Diabulus In Musica - The Wanderer

2 Comments
Diabulus In Musica - The Wanderer (2012)
Wanderer Secrets
The Wanderer - Diabulus In Musica The Wanderer Secrets - Diabulus In Musica Secrets

 やたらとアチコチからリコメンドで見るジャケットだったんでどんなんだろ?って気になったんで聴いてみたという適当なリスナーによる記事なので、まぁ、そんなに真剣に読まれなくても良いんだよなぁ、と思うこのヘンの音ですが、とりあえず聴いたものの忘備録的な意味合いが強いですね。ブログ書いてると実に様々な意味合いで書いていることがあって、とにかく書きたい、誰でも良いけど、誰かに言いたい!みたいに勝手に書いてる時もあれば、ちょっと聴いたから書いてメモっとこ、程度のものもあるし…、まぁ、そのヘンはよく見に来ている人なら多分温度感をわかってもらってると思うんだが(笑)。今回のは明らかに聴いたからメモっておこう、ってなもので、真のファンにはあまり見られたくないかもしれない(笑)。

 Diabulus In Musicaってバンド=邪悪な音って意味らしいが、そのDiabulus In Musicaのセカンド・アルバム「The Wanderer」」です。まぁ、邪悪な音って言われても全然美しくかっこ良く仕上がっているのでバンドの名とやりたい趣旨はわかるけど、実際には良く言えばそれらを越えてしまっている、ってのかな。でも、きちんとバンド名を表現出来ていて、自分なんかが一番キライなデス声がたくさん入っているという音だし、一方ではもちろん歌姫の女性ボーカルなんだけど、もう慣れてきたのか、Diabulus In Musicaがセンスあって上手いのか、対比の美学がきちんと成り立っているようだ。一見、ここ最近のメロディアスなシンフォニックメタルと言われる世界のバンドかとも思うんだけど、自分が最初に聴いた感じではもうシンフォニックとかゴシックとかそういう次元よりもSonata Arcticaとかのメロスピな世界に近いんだな、って感じ。よくわからんけど。かと言ってあまり仰々しくもなくて速さがあったりするんで、その中間な位置づけ。面白い融合と言うか進化っつうか…もうわからんのだけど、面白いと思う。そこに鍵盤でやけにキャッチーなメロディも弾かれていたりしてポップ的にもなってるし、凄い才能の集まりだ。メタルも民族音楽的なセンスも一緒くたに取り入れて昇華させている曲とかもあって、ほほ〜、とか思うもんな。

 ちょいと気になるのは音のミックスと録音のバランスの悪さかな。もっと上手く派手に音作りしてると良いと思うんだが、この手の音ってこんなにコンプレッサーかけたような音になっちゃうのは何故?バランス取るの難しいからなのか?それとも予算の都合上?ま、音楽の本質とは違うんだけどね。

MP3 ダウンロード
The Wanderer
The Wanderer
posted with amazlet at 12.07.13
Napalm Records (2012-03-02)
売り上げランキング: 16226




関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
ヒゲ・スカイウォーカー  
真のファンじゃないのでやってきました。

それどころか、彼らの音って聞いたことないんですけどね(苦笑)
どうもアチコチのレビューを見るに、突き抜けた何かが無さそうで…。YouTube見ちゃえば話しは早いんですけど。

それより最初の段の、記事を書くときの意味合い、というのに釣られてですね。そうですよね、と。私も備忘録的に書いたり、当時の自分の感じ方をメモっておいたりという時があります。読書感想文なんてその最たるもので、もはや「誰得?」状態の記事ですが、本の感想って音楽より忘れやすいですし。
とりとめのないコメントですみません(笑)

2012/07/19 (Thu) 20:59 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>ヒゲスカさん

ま、中味はそんなもんで(笑)。

記事って忘備録に近いのもあるよねぇ。
気合入れるのもあるけど、バランス的には多くはなかったり…。
本はね、読んだ時の感想がそれほどブレないんですよ、時が経っても。
でも、音楽は時間経って聴くとまた違うし、そういうのが面白いかな。

2012/07/20 (Fri) 22:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply