Blossom Toes - We Are Ever So Clean

2 Comments
Blossom Toes - We Are Ever So Clean (1967)

ウイ・アー・エヴァー・ソー・クリーン イフ・オンリー・フォー・ア・モーメント(紙ジャケット仕様)
We Are Ever So Clean - Blossom Toes We Are Ever So Clean If Only For A Moment - Blossom Toes If Only For A Moment

 60年代後期の英国ロックと言えばビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」に代表されるようなサイケデリックなサウンドがポップシーンを占めていて、個人的にはその辺りのサイケってあんまり得意じゃなくてさ、色々なバンドあるから結構聴いたんだけど、アプローチは確かに斬新でLSDでもキメてれば心地良いのかもしれないけど、今の時代とか日本でそんな風にトリップして聴くってこともないし、じゃぁ、このサイケデリック路線のバンドの音がわかるか?と言われると疑問でして…。まぁ、面白いとは思うけど何度も聴いてハマるってもんじゃなかった。

 んで、ジム・クリーガンが在籍していた…ってか世に出てきた時のバンドってのがこのBlossom Toesでして、アルバム二枚しかリリースしていないけど、英国ロック好きにはかなりニッチな人気があってCD化も早かった記憶がある。自分もその時に買ってるし。でさ、当時も今も聴いていると、やっぱり凄いポップ感の溢れるサイケデリックでカラフルで見事なもんだ、っつう感想。ジム・クリーガンがあんなブルースインタープレイのギターを弾くようには全然思えない…っつうか、そういう曲なんて一切無いんだからこの変貌が不思議だったんです。だからちょっと遡って引っ張りだして聴いてみたんだな。

 1967年にリリースされたBlossom Toesのファーストアルバム「ウイ・アー・エヴァー・ソー・クリーン」。冒頭からカラフルでキャッチーでこの時代にしかなかったサイケデリックで万華鏡のように何でもありの楽曲とコラージュのオンパレードで実に目まぐるしいので、好きな人には素晴らしく名盤だと思う。ビートルズと並べたって何ら遜色ない出来映えで、ストーンズの「サタニック・マジェスティーズ」よりは全然サイケデリックだろう。この手のバンドは他にもTomorrowとかRainbow FfollyとかOrange Bicycleとか…あぁ、結構聴いたなぁ(笑)。そんな感じだ。シラフでもトリップする音だなぁ…。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
デューク中島  
私もCD時代になってから

やっと手に入れられました。SEEDS,NAZZ,LOVE,STRAWBERRY ALARM CLOCKあたりは レコード時代に手に入れましたが、これには 巡り会えませんでした。有難い時代です。この頃のサイケって、楽器が薄っぺらい ペケペケ、チープな音ですが、独特の 雰囲気があって いいですよね。

2012/06/13 (Wed) 22:46 | EDIT | REPLY |   
フレ  
> デューク中島さん

アメリカ系はまだ手に入ったんですけど英国系はホント難しかったと思います。
この頃のサイケ…、リマスターとかしちゃダメな世界だと思いますね(笑)。

2012/06/16 (Sat) 23:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply