Patti Smith - Banga

Patti Smith - Banga (2012)
Banga Banga

 コレクター話の戯言…、いや面白くなってきてね、色々居るんだよ、コレクターってさ(笑)。男子たるもの、何かしらのコレクターになるのは結構な確率で自然なお話だと思ってて、大人になるにつれて自制していくというのが世の常だったり世間体だったりするんだけど、今はそういうのも減ったんだろうか。まぁ、自分たちの頃はまだそういう感じで世の中に揉まれていくのが当たり前だったんだけどさ、程々に、って言葉があるじゃない?それは多分家族間だったり世の中とのバランスだったり常識だったりするが、大体が周囲に理解を求めても難しいことなので、男同士が傷を舐めあうってのが多いんだが、身近な例で言えばコレクターでありすぎるが故に離婚したってヤツが何人もいてねぇ(笑)。気持ちは判る、判るけどさ、お前な、と言ってあげたくなるくらいのが何人もね。ロック好き同士で結婚しててもそのヘンは多分常識の範疇を越えてしまったんだろうなぁ、とか。普通に考えればどう見たってダンナの方が悪いって思われるもんな、ってのばかり。だが、コレクター気質の連中が集まると言うことはガラリと変わって、そんな理解のない家庭なら捨てた方が賢明だってことになるワケだ。ただまぁ、コレクターに限らず、どこも何かしらのストレスと妥協を抱えて生きているのは世の常で、自分みたいに適当にコレクターして生きてる人って少ないのかもしれん…とか思ったり(笑)。いやいや、バランスは重要ですよ。

 先日新作をリリースしたってことで、久々だったりする?と思ったパティ・スミスの「Banga」というアルバム。話題性は結構なもので、東日本大震災に見舞われた日本を歌った曲とか、エイミー・ワインハウスを偲んで、とかジョニー・デップが作曲して演奏まで参加した曲とか何かと話題には事欠かないアルバムとして仕上がっているようだけど、まぁ、そのヘンはアマゾンレビューでも見てくれれば書いてあるさ。肝心なのはそういう情報もだけど、やっぱり音楽の質になるワケで、いや、歌詞が全部英語でネイティブで理解できる人なら歌詞と共に楽しむということもできてメッセージを自分なりに解釈して理解することもあるのだろうけど、残念ながら自分にはそういう能力は備わっていないのであくまでもアルバム制作の意図と音楽は頭の中でくっつけるしかないんですよ…、こればっかりは残念だな〜といつも思う。ま、今更しょうがないんだが。

 さて、「Banga」という作品、最初に聴いた時はやっぱり相変わらずパティ・スミスの世界観で暗いな〜とか思ったんだけどさ、90年代に復活してから出てきたような暗さではなくって、もっと…、ポジティブな暗さ、っつうかそんなに暗くないんじゃないか?と数回聴いていると思った。それどころかかなり希望に満ち溢れて感じすら受ける曲も多い。多分声が暗い系なだけで、また歌メロも明るくはないだけで、気迫と言う気負いと言うか、そういう部分は前に向かって進んでいる感じなんだよな。日本に向けてのメッセージだって、いつものパティ・スミスのメッセージ調だけど、前向きな感じだし、エイミー・ワインハウス追悼の歌だって優しさっつうか安らかさってのがあって暗いってんじゃない。不思議な人だ。21世紀になって、もう齢70近くなってまだこの変化が聞かれるアーティストってさ、なかなかいないでしょ。達観しつつあるという見方もあるんだけど、きちんと自分のスタンスとスタイルはそのままに心だけが安らかになっていっているような、そんな感じ。結果、「Banga」はこれまでのパティ・スミスのアルバムの中で一番愛と優しさに溢れているアルバムになっていると思う。こんなパティ・スミス、あまり聴いたことがない。久々のオリジナル・アルバムだから?

 もうさ、自身が幸せだからとか今愛に溢れているからとか言う次元じゃないくらいに様々な経験をしてきた人だからこそこういう音が出てくるんだろうし、そうじゃなきゃ出来ない音だと思う。繊細な人だし、やっぱり自分もなんとなく響いてしまうから実は何度も聴きたくないアルバム。この人の魂の琴線に触れてしまうと脆くなるから。でも、大事に聴きたい作品、かな。そんな繊細な聴き方しなくても普通にカッコ良いロック、として聴いても良いんだけどね。「April Fool」とか「アルバム・タイトル曲「Banga」とかカッコ良いロックだもん。



関連記事

Comment

[7489] 確かに

音楽好き同士の結婚でも 離婚いましたね。バンドメンバーのカップルだったのに。まあ 場所を取る趣味は 難しいですな。マラソン位だと いいのかもしれませんね(笑)。でも長距離走るには、家を離れるし、有名な大会に行くには金もかかるし、家の事をしないと もめるかもしれないけれど。パティスミスは、GONE AGAINまで 買いました。76年のブートレッグライブでは、TIME IS ON MY SIDEとか やってます。

[7490] 何か怖そうと言ってましたが、

聴いていただけたんですね~。「愛と優しさに溢れてる」という表現はピッタリだと思います。
ちょっとハードな曲であっても、歌声がホントに優しくて透明感を感じるんですよね。70を前にして、これは凄いんではないか、と。

[7492] パティ・スミス

>デューク中島さん
一部屋丸ごとコレクションルームってのはそりゃなかなかキープできないですから(笑)。
76年か…かなり初期ですね。初期は色々やってて面白いんですよねぇ。多分、そのヘンも結構聴いてます(笑)。
76年だとRoxyかストックホルムあたりかと…、やってたっけな。75年のNYも名盤です♪

>yuccalinaさん
今でもこの人の音楽と対峙するのは結構コワイですよ(笑)。
ただ、どんどんと、そう、透明感、って言葉良いですね。
似合わないハズの透明感が出てきているのが凄いな、って。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/2471-9c9a6427

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ+

2017年 09月 【20件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon