Lordi - Monsterican Dream

2 Comments
Lordi - Monsterican Dream (2004)
Monsterican Dream Get Heavy (Reis)

 フィンランド…、色々出てるけどストラトヴァリウスとかはあまり聴かなくて、かと言ってポップスを聴くもんでもないし、はて、何があったっけ?この流れでハノイってのもないし(笑)、あ、凄いお気に入りで最近すっかりと忘れていたバンドがあった、ってのが正直なところのLordi。いや、忘れていたワケじゃなくて…、前回のアルバム「ベイブズ・フォー・ブレックファースト」をリリースしてからドラマーのKitaが脱退してしまって、その後釜に元To/Die/ForのTonmi Lillmanが加入したんだけどいくつかライブをこなしただけで病気になってしまったのか、そのまま逝去されてですね、Lordiのドラマーってのが不在。不在っつうか、落胆率が大きくて、そこにあまり触れなかったから話題もあまり見なかった。ところがつい先日ようやくLordiの新しいドラマーが決まりました、詳しくはコスチューム発表と共にもうちょっとお待ち下さいって感じで、そうかそうか、良かった、と思った次第。Mr.Lordiの執着的な怪物に拘る才能をこのまま出さないのはあまりにも勿体無さすぎるので、まずはバンド再開を素直に喜んでいる。…って事で、じゃ、アルバム取り上げるかな、と思ったら自分も結構好きなのでかなり取り上げてて、まだのアルバムって何だ?と思ったらセカンドだった。

 2004年にリリースされたLordiのセカンドアルバム「Monsterican Dream」は全Lordiのアルバムの中で最も聞く回数の少ない作品で、一般的にも割と評価されていないアルバム。まぁ、コレと言ったキャッチーな曲ってのが見当たらず、シングルカットされていないけど優れモノみたいな曲もさほど目立たず、どうしてもやや影に隠れがちなアルバムになってる。それでももちろん「My Heaven is Your Hell」なんつう人を喰った曲では特有のメランコリックメロディが炸裂していたりするので、フィンランド的には普通のバンドよりも全然レベルが高いが、しょうがない、Lordiに求めるものはさらなるキャッチーさとちょっとした本気のユーモアなんだから。しかし、こうして改めてまた「Monsterican Dream」を聴き直してみるとそんなに評価を下げるほどのものじゃないんじゃないか?確かにやや作りが荒くなっていたりする部分はある気がするけど、メロディメイカーとしてのLordiは健在だし、ちょっとトンガッた曲が少ないという程度のアルバムに聞こえるだけだ。うん、まぁ、そんなアルバムもあるさ。

 それにしてもLordiってのはルックスで得も損もするバンドだろう。このジャケットを並べていただけなら多くのウチのブログに来ている読者達はあまり手を出すとは思えない。が、音を聴くとほほぉ〜、80年代風なハードロックか…とかKiss的なトコロなんだ…とかメロディが妙に良いぞ、とかそんな音楽の本質に気づいてくれることだろう。別に宣伝したってファンが増えたって自分に何か益があるワケではないが…。そんな特性に気づくバンドだし、アルバムだし、世の中面白いモンだよ、ってことです♪





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
kazz_asai  

私自身はこういうジャケットに目がない口です(笑)。
初めて聴いた時はそのあまりにも正統派のハードロックに驚きましたが、もっと昔にさかのぼれば元祖のKISSも、WASPも、TWISTED SISTERもその外見のイメージに反して音楽はむしろ万人に受け入れられる普遍的なサウンド。だからここまで生き続けてきたのでしょう。

2012/05/19 (Sat) 20:18 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>kazz_asaiさん

お〜、このセンス、理解してくれますか〜♪
確かにKissもTSもキャッチーさが売りでしたしね。
Lordiも面白いっすよねぇ。しかし理解者がいたのは嬉しいです、コレ。

2012/05/20 (Sun) 23:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply