Steamhammer - Reflection

Steamhammer - Reflection (1969)
Reflection

 人脈辿りによるどこまで行くのかロック史みたいになってるんだけど楽しくてやってるだけなのでどこでどうなるかわからんし、一方向にしか進めないので多分岐するバンドなんかに出会うと誰の人脈に進むべきか…なんて悩みも出て来たりね、Quatermassなんかもそうだけど他のメンバーの人脈で進めばそれはそれで全然違う展開になっていっただろうし…とかあるワケ。そんなの気にしないでドンドンと適当に進めていくのもまぁ、いいでしょ。最近じゃブログそのものも廃れてきているしどんどんニッチにやってきゃいいんだよ、好きに(笑)。そんな意味ではTwitterやFacebook(やってないけど)なんかもちょっと陰ってきてるしねぇ…、今を生きる的にはSNSって良いんだろうけどライブラリやデータベース的に後から探すってこと考えるとログが残ってるだけじゃダメなんだよね。ある程度体系化出来ないとさ〜、ホラ、ロック史なんて書けないけどこんだけブログ書き続けてるとそれなりに体系化出来てるんだよ、多分。ホントはそこからHPにして更に纏めていこうと思ってた…っつうか途中までやってあるんだけどメンテが出来ない。面倒なんだもんなぁ…でも、どっかでやらないと。何故って自分で見返して覚えておきたいからっていう理由でして…そんなもんです(笑)。

 1969年にデビューしたSteamhammerという英国のバンドのファーストアルバム「Reflection」、全く売れなかったらしくほぼ無視状態だったようだが、オリジナルのジャケットとは異なるメンバーショットのジャケットの方が知られていたなぁ。それもこれもRepertoireからのCD化でようやく聞けたってものだったんだが、アルバムとしての評価はこの後の「Mountains」や「Speech」に集まっていて初期作品は割と見向きもされなかったか。再発の評価の時のお話なので今は割とフラットになってるからバンド単位で評価されているかもしれないな。最終アルバムとなった1972年リリースの「Speech」でのベーシストがオリジナルルネッサンス解体後のルイス・セナモってことで、そうだな、そんなこともあったな…と思いつつ、ならばってことで思い付いたのでルイス・セナモ参加してないけどSteamhammerのファーストアルバム「Reflection」なワケです。

 後に聴かれるハードプログレッシブ的なアルバムの要素はまだまだ磨かれてなくて、あまりにもありきたりな時代背景を反映したちょっとヘヴィなブルース・ロックな音です。ただ、3コードなんだけどマーティン・ピューってやっぱりかなりヘンなセンスgああってさ、ギターがどれもこれも浮いている感じ、それこそはSteamhammerの特色なんだけどスタンダードなブルースベースの曲をこの人が弾くとホントにヘンでさ…、他のメンバーが割と平凡なのにマーティン・ピューだけ異質、それがバンドの核ってトコだ。ただやはり単なるブルースばかりではなくってサイケデリックのアプローチも入れつつ時代を意識した音にもなってて激動の時代を颯爽と駆け抜けていくバンドの資質が見え隠れしているのが面白い。

 うん、好きだねぇ〜、こういうの。イントロから曲が始まるまでワクワクしちゃうもん。始まるとダサくてしょうもないんだが、そのワクワク感の間が好き。

Speech
Speech
posted with amazlet at 13.10.05
Steamhammer
Repertoire (2002-11-14)
売り上げランキング: 829,663


関連記事

Comment

[8862] 人脈買い

 シンガーが元DEEP PURPLEという事で買ったCAPTAIN BEYOND。ここの凄腕ドラマーのボビー・コールドウェルが、どっかで見た名前だと思ったらリック・デリンジャーんとこにいた人だ!などと感激してた時に見つけたARMAGEDDON。キース・レルフにはさして興味がなかったですが、マーティン・ピュ-の火を噴くようなギタープレイに打ちのめされてたどり着いたのがSTEAMHAMMERでした。
 厚手で造作の雑な紙ジャケのイタリア盤。ドキドキしながら聴いてみたら・・・なんだかモコモコした音のへヴィーブルース・・・というよりブルースそのものではありませんか!途中でJETHRO TULLの聴き覚えのある曲に八ッとさせられましたが、全体として期待のはるか下を通過してくれました(笑)。その後体裁のいい国内盤の紙ジャケ再発時、最高作といわれた「Mountains」も買いましたが印象に大差なく、このラインの人脈旅は終わっちまいました!さっ、次の旅探しだ!!

[8863] 大変失礼しました

本作にJETHRO TULLの曲なんぞ登場しませんね。「ベネフィット」聞きながら書いていたものですから、申し訳ありません、間違えてしまいました。

[8864] 木にメンバーが乗ってる薄いグリーンのジャケット

私が持っていたのは 西ドイツ盤でしたかね。このバンドは、遡って これにたどり着いたら イメージが狂って 良さが分かりにくいかも知れませんね。最初に ブルースロックを聴くつもりで これを聴くと良いかも。60年代のホワイトブルースの名盤です。

[8870] スティームハマー

>クリタカさん
その辺のバンドは全部つながってくるんで面白いですね。アルマゲドンとスティームハマーなんて同じリフあるしマーティン・ピューのギターはエグくて面白いです。ヘヴィブルースから逸脱したかったけど…ってバンドでしょうかね(笑)。

>デューク中島さん
Reperoireからのはその緑色のジャケットだったと思うんですがいつしかオリジナル盤のジャケになってたみたいで、自分もそっちの印象あるんですよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/2929-20017cfc

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去ログ+

2018年 11月 【1件】
2018年 10月 【20件】
2018年 09月 【30件】
2018年 08月 【31件】
2018年 07月 【31件】
2018年 06月 【30件】
2018年 05月 【31件】
2018年 04月 【30件】
2018年 03月 【31件】
2018年 02月 【28件】
2018年 01月 【31件】
2017年 12月 【31件】
2017年 11月 【30件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


格安sim mineo!
楽天市場

ヤング&デンジャラス

アンセム・オブ・ザ・ピースフル・アーミー

WASTELAND [CD]

シンセシス・ライヴ [Blu-ray]

Live in Boston 1974 King Biscuit Flower Hour

WE SOLD OUR SOUL FOR ROCK’N’ROLL(紙ジャケット仕様)

Live: Towson State College, Maryland '79 King Biscuit Flower Hour

クラシック・ハード・ロック・ディスクガイド (BURRN!叢書)

バンド・スコア 80年代ブリティッシュ・ハード・ロック[ワイド版]