Norah Jones - Little Broken Hearts

2 Comments
Norah Jones - Little Broken Hearts (2012)
Little Broken Hearts ノラ・ジョーンズ
Little Broken Hearts - Norah Jones Little Broken Hearts Come Away With Me (Deluxe Version) - Norah Jones Come Away With Me (Deluxe Version)

 女性ボーカルモノが好きだと言いつつも実は全然聴いたことない人なんて山のようにあって、そりゃ何でも聞けりゃ良いってもんでもないし、それなりの人を…って思うんだが何かきっかけがないと聴かないのも事実でして、そういう意味でアチコチのブログやTwitterには情報や刺激で助けられているんだが、恥ずかしながら…と言う言葉を使うのが懸命かどうか、実は先日ようやく初めてノラ・ジョーンズを聴きました。ファーストアルバム「ノラ・ジョーンズ」です。あのグラミー賞8冠を受賞したというアルバムだそうで、その頃知ってたか?って言われるとなぁ…多分名前は知ってたけど別に自分が聴く領域じゃないな、と勝手に思ってたハズ。だってグラミー賞なんて気にもしてないし、そもそもロック系には無縁でしょってな感じだしね。まぁ、そんなことでふと聴いてみたんですが…、な〜るほど、こういう音ですか…と静かな印象。ジャズなんだ、と。ま、家でじっくり聴くモンかもしれないな…と車で聴いてて思った。

 そしてついこないだ、新作「Little Broken Hearts」がリリースされたってことで、まぁ、せっかくなので聴いてみるかな、と手を出してみる。聞けば5枚目の作品ってことで、その間様々な活動やセッションも行なっていたってことでファースト・アルバム「ノラ・ジョーンズ」からは随分と進化変化したんだろうなと当たりは付けていたものの、全然その方向性を知らないのでフラットに聴いてみました。この娘、才能は凄いんだなぁと。自分の歌とセンスってのをしっかりと認識しながら幅広くアメリカという音楽を吸収して発散して自分の持ち味を加えているようだ。「Little Broken Hearts」ではジャズ色はほとんど見当たらず、大陸的女性ボーカリスト…ともすれば環境音楽の歌手とも言えるくらいに大らかな世界で歌を歌ってピアノを弾いているというようなアルバムで、このアルバムがデビュー盤だったら多分売れなかっただろうってなシロモノだ。運とタイミングってのは重要なんだ。

 さて、困ったのは好みかどうかと言われると全然引っかかるモノがないというのが正直なトコロ。上手いし才能あるし美しいし、やってる音楽もあまり聞くことのない大陸的サウンドなので面白いハズなんだが、何でだろ?何かが響かないままアルバムが終わってしまった。またどこかで聴けばその時は響くのかもしれないけど、今は特に…って感じ。どこかの何かのBGMでオシャレに流れてたら良いね、ってなるかな。





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
風呂井戸  

 いっやー、不思議ですね。(不思議でもないか?)
 フレさんとの感覚に見事私も一致しているんです。ジャズ、ジャズィ、ロックその他多くの女性ヴォーカルを好んで聴いている私ですが(そして多くを私のつたないブログで取り上げているのですが)、どうもこのノラ・ジョーンズって私もあまり書くことがないのです。そのためアルバムは棚にあるのですが、ブログで今まで取り上げていません。私の感覚も整理出来ないでいますが、早い話が可も無し不可も無しなんでしょうかね(?)。
 フレさんの”何かが響かない”・・・そうです、それですね、私も今の感覚は。

2012/05/12 (Sat) 10:46 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>風呂井戸さん

うん、不思議ではないですよ(笑)、ってか風呂井戸さんの方が感性強いと思いますもん、そのヘン。
しかしノラちゃん、ねぇ、どうしたものか…。今のところBGMでしかないですね。悪くないんで。

2012/05/12 (Sat) 22:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply