Free - Free At Last

2 Comments
Free - Free At Last (1972)
フリー・アット・ラスト+6(紙ジャケット仕様) ハートブレイカー+6(紙ジャケット仕様)
Free at Last (Remastered) - Free Free at Last (Remastered) Heartbreaker (Remastered with 6 Bonus Tracks) - Free Heartbreaker (Remastered)

 英国ブルース・ロックバンド…、そりゃもうたくさんあるけどグイグイとグルーブをウネラせてくれるバンドってのはそうそう多くはない。そういう意味ではどれもこれもブルースらしい形態でロックしてくれているバンドが多いのだが、中でも突然変異的なバンドはいくつかあるし、純粋なるブルース・ロックからはかけ離れていくバンドも実験精神旺盛な70年代には多かった。ところが純粋にブルース・ロックだけをやり続けていたバンドもあったのだ。しかもそれが思い切り誰にも真似出来ない独特のタイム感とグルーブ感で一世を風靡しているバンドなのだな。日本では2度の来日公演があったが故に伝説的なまでに信者の多いバンドのひとつでもあるフリー。世界的に見ればそんなにカリスマ的人気を誇るバンドでもないようだが、こと日本に於いてはカリスマだったようだ。短命に終わっているのもその要因だろうけど、フリーと日本は仕事でもプライベートでも結構な接点があったワケだし、山内テツというベーシストの加入もひとつの要素だろう。自分の中でもフリーってのはもう10代の頃からず〜っと聴いているバンドだし、今でも飽きないし深みがあるバンド。聴く度に発見も刺激も受ける音だし、それはもうグルーブだったりピアノの美しさだったり、もちろんコソフのギターだし、ポール・ロジャースの歌声だったりするのだが、このメンバーじゃなきゃ出来なかったグルーブ感が一番かな。

 1972年のフリーとしての最終スタジオ録音アルバムとなった「フリー・アット・ラスト」。昔は一番聴かないアルバムのひとつだったな。どうしても「ハイウェイ」あたりまでの作品ばかり聴いていて、「ハートブレイカー」と「フリー・アット・ラスト」は聴いた回数が他のアルバムと比べたら多分1/10くらいなんじゃないだろうか。いつしか普通に聴くようにはなったけど、それでもまだまだ1972年のフリーの「フリー・アット・ラスト」というアルバムを聴いたとは言えないくらいの回数かもなぁ。まぁ、3桁行ってないくらいではあるとは思うが(笑)。いや、わからん…。

 アルバムの背景にあるバンドのゴタゴタやメンバー間の揉め事、そして若すぎたメンバー故の衝突や人間関係、未熟な精神状態の若者の集まりという天才肌が故に起きる揉め事はアチコチで語られているので知られている事実として、ドタバタに関わらずにアルバム「フリー・アット・ラスト」を純粋に聴くようにしてみよう。

 冒頭から…、名盤だろ、これ。このギターと歌でハートに来なかったらもう聴かなくて良いんじゃない?んで、オリジナルアルバム時代の最後は「Goodbye」というそのままのタイトルの曲。これで解散だからね。そういえばフリーって解散という言葉よりも空中分解という言葉が使われる方が多いな。

 えっと…、何だ、まぁ…、聴けよ。どんだけボリューム上げてもうるさくないからさ。「Travellin' Man」とかもちっと長ければ…、コソフのギターをもうちょっと聞かせてくれよ、とかそんなのばっかなのがもうもどかしいんだけど、その物足りなさ加減もフリーらしいんだろう。いや、そうだ。正直に今なら言えるが、「フリー・アット・ラスト」に捨て曲は一切ない。捨て曲だと思うのがあればそれは聴く側の問題だ、とまで言い切れる。ボーナストラックとか嬉しいけど、なしで一旦聴いて欲しいよな。その時間の短さと「Goodbye」で終わるフリーの歴史、そしてコソフのギター。説明抜きにこれが英国のブルース・ロックってヤツだ。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
デューク中島  
72年の来日公演がショボかったので

以前のコメントのように あの時は、SEVEN ANGELSと言う地味な曲で始まり ALL RIGHT NOWも FIRE&WATERもやらないステージでした。 あとで聴き返すとHEARTBREAKERをやってるのですが、盛り上がらなかったですね。個人的に印象に残ったのは、ラビットがボーカルの I'M ON THE RUNでした。消化試合みたいで、次の年に出たHEARTBREAKERでの快作は、うれしい誤算でした。FREE AT LASTは、来日前、たまにラジオで かかっていたと思います。これまた 消化試合みたいな盤に感じて 印象悪かったですが、コソフ死去後から 聴き直して、いい盤だと思うように なりました。

2012/06/11 (Mon) 19:00 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>デューク中島さん

1972年の来日公演はねぇ、ハズしたと思います。
主要メンバー二人いなくなるとああまで悲惨かと思うくらい。
そりゃアンディとコソフ不在でポール・ロジャースギターではねぇ…。

2012/06/11 (Mon) 22:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply