Robert Johnson - The Centennial Collection

3 Comments
Robert Johnson - Centennial Collection (2011)
Centennial Collection The Complete Recordings

 戦前ブルースって元々19世紀の終わり頃から出てきたラグタイム・ギターから始まっているとかいないとか…。昔はなんとなくそのヘンのルーツってのはカントリーギターから来ているみたいなことを読んだ気がするんだけど、まぁ、ラグタイム・ギターもカントリーの一種だからそれで良いのか。その辺から黒人が綿畑で労働させられるウチに辛さを歌にしていったってのがブルースの始まりみたいな話を耳にしたことがある。まぁ、音楽ってのは流れ流れて変形していくから進化の過程での発祥って何だ?ってのは難しいだろうし、しかも100年以上前の話だからねぇ。ネットの普及のお陰で調べる気になればかなり調べられるのは嬉しいけど、そこまでキチンと調べ直してないな…。いや、ラグタイム・ギターって…とか思ったけど、結局戦前ブルースになるのかぁ…と言うお話で、戦前ブルースと一括りに言っても1890年頃から1940年頃まであるんだからそりゃ幅広いし進化もしている。そして一方ではレコーディングがきちんと残されているのは1920年頃から?なのかな?伝承音楽だからねぇ。ってことで戦前ブルースの音源は1920年頃から40年頃までになってきて、特に1930年以降が商売として成立し始めた頃のようだ。

 伝説のブルースメン、ロバート・ジョンソン。何かにつけて再発されていて、自分が聴いたのはまだアナログ時代に2枚のアルバムがバラバラで出ていた時で、写真の一枚も発掘されていない頃。そこから写真が発掘されて、CD時代になって「The Complete Recordings」が出てきて、ここでの写真は実に驚いた代物で、こんな正装できたのか、この人、って。カネなくて女にたかりまくってた人って印象だからこんな格好することがあったのかねぇ…なんて。まぁ、しかし、アナログの時はまだLPのA面B面ってのもあって聴けたんだけど、CD時代の「The Complete Recordings」はとてもじゃないが全部を聴き通すことは不可能だったな。辛いんだもん。同じようなギター一本と歌の同じ曲がいくつも並んでて、資料的には整理されていて良かったんだけどね。ま、人間わがままです。

 そんな不満を解消すべく昨年リリースされた新たなるコンプリートセッション盤「Centennial Collection」です。音も相当クリアーにマイルドにリマスターされていると評判。サンアントニオ録音とダラス録音でCD二枚に分けているようで、聴きやすいのは聴きやすいけど、やっぱりこの手の音はよほどハマり込まない限り自分のものにはできないなと。今回実は相当久々にロバジョン聴いたんだけど、確かにかなりマイルドで生々しい音だな〜と思うものの、やっぱり何曲も聴いているとそれぞれの凄さは感じる。でも、なんかお勉強的に聴いている感じがしてしまって…。素直にロバジョンの歌とかギターとか凄いなぁと感心してれば良いんだけど、そうもいかなくてついつい弾いている姿とか想像しちゃうとどうやってるんだろ?とかどんな風に弾いてるんだ?とかギター抱えて試してみちゃって…もちろん太刀打ち出来ません(笑)。かと言って気軽にBGMになるはずもなくて、何ともしんどい人です、ロバジョンは。ただ、先日のBlind Blakeからしてみるとわかるように明らかにラグタイムブルースからの進化がわかるブルースで、そういう意味でロバジョンが最初だったかどうかわかんないけど、音楽的スタイルの違いとか変化ってのはなるほどな、と比較論で思う次第ですな。

 「Centennial Collection」2CDで1300円、昔の音なら2CDで800円〜ってもう凄い世界。そりゃまぁ、そりゃまぁ、80年も前の代物だけどさ…。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 3

There are no comments yet.
デューク中島  
いつもの昔話で恐縮ですが

クリームやブルースロックが流行ってた時でも 日本で 黒人ブルースのLPは あまり出てませんでした。69年頃、ビクターから 緑色のイラストジャケットのベストアルバムシリーズ、71年のRCAブルースの古典、73~74年のデルマークのシリーズ位でしょうか。情報は、故中村とうよう氏の著書「ブルースの世界」と上記各レコードのライナー位でした。その間、京都は、ブルースブームが有って、輸入盤も結構手に入りやすくて、集めまくりました。ブラインドウィリーマクテル、ブラインドボーイフラー、ビリーボーイアーノルドとかを。値段は高かったです。大体2800円平均でしたかね。ロバートジョンソンも70年代初めに手に入れられました。第一印象は、「これがブルースロックカバーで知ってる曲のオリジナルか!」でしたね。感動しましたよ。写真には 私もびっくりしました。意外にオシャレだなと。まあビッグビルブルーンジーとかも写真残っている人達は総じてオシャレですね。

2012/06/29 (Fri) 22:43 | EDIT | REPLY |   
風呂井戸  
ブルース・シリーズ歓迎です

 ブルースに惹かれながらも・・・・そしてギター・プレイとその世界は一言では語れない。私は近頃のBuddy Guyをみていても生き様まで歌い上げているその奥深さに痺れます。
 フレさんのこの一連のブルースへのアプローチに大いに期待しています。つまりお勉強させてくださいね。

2012/06/30 (Sat) 11:48 | EDIT | REPLY |   
フレ  
ロバジョン

>デューク中島さん
自分はその後の80年代以降に手を出し始めたんですけどまるでなかったですね。
中古でひたすら探すのみ、あとは輸入盤であれば、ってトコでしたが、それもなかなか…。

あと写真が粋なのは、多分写真を撮るということ自体がイベントだったから正装だったんだろうなぁと。
カッコ良いですよね。

>風呂井戸さん
最近のバディ・ガイはホント凄いと思います。あそこまで激しいブルースをあの年まで!って思うとね。
風呂井戸さんとブルース…、結構合うんじゃないかなぁ…と。
ただ、多分どこかで外れるとは思いますけど(笑)。

2012/07/01 (Sun) 20:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply