Henry Cow - Leg End

0 Comments
Henry Cow - Leg End (1973)
Leg End

 プログレに興味を持ってアレコレと集めていた初期の頃、王道バンドもきちんと聞き切れない内に多々手を広げ始めていて、その頃に既に出会ってしまったマイナーなバンド郡も多数…。厳密に王道とマイナーを区別することは出来ないけど、やっぱり自分的には何となくの順番ってあってさ、別に何の意味もないんだが、5大メジャーバンドがあって、その後にソフツとかVDGGとかキャラバンやGGとかそんなのがあるのかな〜って気がしてるんです。ここが深みの落とし穴で、入ってしまうと魑魅魍魎な世界が広がるという図式でそこをちょっと見渡してみると何となく幾つかの小さい扉があることに気づく。カンタベリーだったりフリージャズだったりね。レコード時代のもう一つのとっつき方としてアルバムジャケットというのがあって、そこから入るってのもあるんだな。それは世界観関係なしにアートワークの興味から。だからとんでもないのにいきなり会ったりすることもあるしつまらんのもある(笑)。

 Henry Cowというバンドの1973年リリースのファーストアルバム「Leg End」だが、当初は「Legend」という呼ばれ方だったが今じゃ「Leg End」ってタイトルだったってことが知られている。なるほど、それでこのアルバム・ジャケットだったんだ、と妙に納得してしまったんだが、以降2枚のアルバムも色や形が微妙に異なれども同じ「靴下」ジャケットなので、面白そうで3枚とも揃えることに精を尽くした。3枚並べてみたかっただけなんだが、これがかなり苦労した、ってのはその時代を知っている人なら同感だろう、何せ手に入らないのだ。再発もないし見つからないし大変だったな。それでも何年かで揃えて並べて飾ってたけどね。

 ジャケットから入ってるから中の音楽性なんてのは全然理解出来なかったものだ。簡単にいえばフリージャズ。ファーストだからかなり鋭角的なフリージャズでロックか?と問われたらちょっと悩むが姿勢はロックだ、と答えられるかも。ハタチ前後の頃にフリー・ジャズってどんな音楽?って答えられなかったから聴いた時には「何だこれ?」って話だよね。ただ、受付拒否ではなくっていつか受け入れられなくてはいけない、って思った音楽ではあった。キース・ティペットなんかもそうだったけど…、そう思えばソフツはまだ全然聴きやすかった。だから入っていくの大変だったな、ヘンリー・カウは。今でもやっぱり進んで手に取って聴くバンドじゃない、が、収められているサウンドはとんでもなくハイセンスで刺激的で官能的な音世界ってのは確か。好みの部分と時間の関係上でじっくり聴く覚悟を決めないと聴けないだろう、ってことだけ。コレ、一人でじっくり聴いてないとワケわからんからさ。BGMにはならないし流しておくってモンじゃないし、集中して聴かないとね。聴いてたらハマるってんじゃなくって、聴く、っていう意思を持たないとダメな作品。…ちょっと難しく考え過ぎか(笑)。






関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply