Be Bop Deluxe - Axe Victim

7 Comments
Be Bop Deluxe - Axe Victim (1974)
Axe Victim Modern Music
Axe Victim - Be Bop Deluxe Axe Victim Modern Music - Be Bop Deluxe Modern Music

 このヘンのロックって結構広いな…。深みはないけど広い感じ。普通は深みもあるんだけど、グラム・ロック周辺は期間が短いからその分広いだけで済んでるかもしれん。でも、結局それぞれのバンドを紐解いていくと当然キャリアを築いているんだから何枚ものアルバムリリースがあって、それぞれが音楽性を先に進めていて、やっぱり深くはなるんだけど、そこまで行き着くバンドが少なかったという感じかな。今回はなかなかレコードを手に入れられなかった…と言うかあったのかもしれないけど手に入れるほどの情熱を傾けなかった、見たら買おうとは思っていたけどなかなか見ることがなかったアルバム群のひとつでもあるビバップ・デラックスっつうバンド。こういうのニッチっつうのかな…、知ってる人は凄く好きでアルバム何枚も聴いてるハズなんだけど知らない人は知らないっつう。本ブログ、多分初登場なので時代に沿ってファースト・アルバムから書いてみようかな、なんて。

 1974年にリリースされた奇才ビル・ネルソンの本領発揮とばかりの「Axe Victim」。流れるようなギタープレイにどうしたって耳が向いてしまうのだが、リリース当時はグラム・ロックの一環として位置付けられて売られたようだ。自分もビバップ・デラックスというバンド名を知った時は何ともB級な印象のこのジャケットでグラム・ロック的なバンドの流れで知ったように思う。だからこそ聴くのが遅くなった、っつうか聴かなきゃ、っていう衝動がなかったのは事実だな(笑)。概ね買い漁った頃に見つけて聴いたのが最初だったんだけど、何か地味でさ、その頃英国B級なハードロックをガンガン聴いてたから…。

 気分一新で今の時代に聴き直している一枚なんだけどね、グラム・ロックとか関係ないし、普通にロックのアルバムとして耳にするんだが、オシャレな音してるなぁ、って印象。そんなに洗練されてる感はなかったけど今聞いてみれば1974年という時代のアルバムの音に知れは洗練されてる。それh多分ビル・ネルソンという人のセンスだったりクール感だったりする、後に英国ニューウェイブが出てくる時に明らかになったクールなサウンドを歪んだギターでも出しているという不思議。このクール感は何だろ?熱くなり過ぎないギタープレイ、これだけ弾いてるのに熱くなり切れないプレイ、ライブでは違うのかもしれないけどアルバムでその熱さはあまり感じられない。よくそういう音を知的なサウンドと称することがあるけど、そういうもんなのかな。あ、どっちかっつうとフュージョン的なギターの音色だからかもしれない。そして歌も歌っているんだけど、これもまた冷静…。そういうバンドなんで、多分時代的にはロキシー・ミュージック的な扱いになったんだろうというのは想像に難くない。

 曲そのものはポップでキャッチーで洗練されているから面白い深みがたくさん潜んでいる。リズムひとつ取っても結構ヒネたリズムを使っててさ、ノリが悪くなる音じゃないんであまり気づかないけどじっくり聴いてるとこんなリズムの取り方するの?っていう感じ。歌の抑揚がイマイチなのはしょうがないとして、バンド全体感としては割とまとまってて良いよね、っつうトコか。オススメはやっぱ「Adventures In A Yorkshire Landscape」「Adventures In A Yorkshire Landscape」「No Trains To Heaven」なトコだろうか?何か結構スルメ盤的に面白いよな、この人達。後々のアルバムにはロック本に出てくる名盤「炎の世界」とか「Modern Music」なんてのもあって忘れてはいけないバンドのひとつですね。





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 7

There are no comments yet.
風呂井戸  
グラム・ロックは・・・・

 フレさんの書き込みが早くて年寄りがついて行くのが大変です(笑)。
 グラム・ロックって私にとってはプログレっぽいところから見てゆくために、デイヴィット・ボウイそしてロキシー・ミュージック、そしてそしてなんといってもブライアン・イーノに焦点がいってしまうんですね。(もっとも、クイーンだってその色でデビューしてきたんでしたね)
 そうみると結構ロックの歴史から見て、そのグラム・メックの重要さも意識しないと・・・・・。

2012/06/06 (Wed) 20:58 | EDIT | REPLY |   
デューク中島  
誤解されるバンド名

私が このLPを買った74年当時、「最近、何買った?」と聞かれて、バンド名を言ったら 大概の奴が、「ビーバップ ア ルーラ」とかをカバーしているロカビリーバンドだと 勘違いしてました(笑)。私のツボで 全部持ってましたね。ブートみたいなの迄買って。解散後のRED NOISEは BE BOP DELUXほどのインパクトは 無かったです。

2012/06/06 (Wed) 21:28 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>風呂井戸さん

いや、風呂井戸トコも相当なモンですよ…。イイ女がいっぱい出てきてどんだけ〜とか思ってますもん(笑)。

んで、プログレ経由でグラムを見た場合は多分見る必要ないんじゃないかな〜と。
こんだけおもちゃみたいに騒いでる音とルックスって世界違いますから。
…って知り合いのプログレマニアは言い切ってました。
ま、納得するんですけどね、単純にノリが好きなんです、自分は♪

2012/06/06 (Wed) 23:29 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>デューク中島さん

ビーバップって単語がね、ルーラになっちゃうの良くわかるんです。
んでデラックスって付いてもデラックスでしょ、普通だし。
そんだけ普通の特性のない雰囲気が個性だったりするワケで、だからスーツ?みたいなのあったし。

んでねぇ、正直、ツボってのわかるんですよ。自分も結構好きでして、ただ人には言えないっつうか(笑)。

2012/06/06 (Wed) 23:32 | EDIT | REPLY |   
yuccalina  
丁度良いタイミングで、、

フレさんこんにちは。一昨日丁度「時空刑事1973」の最終回だったんですけど、このドラマでSladeとかSweet、Roxy MusciにT-Rex等々グラムロックが花盛りだったんで、フレさんのブログのチョイスが私的丁度良い感じになっておりました。Bill Nelsonは確かUltravoxあたりと同類という認識で、80年代のソロアルバムを聴いた覚えありますが、当時はそれほど魅力を感じてなかったかな。Be Bop Deluxeは名前だけしか知りませんでしたが、こうして聴く機会を持てて嬉しいです。ファッションも音楽も、70年代の空気感ってのに、私は今さら興味が湧いています。当時私は小学生でしたが、裾の広い刺繍入りのジーンズとか、ポックリサンダルとか履いてたのを覚えているので、その意味が後になって分かってきた感じですね。話が逸れちゃってすみません。

2012/06/07 (Thu) 08:21 | EDIT | REPLY |   
ひで  

自分もフレさんとほぼ同意見です。
かなりギターの比重が高いワリに熱くならない感じとか…そうそう、フュージョン的ですね。やっぱインテリさんなんでしょうね。
集大成的なライブアルバムも出してますが、あれ聴いてもやはりクールなんですよね〜。
このアルバムと「モダンミュージック」が好きです。

2012/06/07 (Thu) 17:28 | EDIT | REPLY |   
フレ  
ビバップ・デラックス

>yuccalinaさん
なかなか凄いタイミング!もちろん狙ってました!なんて言えるはずもなく、驚きです(笑)。
自分もそのくらいの年令で同じくパンタロン履いてたし、時代だよね。
そういえば、パティ新作ですね♪

>ひでさん
あ、そうか、インテリって言葉があったか。
実は割と気に入ってて、全部iTunesに入ってるんですよね、このバンド。
何とも言えないセンスがあって…、はい。

2012/06/09 (Sat) 07:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  BE BOP DELUXE/Axe Victim('74)
  • デビュー当時はこのバンドもグラムロックの一派として認識されていたらしい。当時の事情は良く知らないけど。 中、裏ジャケのバンド写真見ると確かに怪し気なお化粧してグラマラス
  • 2012.06.07 (Thu) 17:18 | 迷走ぶろぐ