Otis Rush - I Can't Quit You, Baby

5 Comments

 シカゴブルースの中核を担ったオーティス・ラッシュこそがウィリー・ディクソンの起死回生を果たすプレイヤーであったことは割と有名な話だが、1950年代中期にはまだまだ新興レーベルだったコブラの気合いの入ったバックアップ体制と共にディクソンも気合いを入れてプッシュしまくったブルースプレイヤーなのだ。生まれは1934年ということなので先のバディ・ガイなどと同じ世代のブルースメンなのだがイメージ的には結構古い人という印象があるのはやはり50年代から活躍してきたイメージがあるからだろう。

 そのコブラレーベル時代の作品はシングルバージョンやその別バージョンも含めて「I Can't Quit You Baby」というCDに全てがまとめて収録してあるので大変有意義なパッケージで手に入れることが出来るのがお得♪手を変え品を変え、いくつものジャケットでリリースされているのでどれも入手してみるべし。何というのかな、ギタープレイそのものもえらく現代的だったりするんだけど、エコーの音やバック全体のサウンドなどかなり凝った音をしているのも特徴的で、まあ、時代的にロカビリーが流行した時期でもあるのでその音に近いと言えば近いのかな。それにしてもこの人は歌が良いね。ブラスなんかもしっかりと入っていて最初からゴージャスなプレイヤーなんだ~っていう出方も実にモダンでシカゴ的かもしれん。

 しかしこの人の真髄はこの50年代の録音に限ったことではなく、もう一枚、いやもう半枚と云うべきか、チェスに素晴らしい録音を残しているので、こいつを忘れてはいけないのだ。そもそも初めてオーティス・ラッシュというギタープレイヤーを聴いたのは「Door To Door」というアルバート・キングとのカップリングによるアルバムなのだ。残念ながら一緒に収録されてはいるが、共演しているわけではないので、いわゆるB面がオーティス・ラッシュでA面はアルバート・キングなのだが、どう聴いてもB面の方がかっこよい(笑)。「All Your Love」ってのはもちろんクラプトンがジョンメイオールのアルバムでプレイしている、どころか今でもプレイしているアレだ。心地良いエコーと共にこのアルバム「Door to Door」に収録されているバージョンも素晴らしい出来映え♪そして極めつけは「So Many Roads」だろうなぁ。魂をはき出すかのような歌声ももちろんながら、エモーショナル感たっぷりのオブリギターについてはもう全てのブルースギタリストがコピーしたくなるフレーズの連発で、ソロに入る部分までもが実にかっこよくって、もちろんソロもエグい一発って感じで気合い満点の最高のプレイ。こんなの聴いてたら誰でもギター弾きたくなるわな、って思うよ。結構不器用なギター弾くんだな…。
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 5

There are no comments yet.
shoo-G  

OTIS RUSH、恥ずかしながらほとんど聴いてなかったんですよ…汗。
友人に昔ダビングしてもらったテープ(笑)に「SO MANY ROADS」が入ってて
その曲だけえらく印象に残っておりましてね。
しかし…、「SO MANY ROADS」には一発で参りましたね~。
フレさんが書いてるとおりのプレイですね!

慌ててOTIS RUSHのCDを買おうかなと思ってたんでスゴク参考になりました~!

2006/07/04 (Tue) 11:06 | EDIT | REPLY |   
papini  

アタシがねブルーズ聴き始めたのが中学入り立てぐらいだから、バディのグラミーもそんくらいだったはず(笑
その時、ウェルズ親分とかもウチにあったから、よく聴いてたんだよ。
んで、下のウィリー・ディクソンとか、このオーティス・ラッシュとかね、のべつ幕なしに聴いてた(笑
うん、ちょうどこの頃、すっごくブルーズとZEPとストーンズを聴いてた。

うん、一緒(笑

お小遣い貯めて、コブラレーベルの輸入盤ボックス買ったり(笑
そんで、やっぱりオーティス・ラッシュの「I Can't Quit You Baby」が好きですっごい聴いた。


今思うとさ、変な女子中学生よね(笑
しょうがないよ。
そういう環境で育ったんだもん(笑

2006/07/04 (Tue) 22:25 | EDIT | REPLY |   
へびG  
トラバありがとうございます

トラバいただきありがとうございます。
私も小学生や中学生くらいからブルースにはまっていたら、その後の人生も大きく変ったかもしれないと思うこともあります。
なんちゅうか、深みがありすぎて怖い音楽です。

のちほどトラバさせていただきますので、これからもよろしくお願いします

2006/07/05 (Wed) 19:06 | EDIT | REPLY |   
フレ  
さんくす!

>shoo-Gさん
ブルースメンってなかなか色々な人のを聴くのって進まないですよね。わかるなぁ。自分もやっぱり今でも聴いてないのってありますもん。まぁ、時間かけていずれ聴こうかなって感じですね。オーティス・ラッシュは聴きやすいので良いっすよ~。

>papini嬢
そうだよな、それくらいだよな、やっぱ変態だよな(笑)。でもそういう環境ってうらやましいよ。無駄な音楽聴かなくて良いもん。しかしその頃にZepとストーンズとコレ聴いてるってのは単純にジャンルの違いとかなんて気にしないで良いなぁ~ってのをどんどん聴けるってのいいよな。

>へびGさん
ども♪なかなかそんなに若い頃からブルースに浸れる人っていなと思うので、これからも精一杯音楽聴いていくしかないっすよね。これからもよろしく♪

2006/07/06 (Thu) 22:19 | EDIT | REPLY |   
へびG  
よろしくです!

こちらこそ!
早速トラバと一緒にリンクさせていただきました。
あらためてよろしくお願いしますm(__)m

2006/07/07 (Fri) 13:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 2

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ★OTIS RUSH & FRIENDS 「LIVE AT MONTREUX 1986」
  •  エリック・クラプトンが参加していることで、昔から有名なオーティス・ラッシュのモントルーライブが遂にオフィシャル化発売されました。しかも今回はCDとDVDが同時発売という快挙であります。まだ現在の段階では輸入盤のものしか市場に出回っておりませんが、国内盤の発
  • 2006.07.09 (Sun) 09:27 | 廃盤日記(増補改訂版)