Depeche Mode - Some Great Reward

3 Comments
Depeche Mode - Some Great Reward (1984)
Some Great Reward

 自分が思うロック的な音からはかなりかけ離れた世界にあった音楽ってのはあまり好んで聴くこともなく、バンド名とかはなんとなく知っていたけどってのも多い。RCサクセションは好きだけどYMOは聴かない、ってのが代表的な感覚だろうか。ニューウェイブ勢が出てきた時の一方では肉体派なハードロック・ヘヴィメタルもまたシーンに躍り出てきた時期でもあり、音楽の多様化が進んできた頃だった。その時はやっぱクールで気取ったニューウェイブ系よりもわかりやすくてヘヴィなハードロック的な方を好んだものだ。まぁ、ギター弾きたかったってのもあったし周りがそんなんばっかだったっていうミーハーな環境だったからかもな。ある意味絶望の淵にいるような友人などがいなかった健全な環境だったとも言えるけどね(笑)。

 デペッシュ・モードが1984年にリリースした作品「Some Great Reward」はいつ聴いたのだろう…そんなに古くはない。ヨーロッパのバンドって割とデペッシュ・モードに影響されていたりフェイバリットに挙げていたりカバーしていたりすることも多くて…それはメタルバンドだろうがハウスバンドであろうがポップバンドであろうと関係なく皆がカバーしていたりするのだが、それくらいヨーロッパでは愛されたメジャーなバンドだったらしい。日本じゃどうだったかってぇと…リアルの感覚ではもう一瞬のバンドでしかなかった。多少そっちの世界に興味を持っている人でもそんなに長続きしていなかったバンドだったと思うんだけど、意外や意外、日本で売れていた時代よりも後の方が世界的に人気があるようで今でも現役だ。どこが良いんだろ、このバンド?なんて昔は思ったがそんなきっかけで幾つかのアルバムを聴いてみるとかっこ良いんだよ。クールでさ。無機質でメタリック、それでいてオシャレでデカダン。汗の一つもかいていないくらいに冷淡な雰囲気。でも、実は結構聴きやすいっつう…。先のストラングラーズの「Meninblack」はまだロックの領域だったけどデペッシュ・モードの「Some Great Reward」になるともう明らかにそれが完成されていった世界で、ロックだけどもう新人類なロック。そこがカッコ良く聴こえるからか、あまりヘヴィに考えたくないけど楽天的でもない気分には合う。

 この「Some Great Reward」というアルバムは多分かなりクォリティが高い作品なんじゃないだろうか。聴いてて起伏に富んでるし飽きさせない曲の流れや音使いな感じだし、決して自分好みの音じゃないけどデヴィッド・ボウイの「Low」を初めて聴いた時のような感覚に襲われる。今からでもそういうのを感じられるんだからありがたいもので、まだまだ世界は広いなぁ…といつも思う。そういう出会いも時代が流れてカバーするバンドがあったから発見できたワケで、そういう良い曲の紹介ってのは脈々と続けていってもらいたいものだ。自分もちょっとはそういう役に立ちたいかな…。

The Singles 81>98
Depeche Mode
EMI Europe Generic (2001-08-29)
売り上げランキング: 132,451


関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 3

There are no comments yet.
ひで  

自分は全然聴いたことないんですけど、ガンズ全盛期の頃のアクセル・ローズがこいつらのファンだと公言してたので意外な気がしたものです。
自分も当時はこの辺の音は完全スルーで、後になってゲーリー・ニューマンとかヒューマンリーグとか聴いてみたんですけど、やっぱりシックリ来なかったですね。
曲調が好みじゃないのが大きいけど、基本、ギターの音が入ってないと物足りないと言うか、落ち着かないというか…

2013/11/07 (Thu) 23:40 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>ひでさん

あぁ、なんか似たような印象です、それ。アクセルが、ってのはちょっと意外ですが、きっと海外ではそういう位置づけのバンドなんでしょうかね。

2013/11/10 (Sun) 20:45 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>yuccalinaさんへ

コメント頂いて読んでます…読んだけど、その後ボタンミスで消しちゃいました、すんませんっ!

2013/11/10 (Sun) 20:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply