Big Bill Broonzy - Young Big Bill Broonzy 1928-1935

2 Comments
Big Bill Broonzy - Young Big Bill Broonzy 1928-1935
Young Big Bill Broonzy 1928-1935 Introduction to Big Bill Broonzy
All the Classic Sides 1928 - 1937 CD C - Big Bill Broonzy All the Classic Sides 1928 - 1937 The Anthology - Big Bill Broonzy The Anthology

 ミュージシャンズ・ミュージシャンという単語があって、それは言葉の通りミュージシャンが憧れるミュージシャンというもので、元々がファン気質でないミュージシャンが多い中、それでも憧れの的になる人ってのはそれほど多くない。要するに玄人ウケするっていう意味で、エルヴィス・プレスリーのところのギタリスト、スコッティ・ムーアなどはそんな代表格でもあるのだが、今回のBig Bill Broonzyって人も同様にミュージシャンズ・ミュージシャンな人なようで、何がそうさせているのかよくわからんが多分革新的な事が多かったんだろう。

 そんなBig Bill Broonzyの記録をまとめたアルバム「Young Big Bill Broonzy 1928-1935」あたりを取り上げてみよう。後期と前期に分かれる人で、前期はギター一本と歌だけでどちらかと言えばラグタイムブルースに近いスタイルでのプレイを披露してくれている。後期はバンド形態のカントリースタイル…っつうかシカゴブルース的な人というイメージもあるのだが、まぁ、前期のスタイルってことでそれはいつ頃か、ってぇと1930年以前ってことだ。もうさぁ、こうなると何だかわからんよね(笑)。ただ、テクニカルな側面よりも音の使い方とかハーモニーみたいな所に気を使っているギタープレイという感じで歌もそれほど激しいものじゃないからヒットチャートらしきものではそれなりに売れてたんじゃないだろうか?

 一方では「How You Want It Done」なんて曲では既に完璧なR&Rをプレイしているのも革新的。そういうところがミュージシャンズ・ミュージシャンなんだろうなぁとぼんやり思ってみたり。しかし心地良い音使いするなぁ…。多分どのアルバムでも編集盤くらいしか今は見かけないと思うので聴いてみても面白いんだろうと思う。もちろん途中で飽きます(笑)。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
デューク中島  
失敗談

前述のように 情報の無い時代で、ビッグビルブルーンジーのレコードの国内盤は出てなかったし、輸入盤を探そうにも どんなのが存在するのか わかりませんでした。そんな中で「ローリングストーンズブック」巻末註釈に ビッグビルブルーンジーの作品として、フォークウェイズから出てるレコードの番号が 載っていました。律儀にメモして、財布に入れてたら ある日、そのLPを見つけたんです。「よっしゃー」と即買って、帰ってかけたら…残念ながら 代表作ならぬ超駄作でした(笑)。黄金期の音源を手に入れられたのは、数年後です。それでも 超お気に入りのブルースマンではないから 両面聴くのは しんどいです。片面でちょうどいいかな(笑)。

2012/07/01 (Sun) 10:32 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>デューク中島さん

アルバム買わないとそれが良いのか悪いのかわかんなかったですからねぇ。
毎回ギャンブルだったし、だからこそどんなに駄作だと思ってもきちんと聴いていいところを探すっつうか…。
ま、このヘンの戦前ブルースは片面でもしんどかったですが(笑)。

2012/07/01 (Sun) 20:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply