May Blitz - The 2nd of May

4 Comments
May Blitz - The 2nd of May (1971)
2nd of May May Blitz

 70年代英国アングラハードロック伝説、もうちょっと続きます(笑)。Three Man Armyあたりからどうにも人脈関係が広がってしまって収集つかなくなってるんで色々と聴いてしまったんです。面白くて。まぁ、考えてみればクラッシュもボウイもムーディ・ブルースもベックも何も全部繋がってしまう人脈図になっちゃうんだよね、英国ロックの歴史ってのは。もちろん個人名で全部は覚え切れないので資料漁りが必要になるんだが、今じゃネットで簡単に調べられるし便利なもんだ。そんなことを常日頃から行いながら、ほほぉ~、そういう繋がりの人だったのか!とか驚きながら聴いている今日この頃、いつまで経ってもやってること変わらない自分にややうんざりしながら子供のようにはしゃいでいる自分もいたりする。男の子は無邪気なものだ(笑)。

 1971年一部では英国最高峰のハードロックバンドとして名を馳せている?かもしれないメイ・ブリッツのセカンド「2nd of May」がリリース。それはもう世間に知れ渡って…なんてことはまるでなく、ひっそりとVertigoからリリースされたのでした。Three Man Armyとの絡みはもちろんドラムのトニー・ニューマンですね。元ジェフ・ベック・グループという肩書きを最初に持ったので以降の活動がやりやすくなったことは間違いないトニー・ニューマン、ならばいっそメジャーシーンの連中と組んで稼げば良かったのに、そちらには行かずに感性と人脈でバンドを組み続けていったウチの最初がこのメイ・ブリッツ。元Bakerlooというこれまたマイナーなバンドの連中と組んで16歳くらいのギタリスト入れて作ったバンドで、そのセカンドアルバムなんだからそれなりに評価されていたとは思うけど、さすがにパンチが足りなかったか、本作にて終了。

 ただねぇ、音は確かにトリオ編成とは思えないほどにカッコ良いんです。Three Man Armyに比べたら全然洗練されているし、メジャーシーンに出れる音作りにもなっているからもうちょっと売れても良かったと思うんだけどあと一歩の個性の無さの問題かな。ギター、ベース、ドラムのトリオで演奏するハードロックってのはもう他にもいくつもあったし、出来る音楽性にも限りがあっただろうし、ってことか。それにしてこの「2nd of May」で聴ける音のカッコ良さはユニークだ。ベースがグイグイドライブしていてドラムはもう圧倒的に曲を引っ張っていくので、問題はギターなんだが、いや、ヘタじゃないよ、もちろん。ただ、まだまだフレーズの多様さが足りないからかやや冗長な感じが出てきたりする時があって残念。それでもアドリブパートの思いきりの良いギターはやっぱり見事。このジェームス・ブラックって若者がどういう人生を生きているのかちょっと調べた程度ではわからなかったんだけど、シーンでは名前聴かないからどうなんだろうな。

 それはともかく、B級とメジャーのボーダーライン際にあるようなメイ・ブリッツの「2nd of May」、ルーツがまるでわからないハードロックという意味でかなりオリジナルではある、が…と思うものの、やはり聴きたくなるしつこさっつうのがあって好きな人のみ楽しむ音、ですな(笑)。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 4

There are no comments yet.
ヘビメタじじい  
びっくり!で、ございます

こんなバンドが!あったとは…絶句!です。
いやーハマります。

詳しくはないけど、長く聞いてきたのに…全然、知りませんでした。
このバンド…
速攻でネットから…して…
聞きまくってます。

こんな素晴らしいサウンドを聴けて、幸せでございます。
感謝!です…拙プログでも取り上げたいです。

2012/01/24 (Tue) 03:06 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>ヘビメタじじいさん

いや~、ホントに色々なバンドありますよね。70年代って。
お気に召していただけてよかったです♪
じっくりハマってブログで取り上げてください~。

2012/01/24 (Tue) 20:27 | EDIT | REPLY |   
デューク中島  
いいバンドだったけれど

成功しなかったのが残念です。
1STは レコードで手に入れましたが、2NDは
なかなか見つけられず、CD時代になってから
1STとの2in1で やっと音を聴けました。
1も2も 曲風はいいです。
当時の私は SIR LORD BALTIMOREみたいな
歪んだ音が好みでしたので、線の細さが 
「もっと攻撃的ならいいんだけどなあ」と不満でした。
後になって聴き返すと やっぱり いいですね。
まあ 当時の似たスタンスのバンドは、
HEAD OVER HEELS, BANG, BLOODROCK, STEPSONとかでも
何で こんないいバンドが 日本では マイナーなのかと思う位、
一部にしか認知されず 不遇でしたね。

2012/01/31 (Tue) 22:35 | EDIT | REPLY |   
フレ@ロック好きの行き着く先は…          
>デューク中島さん

>HEAD OVER HEELS, BANG, BLOODROCK, STEPSONとか
ん??ディープすぎるかも…。ほとんど聴いたことないですもん。
まだまだ未知の世界があるなぁ…。マイナーでもカッチョヨイのはいっぱいありますからねぇ。

2012/02/02 (Thu) 21:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply