Willie Dixon - I Am The Blues

1 Comments

 レッド・ツェッペリンにハマっていると当然の事ながらそれぞれの楽曲のクレジットを楽しんだり、元ネタ探しをしたりと色々と深みにハマる土壌はあるのだが、その中でも結構不思議だったのはウィリー・ディクソンというブルースメンの楽曲として語られる「I Can't Quit You, Babe」「You Shook Me」とベン・E・キングのものと云われている「We're Gonna Groove」だ。もちろん「Lemon Song」なんてのも摩訶不思議な曲ではあったんだけどある程度解決策があったのでこれはヨシとして(笑)、いや、ハウリン・ウルフのトコで出てますので…。で、ベン・E・キングのものと云われているだけで実は全然関係のない「We're Gonna Groove」ってのはまあそういうもんだとほっといて、ウィリー・ディクソンという作曲家に目が向いたワケだ。

 通常クレジットを見れば大体その原曲をプレイしているミュージシャンが書かれていたりするのでそうやって元ネタ探しをしていたのだが、ウィリー・ディクソンという人は基本的ないわゆるブルースプレイヤーではなく作曲家、アレンジャー、時にベーシストといった裏方よりの人だったのでどうしても原曲探しに行くと異なるブルースメンにしか出会わない。「I Can't Quit You, Babe」であればオーティス・ラッシュの名盤になっているし、「You Shook Me」はマディもあるけどアール・フッカーってな具合。なるほどね、ってことで1970年に突然自身が作曲した有名な(後に有名になる)作品をアルバム一枚に収めてリリースした「I Am The Blues」っていう自信の表れとしか思えないタイトルのアルバムを出す。こいつがまた凄くて、もちろん60年代のロックミュージシャン達がこぞってカバーしたような曲や、それこそこの後に皆がカバーするような曲を(もしかしたらこれをカバーしてみな、かっこいいぜ、ってな意味かもしれないが)収めたナイスな作品。嬉しいねぇ、こういうリリースは。アレンジやブルース的なセンスっつうか深さってのは敢えてあまり出していないのか、結構サラリと聴けるサウンドになってるのも聴きやすいかもしれない。何てったってシカゴブルース界の超大物裏方さんだからそれくらいの読みでアルバム出すくらい余裕でしょ(笑)。

 マディやハウリンの裏方さんと云えども実に色々とメジャーな曲を作っているのには驚く。ブルースってのはどちらかと云うとプレイヤーの個性が浮き出てくる面が大きく、楽曲そのものは二の次と云った感があったんだが、この人の作品は見事にそれを裏切っており、やはり楽曲なのだと云わんばかりに披露している。「Back Door Man」と言えばドアーズ、「I Can't Quit You Baby」はもちろんオーティス・ラッシュ…ウィリー・ディクソンはコブラとも仕事をしていたってことなんだろうな。それからもちろんZepのカバー(パクリ?)が有名、あとはリトル・ミルトンかな。「Spoonful」は云わずと知れたハウリン・ウルフ、そしてクリーム、クラプトンだね。「I Ain't Superstitious」はベックがファーストでやってたね。「You Shook Me」ももちろんZepだけど、これはアイディアレベルからマディと一緒に創り上げて、その後アール・フッカーがフレーズだけパクっていってっていう経緯もあるようだ。で、「I'm A Hoochie Coochie Man」はハウリンのヒット曲、そしてストーンズのカバーが有名、同じく「The Red Rooster」もハウリン・ウルフとストーンズ、ちとマニアックにクラプトンってとこか。マディの出世作「I Just Want To Make Love To You」もディクソンの作品。う~む、やはり凄い経歴だ。こんな感じでチェスレーベルに多大な貢献をしたディクソンはやっぱりロックに近い系譜を持っている人で楽しめるね。そんな経歴を一気に纏め上げたボックスセットもあるので気合い入れて聴くのも良いかも(笑)。
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 1

There are no comments yet.
波野井露楠  

ううううーん。
やはり、こちらもTBダメでした(^^;)。
私も、ウィリー・ディクソンの記事を書いてみたので、よかったらまた遊びに来てください(^^)。
ボックス・セットもあるんですね!!
お金がたくさんあれば、即ゲットなんだけどなあ(苦笑)。

2007/06/04 (Mon) 18:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply