UFO - Force It

2 Comments
UFO - Force It (1975)
Force It (Mlps)

 こんだけブログで毎回違うアルバムを書いててもまだ名盤ってのはいくらでもあるワケで、一体どんだけ名盤ってのはあるんだ?と。もちろん個々人によって名盤の定義が違うから人の数だけ星の数だけとも言えるんだが、最低でも自分の周り10人くらいが良いとする名盤ってことにすれば結構限られるだろ(笑)。いや、そうすると友人の少なさがバレるからそんな定義にはしないけどさ〜。いやいや、ライブラリを眺めてて、ふと、あ〜、これいいな〜久々に聴きたいな〜と取り出して聴いてみるとブログに登場していないのでそんなことを思ったワケです。

 UFOの1975年リリースのマイケル・シェンカー加入後2枚目の傑作「Force It」です。昔々このレコードを初めて知った時から既にこのアルバムのジャケットで襲われているのは男で襲っているのがオンナなんだ、ってことを教えてもらったんだが、いま見てもドキリとするジャケットがまず目を引く。もちろんヒプノシスのいつものマジックによってアート色を高めている。この頃マイケル・シェンカーがアルバムジャケットまで口を出す事も無かっただろうからレーベル側の意向だろう。UFOはほとんどの作品がヒプノシスのアートワークなのが面白いし、この後マイケル・シェンカーのファーストアルバムまでずっとヒプノシスだもん。これって場所はガス室?バスルーム?みたいな感じだが、ジャケットカラーが濃いのと薄いのがあって薄い方が男女が逆なのがよくわかる。濃いとちょっとわかりにくい。でも前者のほうがイヤらしさが増すってのは面白い色の使い方です。

 さてさてさて、オープニング「Let It Roll」からしてマイケル・シェンカー節炸裂ですよ、正に。そりゃもうアルバム全編マイケル・シェンカー弾きまくりで彼がいなきゃ成り立たないだろってくらいギターバンドになってて、しかもどのギターソロも美しくメロディアスに流れていく素晴らしい旋律ばかりで音色も綺麗で最高です。いつしか知らない曲はないってくらいにライブなんかでもよく演奏される曲ばかりが収録されてて、今でもマイケル・シェンカーはこのヘン、プレイしてるからねぇ…。多分マイケル・シェンカー的にも一番自分の自然な姿、状態での楽曲作り、ギタープレイだったんだろうと思う。正に神と呼ばれるに相応しく、完璧という言葉が似合うギタープレイです。どうしたってそこに耳が向かってしまうけど、フィル・モグの歌声がとってもブリティッシュしているのもUFOの魅力の一つ。それが故にオーバーグラウンドに浮上しきれなかったとも言えるんだが、味ですよ、これは。「Mother Mary」って曲のようにLed Zeppelin的な楽曲展開すら聴かせてくれるワケで、そこでのソロなんてのももう完璧だし…、正にひれ伏すのみのマイケル・シェンカーのギタープレイ。

 アルバムとしてはそんなに凄い!ってワケじゃなくて地味な佳曲が多いという印象なんだけど、馴染みやすいという不思議な作品。多分全曲のレベルが均一的に高いから突出した楽曲が目立つアルバムじゃない、ってことだ。しかもギタープレイが全曲素晴らしいからレベルを上げてしまっている、色が統一されているという部分もあるか。そう思うとマイケル・シェンカーって人はやっぱ凄いなぁ…、それでもまだハタチそこそこだったワケで…。

Hot 'n' Live: the Chrysalis Live Anthology 1974-83
UFO
EMI Import (2013-09-24)
売り上げランキング: 4,252





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
タラバガニ  

U.F.Oって、何故ピリオドを入れるの?
要らないでしょ。
しかも、入れるならOの後ろにも必要でしょ。
要らないんだけど。

2013/08/25 (Sun) 20:27 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>タラバガニさん

おぉ〜、凄いところにチェックが(笑)。
そっか、そうですね…ってことで修正♪
感謝です♪

2013/08/25 (Sun) 20:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply