Lacuna Coil - Dark Adrenaline

0 Comments
Lacuna Coil - Dark Adrenaline (2012)
Dark Adrenaline Dark Adrenaline: Limited Boxset
Dark Adrenaline - Lacuna Coil Dark Adrenaline Shallow Life - Lacuna Coil Shallow Life

 イタリアはミラノ出身のヘヴィロックバンド、Lacuna Coilも既に6作目となるアルバムがリリースされたので、気になって聴いてみる。Lacuna Coilは結構ねぇ、良質な作品を連発しているし男女ボーカルでヘヴィロックなのでまぁ面白いかな~ってことで割と聴いてるかも。偶然だけどラウドパークで生を見てしまっているのもあってか親しみはあるし。このバンドは7弦ギターと5弦ベースという音的にホントにヘヴィな低音を重視していて、そういう意味では聴いていると辛い部分も多いんだけど、曲がもう洗練されているんでしっかりとメジャーシーンへの進出を図れているのが見事。アルバムデヴューが1996年っつうんだからもうベテランの領域に入ってきているよな。

 2012年ついこないだリリースされました「Dark Adrenaline」。ここ最近のアルバムと同傾向のジャケット…シンボル志向ってのか、まぁ、別に深い意味はないのだろうけどある種Lacuna Coilな感じではある。初っ端からキャッチーでヘヴィでツインボーカルの掛け合いでしかも割と独特のメロディラインが組み入れられているというアルバムで、良くも悪くも裏切られないLacuna Coilのサウンドが飛び出してくる。だから最初から何曲かはやっぱこのバンドってこんな音だよな、と納得して聴けるんだけどだんだんと飽きてくるのはそのバンドのイメージにこだわってしまったからか?どれもレベルの高い曲なんだけどアルバム通すとちょっと重い感じ。曲を覚えて来ればそれはきちんと変わるかもしれないからアルバムとして悪いモンじゃないのは確かだ。しかし、こういう手法でのアルバムや楽曲って難しいな。その中でも色々な試みしてたりするんだろうけど、バンドとしてもどこに向かうのがベストなのか悩むんじゃないだろうか。

 それでもしっかりとLacuna Coil的なメロディセンスが光る曲がいくつもあるのでやはり聴き込み度合いによって印象変わるかな。それにしてもクリスティーナ嬢、今はもう30代半ばくらいか?それでいてこのパワーは見事だよな。ソフトにも歌えるしハードなバックにも負けない歌もイケるしそろそろソロアルバムでもリリースして多様性を発揮しても良いんじゃないかとか思ってしまうけどね。しかし昔このバンドに付いていたゴシックメタルという冠は既に似合わないものとなってしまっていて、今じゃヘヴィロックなバンドだろう。ゴシック要素はまるで見当たらなくなっているし、どっちかっつうと中近東メタルとかそんな感じ?しかしある程度は確実に売れるだろうな、この音。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply