Art Bears - Hopes & Fears

0 Comments
Art Bears - Hopes & Fears (1978)
Hopes & Fears

 昔はさ、色々なものに手を出して聴いてたワケだ。英国系が好きだな〜ってのはハードロック的なトコロから入ってるんだけど、70年代ゴッタ煮あたりからはプログレともロックとも言えないようなモンに続々と出会って英国なら何でも面白いんじゃないか?ってことで漁りまくった。New Waveと呼ばれる世界は行かなかったけど、その前まではもう何でもあり。そりゃさ、面白く感じなかったものもあったり後で分かるものもあったり、今でも理解できないのもある。今日のは、今でも良く理解できていない部類の一つだけど、何か凄い、ってのは実感するバンドだ。

 Henry CowとSlapp Happyが合体して分裂する時に別のメンバー構成で分裂することになった手前、バンド名が変わっていったっていう解釈になるんだが、色々と確執があってのことらしい。こんだけこだわった音出してればそりゃ確執も出てくるだろうよとも思うんで納得はするが、そこで融合・分裂を繰り返して行って進化するバンド形態ってのは珍しくないのだと実感するなぁ。1978年に初めてArt Bearsというバンド名でリリースされたアルバムが「Hopes & Fears」で、見事、一般人を敬遠するかのようなサウンドを出してくれている。昔はそんな文章を読むだけでなかなか聴けなかったし、聴くには見た時に買うしかなかったから買うワケだ。んで、こんな音が出て来た時にはどうしたモンか…とちょっと考えるよな。一応カネ出して買ってるんだから無碍にはしたくないし、ニッチな知名度と歴史を誇るバンドの続編なのだから、聴いてわからない自分が未熟なのだ、って思うからね。

 今じゃそんなことは全く思わずに音楽は好みだ、と言い切れるから吹っ切れてるんだが(笑)、久々に引っ張り出してきたねこのヘン。やっぱりユニーク。恐ろしくユニークなのでこれだけのカリスマ的知名度があるんだってのがわかる。フリージャズじゃないしアバンギャルドなんだけどしっかり歌は女の子のポップなワケだから聴きやすいし、じゃなんで聴かないんだ?ってトコロがやっぱり普通じゃない音世界だからだろう。それを普通に近い感覚で聴かせるトコロがプロでして…、ロックっつうよりも喜劇悲劇な世界かって感じで、スゲェ…と唸らされる。

 …でも一般には奨めないな(笑)。プログレ系統とかアバンギャルドとか好きな人は良いけど普通には理解できないと思う。コレを何百回も普通に聴いているって人はいるのだろうけど、自分はなかなかそこまで進めないな…。ただ、ハマる。ハマっていける音世界。何だろこれ?暗いな〜(笑)。






関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply