Buddy Guy - Live - This Is Buddy Guy

2 Comments
Buddy Guy - Live - This Is Buddy Guy (1968)
Live - This Is Buddy Guy Drinkin TNT & Smokin Dynamite
Live At the Checkerboard Lounge - Chicago 1979 - バティー・ガイ Live At the Checkerboard Lounge - Chicago 1979 Buddy Guy & Junior Wells Plays the Blues - バティー・ガイ & ジュニア・ウェルズ Buddy Guy & Junior Wells Plays the Blues

 モノホンブルースが聴きたくなったのでバディ繋がりでバディ・ガイに行ってみよう♪ブルームフィールドでもなんでも進めたんだけどなぁ、いいや、後で書こう(笑)。完全にクソ熱いブルースモードになっちゃったんで、ホントにクソ熱い、そして70歳を越えてもまだなお現役でライブをバリバリとやってくれて、しかもギタープレイがまるで変わらずにハードにアグレッシブに弾いてくれている現役ジジイのバディ・ガイ、とんでもない人なのだが、昔は全然売れなかったっつうか、売ってもらえなかった時代が長くてアルバム単位での名盤ってのはそんなに多くないんじゃないか?自分が最初に出会ったのはジュニア・ウェルズとのセッションライブ・アルバム「Drinkin TNT & Smokin Dynamite」で、もうこのギターの虜になったね。なんつうギターだ!って。マディ・ウォーターズとかハウリン・ウルフってのを聴けってな感じだったからブルースって辛いな〜と思ってたガキの頃にその「Drinkin TNT & Smokin Dynamite」に出会ってしまったので、そのハードさに熱くなったのだ。それ以来そっち系のブルースばかりを聴くようになったかな…。今でも好きだ。

 そのBuddy Guyの1968年のライブアルバム名盤、と言っても良いでしょう、「Live - This Is Buddy Guy」は。大体さ、ジャケットからして暑苦しいし、外れなさそうだったもん、ってことでCDが出てしばらくして見つけた時にはすぐ聴いた。昔はブルースのアルバムなんて全然探せなかったんだからさ。CDになってホント色々と聴けるようになったのは嬉しかったね。さてさて、その「Live - This Is Buddy Guy」というライブアルバムなんだが、なんとA.C.リードのサックスまで一緒に入ってるなんてね、気にしなかったから知らなかった。この人のサックスが特別好きってワケでもないけどアルバート・コリンズの相棒になった人だから、やっぱ良いのだ。そしてなんつってもだ、このBuddy Guyのぶっ飛ぶギタープレイに限る。1968年でこんな音出してたんか?ってくらい黒人リアルブルースメンとしては信じられない異端児だったんじゃないだろうか?ロックの連中だってこんなん出してないだろ、って頃にこの音だ。しかも歌とかライブのノリはJB'sと一緒の頃のジェームス・ブラウンのライブとも共通している。JBだってこの頃に「Say It Live And Loud: Live In Dallas 08.26.68」だろ?凄いな、この本能。

 最初からエグいギターでバリバリかましてくれて、ふと思ったのがヤードバーズのギターをもっと音割れさせたらこうなるのかも、と思ったのだった…、順番逆だけどな(笑)。ロックの世界に受けるハズです、Buddy Guyのライブは。今じゃジミヘン弾かせたら右に出る人いないだろってくらいジミヘンを超えてるカバーが出来る人、それもコピーとかカバーじゃなくてBuddy Guyとしての音なだけで。いやいや、比較なんぞどうでも良くて、ブルース・ロック好きでこの「Live - This Is Buddy Guy」を聴いたことない人、多分ハマると思うわ。ちょっと歓声がステレオで被せられてる感があってしつこいけど、ま、いいさ、実際そんな拍手程度じゃ物足りないくらいの演奏なんだし。途中でさ、ソウルの名曲「Knock on Wood」とか出てくるんだけど、本家をもぶっ飛ばす歌で白熱したライブです。ホーンセクションは音割れてるし(笑)。なんつうプレイ…。先日のロリー・ギャラガーとはまた異なったブルースロックの域にいるとんでもない人。オススメっすよ、コイツは。暑苦しいのが苦手な人はダメだけど、SRVとかジミヘンとかロリー・ギャラガー好きなら絶対良い♪



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
デューク中島  
確かに手に入れるのに時間がかかったLP

ATLANTICのPLAY THE BLUESは 日本盤も出てたし 割と手に入りやすかったですが、このLPは ちょっと苦労しましたね。日本盤LP出て、やっと買えました。聴いた第一印象は、おっしゃるように 非常に聴きやすい、BLUES ROCKみたい でした。フィルムで 首の後ろでギター弾いてるのを観て 「ジミヘンは、このおっさんの真似か!」と思ったものです。T-BONE WALKERの真似かもしれませんが。

2012/06/25 (Mon) 19:31 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>デューク中島さん

あ、でもやっぱ手に入れようとするアルバムなんですね。
今じゃバディ・ガイがジミヘン弾いてるくらいだし、それはもうジミヘン以上だったりもするから面白いっす。

2012/06/27 (Wed) 20:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply