ネット時代になってから色々と細かい情報なんかも見れるようになって、そんなに研究しなくても情報量があるからちょこっと探すと色々出てくるのは嬉しい。結局サン・ハウスって人の録音モノって大きくは4種類しか存在していないことを知るともっとラクになる。

 1930年5月に録音された楽曲群、1941年8月、42年7月あたりに録音されたモノまでが戦前録音モノとして纏められたりしているけど、そんだけ。結局戦前ブルースの祖と言われるけどその3回の録音吹き込み分だけ。それであんだけの楽曲群をあのレベルで残せているんだからとんでもない集中力とレベルの高さと勢いだったってことで、その辺だけでもバケモンみたいなモンだ。その後は1964年に再発見されて65年4月にこれまたかなりの楽曲を録音したのが戦後録音ブツなんだが、これも録音は3日間だけで、あのレベル。この時既に40歳くらいだったワケだが、凄い集中力なのは相変わらず。言い方変えればこんだけしか録音してないのに既に80年楽しませてくれているってことだ。凄いわなぁ…。

 参考HP→bluesfan.jp

ゲット・ラウド ジ・エッジ、ジミー・ペイジ、ジャック・ホワイト×ライフ×ギター [DVD]
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル (2011-11-30)
売り上げランキング: 26,593




関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply