Geordie - Hope You Like It

0 Comments
Geordie - Hope You Like It (1973)
Hope You Like It Hope You Like It
Hope You Like It - Geordie Hope You Like It The Greatest Hits Vol. 2 - Geordie The Greatest Hits Vol. 2

 ちょいと小洒落たグラム・ロック方面に進みがちだが気分はそっちじゃないので、またまたダミ声のロックに戻してみる(笑)。クワライやスレイド、スイートなどなどと来た時に直系としてAC/DCも挙がってくるんだけど、その元祖として忘れてならないのがジョーディーというバンド。まぁ、AC/DC好きな人は知ってるだろうけど、現在のAC/DCのボーカルであるブライアン・ジョンソンが70年代にやってたバンドで、それなりにヒット曲を持ってたりするので、知名度はあったハズなんだよね。それがまぁ、1980年になってAC/DCに加入するという経緯で、見事なボーカル交代劇をプラス思考へと持っていった好例なんだが、ジョーディーの方もAC/DC好きなら多分大丈夫な音です。

 1973年にリリースされたファーストアルバム「Hope You Like It」に針を落とすと、何ともご機嫌なR&Rが飛び出してくるし、ちょいと若々しいブライアン・ジョンソンの歌声が響いてくる。これは特徴的な声だよな。でも、AC/DCでの歌声ほど強烈じゃないから、まだ若いってことだ。バンドの方の音は、かなり独特のR&Rで、スレイドが近いのかな…、グイグイとグルーブするロックだけどちょっと不器用な感じもあって男のファンが多かったんだろうと勝手に想像しているのだが、男臭いバンドの音。AC/DCだよ、と言っても通じちゃうかもしれないね、これ(笑)。そんなサウンドです。

 ブライアン・ジョンソン在籍時のバンドとしては4枚のアルバムをリリースしているので、一度聴いてみると面白いんじゃない?AC/DCの歌ってのは一夜にして出来たんじゃないってことがよくわかるし、そもそもこういう音自体、AC/DCがオリジナルってワケでもないってことがよくわかるのがB級ロックを聴いていると面白いところで、何かしらの布石はあるものだ。英国のグラム・ロックってのはホントに様々な方向性を持ったバンドをポップ化して世に出してくれたもので、今でもジョーディーはグラム・ロックの扱いになっているのが不思議(笑)。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply