Xandria - Sacrificium

0 Comments
Xandria - Sacrificium (2014)
Sacrificium

 このヘンのバンドって何でいつもいつも同じ時期にアルバム出してくるんだろ?そういう戦略引いてるんだろうとしか思えないんだが、それもありか。今更リリースがぶつかったって買うヤツはどうせあれこれ買うワケであっちを買わなきゃいけないからこっちは買えないなんてことはないもんなぁ…。昔はそういう雰囲気あって同時期リリースって避けてたモンだけど時代は変わっていくのだった。その方が情報がまとまって入るから意識しやすいというのもあるかも。ただまとめて聴くとどれがどんなんだっけ?とかこんがらがってくるのもあるから困る。

 Xandriaってドイツのバンドの新作「Sacrificium」です。Xandriaって色々とイメージあったんだけど前作「ネヴァーワールズ・エンド」で明らかにターヤ時代のNightwish的な音を出してきてて、結構印象に残ってたので今回どうなったんだろ?本家のNightwishにオペラ唱法もできるフロール姫が戻って次作は多分更なる高みに進んだアルバムが出てくることを期待しているのだが、その路線を今度はXandriaが先にやってしまっているという構図なのかもしれん、などと思ったり。まぁ、センスと質が違うから比較もできないけど、何か楽しみ。

 そんな期待感で聴いてみると…おぉ…スゲェ進化してるじゃないか。歌唱はオペラティックなままでモロに昔のNightwishだが、バックの音がかなりツーバスドコドコ中心になってて古く言えば日本のXが実践していたようなツーバスドコドコの中で歌メロがしっかりと流れているというような聞きやすさ、そして壮大なクワイヤなどなど聴いていて飽きないゴージャスさを出したもはや圧倒的ですらあるパワーメタル+αな世界観。これ、結構面白い方向に進んでるんじゃないか?と思わせる作品で、多分これまでで一番出来が良いのでは?っつうか抜けてる気がする。そもそも昔と比べたらボーカルもソングライターも変わっているから別バンドだろうけど、いいよ、これ。インパクトとしてはかなりある。ただ、いつもの如く所詮コピー要素ばかりだからバンドとしてのステイタスとか未来がどこに向くのかはわからん…。このマヌエラ姫の歌唱力ならどこかで通じると思うが。





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply