Iron Maiden - Maiden Japan

Iron Maiden - Maiden Japan (1981)
Maiden Japan

 初期アイアン・メイデンをリアルタイムで聴いていた、観ていた人にはポール・ディアノこそが顔だし、クライブ・パーの手数の多いドラミングこそが普通のメタルバンドとは大きく異る独自の世界観のバンドだった、と自負して止まないとはよく聞く話。パンク的側面とプログレ的構成をヘヴィメタルと言う枠の中で実現させているさすがに英国的な発想での進化系とも言える。自分みたいに後から追いかけた人間にはその後のメンバー構成が割と当たり前なトコロあって、イマイチ最初期のメンバーに対してのこだわりは薄い。ただ、アルバムで言えば初期の勢いとか好きだし、やっぱり「Number of the Beast」は傑作だと思うワケで…。

 その初期アイアン・メイデンのドラマーだったクライブ・パーは長い間多発硬化症と闘っていたようだが、遂に力尽きてしまったとの報が入ってきたのはまだ新しい話。てなこともあってアイアン・メイデン時代のアルバムとか…って思えばもちろん既に書かれていたのでちょいとマニアックなモノに手を出してみました…って今手に入らないっぽいんで、手っ取り早くYouTubeで聞いてみました「Maiden Japan 」というミニ・アルバムスタイルのライブ盤。しかも1981年の名古屋公演を収録しているというニッチな作品でして、名古屋公演?何故に?とも思うが小さいハコの報が良い音で録れるとか?または突然決まった話なので準備を間に合わせたらたまたま名古屋公演になったとか?しかしまだまだHR/HMがマニアな音楽の時代に来日公演していたからこそ今の日本でのアイアン・メイデン信者の多さがあるとも言えるし、その音にもやっぱり驚く。

 もちろんポール・ディアノとクライブ・パーがいた頃の来日公演から4曲を収録したライブ盤で、昔はこういうのが来日記念盤としてよくリリースされてて、コレクションするのも結構たくさんあって大変だった。海外から見たらスーパーレアものだろうし、単体でCD化されることもないから貴重なアイテムなんだよね。んで、この「Maiden Japan 」もCD化されてないらしい。そんなのも簡単に聴けてしまう今の時代、素晴らしい(笑)。ライブの中身はもちろんハジケ飛んだ勢い満点のアイアン・メイデンが聴けて確かに初期のアイアン・メイデンの持ってた攻撃的なスタイルはこの後の面々ではやや薄れているよなと実感する。クライブ・パーのドラミングも的確に細かく叩いてて音を埋めている感じだし、この後からはライブではあまり演奏されなくなった曲ももちろん入ってて正に時代をパッケージしたミニアルバム。完全盤にしてリリースとかないのかな?それとも何かでリリースされてるのかな?あまり調べてないけど、野性味溢れるアイアン・メイデンを楽しめるのが良い。












関連記事

Comment

[8333] クライヴ・バー哀悼

正直、脱退後は迷走していたとはいうものの、HM史上に永遠に語り継がれるであろうバンドの揺籃にして最高の時期を支えた彼は、以て瞑すべきといえましょう。

IRON MAIDENの1stは、ロック好き少年であった私を一夜にしてHMキッズへと一変させた作品です。
もちろん来日公演にも馳せ参じましたし、「Maiden Japan」、そしてその前の「ライヴ!+1」の2枚でその興奮を日夜再現していました。
たしかに「魔力の刻印」はHMの理想的な姿であろうことは体感しましたが、「オペラの怪人」や「トランシルバニア」といった曲がもたらした、目もくらむような衝撃は感じることはありませんでした。
「パワースレイヴ」の登場によってその呪縛から解き放たれたものの、今でもクライヴ・バーとポール・ディアノを擁するIRON MAIDENは、オジーが君臨していたBLACK SABBATHとともに常に私の心の中に輝き続けています。

[8334]

過去には10曲入でどっかでリリースされてて、俺は音源持ってるよ...
出来るだけでかい音で聴いてくれ、なんて言う注意書きがあったりして....
確かHEAVY METAL ARMYっていう別のタイトルもついてたなあ...

クライブ・バーは大好きなドラマーだったなあ...
闘病生活も大変だったろうから、安らかに...って感じかな??
一方、ポールは今当時の面影もなくなっちゃって・・・チョット残念だなあ.....

[8336] メイデン派?サクソン派?

 世間一般や周りの連中は7:3、いや8:2でメイデン派が多かったでしょうか。私は大きな声では言えませんが...SAXON派でした(笑)。
 最初は薄っぺらな音やコロコロとテンポチェンジする楽曲構成と、ガナりまっくて繊細の“せ”の字も無いヴォーカルが好きにはなれませんでした。初来日の中野サンプラ(?)でも機材が不調だった事もあったようですが、当時の彼等は演奏がもう下手っぴい。そのチョット前に観たSAXONがあまりに素晴らしいステージだったので、ことさらそう感じましたね。ディキンソン加入の「刻印」ですっかりやられてしまいました。しかし、4thでは残念ながらクライヴの姿はなく大ノリのニコにチェンジ。独特のリズム感を持っていたクライヴは、MANTISやSTRATUSでもやっぱり個性的なプレイを聴かせてくれました。この時期の彼等は人気の上昇と比例するように、日を追うごとに演奏能力の飛躍的な向上も顕著でしたね。

[8341] クライブ・パー

>kazz_asaiさん
リアルタイムならではの想いに溢れたコメントをクライブ・パーへ届けたいです。
「一夜にしてHMキッズへと一変させた」ってくだりを読んでいると、ロックって、バンドって凄い影響力やパワーを与えるものだな…と実感します。

>Shinyan
オフィシャルでは出てなさそうなんだよねぇ…。
裏モノだと出てるみたいで、でもそこまで言ったら全編聴きたい(笑)。
やっぱクライブ・パーの影響力は大きかったんだな…。

>クリタカさん
サクソン…すみません、あまり通ってないのでちと聴きこんでみようかと…。
初期のメイデンは演奏力云々ってのも知られた話でしたなぁ。
ちょっとドラミングに個性があるんで面白そう、って感じで漁ってみます。

[8531]

1995年にアメリカでkillersの二枚組再発でボーナスとしてwomen in uniformとmaiden japan追加されてますよ。ただしアメリカ盤のみ収録。ヨーロッパでの二枚組再発には収録されませんでした。

あとボックスセットのFIRST TEN YEARSにも収録されたます。

[8535] >CDについて…

情報感謝です!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/2724-e591f6e8

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ+

2017年 10月 【21件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon