Savoy Brown - Blue Matter

3 Comments
Savoy Brown - Blue Matter (1969)
Blue Matter

 あまり何も意識しないでブログ書いて音楽聴いて、ふ〜んってやってると何故か70年代の英国ロックらへんになってしまうんだよな。こんだけ書いててまだあるのかと思うけどまだまだ山のように書いてないアルバムなどはあるワケで、ついぞそのヘンに流れていってしまう自分の習性が悩ましい(笑)。それでもさ、やっぱり勝手にそうなっていくってことはルーツがそういう風に結びついているからってのが大きいんじゃないだろうか、ってことで今回も単純にわかりやすくFoghatからSavoy Brownという遡り型で進んじゃいましょ♪

 1969年にリリースされたSavoy Brownの三枚目のアルバムにして自分的にはFoghatへの布石アルバムと思う作品「Blue Matter」です。そうそう、2013年7月頃にSavoy Brownって来日公演してたのな。キム・シモンズくらいしかいないんだろうけど、それでもSavoy Brownってバンド名で存続させてやってるってのは凄いな〜と。自分もそんなに何枚も聞いているバンドじゃないんであまりよくわからないんだが、今でもブルースやってるんだろうか?その内気にしてみようかな…。さてさて、この「Blue Matter」というアルバム…ってかさ、Savoy Brownってヘンなバンドでメンバーがよくわかんないんだよ。入れ替わり多すぎて…このアルバムリリース前あたりにはどうもビル・ブラッフォードも参加してたことあるとかさ…当時この手のブルースロックだったら色々な人がやっただろうからメンバーに流動性があっても芯がしっかりしてればさほど変化はなかったのだろうか、などと思ってしまうがSavoy Brownは逆にどんどん変化してしまっていってという感じだろうか。ま、それはキャリア総括するとそうなるだけなのだが。

 「Blue Matter」はアナログ時代のA面とB面でボーカルが違うしA面はスタジオ録音でB面はロンサム・デイブの歌うライブ録音になってる、そうすなわちFoghatに近い形が既にこの「Blue Matter」のB面で行われているんだよ。キム・シモンズのギターも含めて。それがさ〜、もうね、まんまFoghatでして(笑)、こりゃ良いわ、って思わず自分も拍手したくなるくらいドロドロのハードブルースで、正直B面ばかり聴いていたという感じ。A面のクリス・ヨールデンのボーカルってのはどうも眠い感じで好きじゃないし、そもそも楽曲がどうにも自分の求めるブルースロックとは似て非なるものでSavoy Brownというバンドの音自体をさほど好んではいないんで、余計にイマイチ感あったんだよな。ところがB面でのライブではボーカルの違いもあるけどハードブルース・ロックでさ、かっこ良いんだもん。まぁ、このバンド独特の線の細さってのはあるが、それは良しとしよう。長尺3曲だけしか入っていないB面に祝杯!



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 3

There are no comments yet.
デューク中島  
同じく

B面のみを よくかけてました。この後に出たA step further B面のSavoy Brown Boogieの方が、より一層FOGHATに近いかもしれません。最後の方の フラメンコからブレイクで、オーレ♪が笑えます。

2013/11/20 (Wed) 23:26 | EDIT | REPLY |   
クリタカ  
食物連鎖

 メンバーがFOGHAT結成のためゴッソリ脱退されてしまったSAVOY BROWN。そして今度はCHICKEN SHACKから根こそぎメンバーを引き抜いてバンドの存続をはかる・・・まるでオセロですな(笑)。もう、こうなったらバンド名って一体なんだろうと思えますよね。

2013/11/21 (Thu) 12:00 | EDIT | REPLY |   
フレ  
サボイ

>デューク中島さん
遡り型で聴いて面白いのはこういう時ですね。やりたかったんだな〜みたいの判ってきてさ。ユーモア溢れてるしよろしいです♪

>クリタカさん
確かに…バンド名って商標でしかない、味は常に変わります、みたいな(笑)。

2013/11/24 (Sun) 11:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply