Light Bringer - Scenes of Infinity

0 Comments
Light Bringer - Scenes of Infinity (2013)
Scenes of Infinity

 そういえば書いてなかったな…と思い出したアルバムがあった。なんかリリース時ドタバタあって面倒だったんでほったらかしてたんだけど実は結構聴いてたんだよな。ホントは一刻も早くブログに挙げたかったんだけど邦楽ってどうしても日本のバンドだからアーティスト含め関係者も検索で引っ掛けてウチの適当な記事を読んだりすることもあって、まぁ、直接ヘンな話はそんなに多くないけどホントの事書いちゃうとヤバいこともあってさ(笑)。だからできるだけパスしてるんだが、良いものは良いで書きまくりましょうね、やっぱり。

 Light Bringerの今のところ新作「Scenes of Infinity」でメンバー固定されたのかな?それもどうか知らないんだか、いずれにしても毎回とんでもないアルバムをリリースしてくれるんでそういう意味ではバンドメンバーがどうのとかにこだわらず秀逸な音楽ユニットとして聴いていれば良いかという視線になっているんだけど、相変わらず凄いです。ここのところ北欧メタルもんばっかり聴いてて、随分耳がそっちに行っている状態だったんだが、そのままこの「Scenes of Infinity」を聴いてみると、実は北欧モノよりも高品質高品位ハイレベルなアルバムが聴けたりするんだもん。そりゃお国柄が違うから音の詰め込みとか作り方とか全然違うんだけど、何ら負けてないクォリティがここにあるってのは見事だよなぁ。Nightwishの前座辺りでやったらかなりウケるんじゃないか?とか思うし。まぁ、あり得ないんだろうけどさ、インディーズだかメジャーだかの境目でウダウダやってるのはホント勿体無いバンドです。

 アルバムはどれも強烈な楽曲ばかり…ばかりでもないけど、やっぱりFuki嬢の歌声って身が引き締まるワケよ、聴くとさ。冒頭から詰め込みまくった音に負けずにあの声が出てくるからうわぁ〜ってなるワケ。何なんだこのうたのパワーは…と。曲そのものが良いとか悪いとかってレベル以前に圧倒される。何度か聴いて慣れるとようやくバックの音とか細かい音が聞こえてくるけど、そうすると今度はその緻密さと変態的なまでの凝り具合とテクニックにまた開いた口が塞がらないワケ。んで、そこまで聞いてから全体的に聴いてみてようやくアルバムのそれぞれの楽曲のメロディなり音なり、曲調なりが見えてきて良い曲とかつまらん曲とかが判別できるんだけど、既にそこまで聴いてるからつまらん曲ってのにはならないワケで…、ま、好きじゃないってのはあるけどそれもつまらんワケじゃないという…。すげぇな、これ。もっともっと化けると良いんだが、そもそもライブとか活動とかやってるのか?って話で、アグレッシブに打って出るってのはあまり無さそうだし、そのヘンが世界のバンドと違うところだな。日本独特の、って言うかさ(笑)。

Scenes of Infinity(初回限定盤)(DVD付)
LIGHT BRINGER
キングレコード (2013-05-29)
売り上げランキング: 4,257


関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply