Circus - Circus

0 Comments
Circus - Circus (1969)
Circus

 ちょいと軸足をロックに戻して…、サックスとかトランペットって良い音色だね〜って思いながら、美しすぎるジャズの世界は今日はちょっと眩しすぎたのでど〜んと地べたに降りてきて、何かそれらしきものを、と物色、サックスだよな〜、そうだな〜と思いながら見つけちゃった自分ライブラリ♪ 何か…全然記憶に残ってないんだが、どんなんだっけ?そんなことを思い出しながら…。

 Circusというバンドの1969年の唯一作「Circus」です。知る人ぞ知る、なのか有名なのかはよくわからんが多分キング・クリムゾン好き以外にはさほど好意的に迎え入れられることのないバンドでありアルバムな気がする。メル・コリンズってサックス奏者が率いていたバンドってことでもちろん無名時代の作品でしてね、後にキング・クリムゾンのメル・コリンズってのが定着してから知られていった程度だと思う。当時、恐らくこの「Circus」を愛聴していたって人がいたようには思えないのだが、今聴けばなかなか楽しめる部分もある、か?

 ホントにこんなのからアルバムに入れるのか?ってくらいにひどい代物のビートルズの「ノルウェーの森」のカバー…カバーってもなぁ、これさぁ、あまりにもあまりにもじゃね?ほかもジャズメンのカバーとか入ってるんだが、何と言うか…ヘタ(笑)。当時の英国ロックな音世界ではあるしアイディアも詰め込まれているんだけど、ちょっとホントに良いのか?ってくらいなバンドで、メル・コリンズの才能だけが突出していたって話なんじゃないだろうか。昔もそんなこと思ったのとジャズロック的なものがさほど好みじゃなかったってのもあって忘れてた。今回聴いてみてもジャズ・ロック云々はともかく稚拙な感じがしてしまって熱中できる音じゃない。ただ、時代を反映したロックな音なので嫌いじゃないな。ただ、どうしてこんなんが出て来たんだろ?ってくらい(笑)。

 牧歌的なのもあり、チープでジャジーなものもあり、幅広いといえば幅広いけど元々ポップバンドだったからか無理があるんじゃ?だから一枚で終わるワケだが、メル・コリンズも空気を読む能力は高かったとも言えるか。あ、悪くないアルバムですよ、英国ロックファンとしては。ただ、お薦めはしないです(笑)。


関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply