Stevie Salas - Stevie Salas Colorcode

2 Comments


 1980年代のジミヘン再来がレイ・ヴォーンだとしたら1990年代のジミヘン再来と言われたのが例えそれが一瞬であったとしても、新たなる波風を運んできた瞬間があったスティーヴィー・サラスではないだろうか。80年代中期からPファンク群の使用するスタジオで寝泊まりしていたことから…ってもちろんそういう環境下に自分を持っていったこと自体が凄いのだが、ジョージ・クリントンから声掛けしてもらいプロへの道が開けていく事となる。その後ブーツィ・コリンズと出会って参加していく事でPファンク連中との接触から多くを吸収していったようだ。以降もメジャーなところではロッド・スチュワートのツアーに参加していたそうだ。

 そしてようやくソロデビューとなったのが1990年ので、結構努力家と云うか実力派なんだろう。最初のアルバム「Stevie Salas Colorcode」はジミヘンを彷彿させるかのようなトリオ編成によるバンド形態で、ま、ジャケットはちとセンス無いが、カラフルでファンキーなサウンドを聴かせてくれる。もちろんそこにはジミヘンらしき音というのはそれほど無くて、どっちかっつうとPファンク的なサウンドの方が強い。この時代にこれほどまでハネたギターと云うか、リズムで弾く人はいなかったので、かなり強烈なノリが印象深い。最初の「Stand Up」を大音量で掛けてみれば分かるけど、とんでもなくハネてるよ。ある種ジミヘンやレイ・ヴォーンが独自のリズムを作り出したように、彼も独特のリズムを出していた感じで、それはPファンクのものかもしれないが、やっぱロックのテイストで成り立っているので面白い。

 結構日本では人気があって、日本限定CDってのが多かった。ライブ盤やミニアルバムに、普通の作品でも日本限定パッケージでさ。ま、でも「Bootleg Like A Mag」とか「The Electric Pow Wow」あたりまでは聴いたかな。あ、その前に「Hardware」つう、バディ・マイルズとブーツィ・コリンズを迎えて制作されたアルバムもあった。これも結構良かったけど、ちょっとバックのノリとサラスのギターの軽さが合わなかった感じがして、そうやって徐々に離れていってしまったね。最近出た作品も結構ハネのりで面白そうな感じみたい。しかしまあ、初期のサラスはかなり新鮮で純黒人ではないけど黒い人のロックを自然に聴けたよな。
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
shintan  
shintan

こんにちは。
ファーストは格好良かったですよね。初来日のライブも見に行きましたよ。
「HARDWARE」までは買ってたんですが、最近は聴かないですねえ。

2006/07/09 (Sun) 09:22 | EDIT | REPLY |   
フレ  
ども♪

うん、やっぱ最初のインパクトが強烈でしたからねぇ。こういう人って勿体ないっすよ。たまに聴くとおぉ~って思うけど飽きちゃう(笑)。

2006/07/09 (Sun) 10:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply