Pink Floyd - Animals

Pink Floyd - Animals (1977)
Animals Wish You Were Here
Animals (Remastered) - Pink Floyd Animals (Remastered Wish You Were Here (Deluxe Experience Version) [Remastered] - Pink Floyd Wish You Were Here (Deluxe Experience Version)

 年が明けたが、大して環境的な変化もなくまた正月行事などはほとんどサボっているので日常と変わらない生活を淡々と過ごしているのがだ、やっぱり多少は正月行事ってのはある方が年のけじめにもなって良いんだろうなと思う今日この頃。まぁ、元来面倒臭がり屋なので特に何かする気にならないだけで、また古くからの家族的な親戚的な儀式もないし気楽なもんだ。よって正月からガンガンにロックな暮らしが普通に出来ているのは自分の趣味としてはよろしい。そんな新年の最初に何を聴こうかなと…まぁ厳密には昨晩の夜中に聴いてるので最初にってワケでもないけど、ちょいと頭の中に鳴っていたフレーズが気になったのでコイツを…。

 1977年リリースのピンク・フロイドの傑作、そう、実は凄い傑作の「Animals」です。ここまでロックでギター弾いて挑戦的攻撃的な作品はピンク・フロイドには珍しい作品で、それがロジャー・ウォーターズの一存ではなくてバンドとして機能しているところが真骨頂な気がする作品。ここから先の作品ってロジャー・ウォーターズのワンマン体制によるバンドの演奏という側面が強くてちょいと趣が異なるんでね、そういう意味では名盤「Wish You Were Here」のアウトテイクと続編っつう位置付けでの「Animals」。もちろんひとつの物語を構成するように再構築しているので、「Wish You Were Here」との関係性なんて知らなくても存分に楽しめる作品に仕上がっているで、自分もそうだが、特にず~っとピンク・フロイドを追いかけているファンじゃなくてもその迫力を感じられるものだ。特に歌詞に於いてはかなりそのメッセージを聞くことができて、主張している様子なのだが、自分は恥ずかしいことにほとんど歌詞をまともに見てもいないし、理解もしていないまま聴いている。うん、ロックとして、サウンドとして聴いているんで、元来ロジャー・ウォーターズが主張しているメッセージってのにはとんと無縁だったりするのだ。それでも「Animals」に収録されている各曲の迫力はロック好きな人間にはそのままアピールしてくる代物で、それはピンク・フロイドというバンドのパワーなのだろう、特にデイブ・ギルモアの楽曲そのものに成り切っているギターソロの美しさは見事なものだ。ツインギターによるハモりなどもきっちりと構成されていて二人羽織なのだろうが見事な美しさ。構築美という概念から聴いても「Animals」ほど美しい作品は他のピンク・フロイドの作品には聴かれないレベルの美しさにあるとも思う。もっとも「狂気」という名盤があるが故にそこまで言い切れないのだが…。

 てなことで、歌詞やメッセージってのはアチコチのサイトなどで書かれているのでそんなのを見てもらうとしてですね、この音のかっこ良さですな。冒頭の「Pigs On The Wing (Part One)」と最後の「Pigs On The Wing (Part Two)」は物語の始まりとエピローグを象徴する軽いタッチのフォークソング、音的にはさほど意味はないのだが、何かが始まる、また終わったという感触を持たすのにはなるほどと思うアプローチで、無造作にフォークソングをアルバムに入れ込むのではなくて起承転結の1つとして持ってきているってことですね。その間にあるたった3曲のそれぞれの長さが時間を見ると凄い。「Dogs」が17分半、「Pigs (Three Different Ones)」が11分半、「Sheep」が10分半。こうして書くと聴くのに気合が要りそうなモンだが、その実展開が実に巧妙に作られているからかまるで飽きることなく、しかも覚えやすい展開と旋律で次々と織り成されているが故にそれぞれの曲が長さを感じることなく紡がれていく。「Dogs」のギターソロのフレーズの美しさが圧倒的に素晴らしく、恍惚として聴いてしまうレベルでこんなに長尺な曲にも関わらずしっかりとそのギターが曲を繋ぎまた分割してひとつの物語を進めてくれているみたいだ。続く「Pigs (Three Different Ones)」ではギターソロと言うよりも曲を成しているギターリフ…リフじゃないけどギターが曲をグイグイと引っ張ってる…もちろんベースラインの豊富さもあるんだけど、曲の流れをず~っと作っているギターがね、なかなかできないでしょう、こういう耐え忍ぶスタイルっつうのかさ、曲を考えているギルモアならではのギターの出し方、か。そして「Sheep」では強烈なビートに乗せた正にロックバンドなピンク・フロイドが聴けるのも割と珍しい。ここでのギルモアは曲の単調さを解消するためか効果音的なギターに徹しているところもサウンドブレインとして活躍しているのだろうか。もちろんソロについてもそのスタイルは見えるのだがここまでキレの良いカッティングが聴ける作品も多くはないだろう。見事にエッジの立ったスタイルがこの長尺な曲を単調にさせずに聴かせてくれている。

 元々「Dogs」と「Sheep」は前作「Wish You Were Here」製作の時点で一度作られているし、その頃のライブでは実験的に演奏されていたのだから曲としては割と前の作品だったのだから、「Animals」に収録されることも不思議はまるでなくて、これほどの作品をお蔵入りにすることもなかろうというのも当たり前。そのライブの音の一部は「炎(コレクターズ・エディション)」のライブトラックに入っている「You've Gotta to Be Crazy」で聴けるのも昨今のボーナストラックやデラックス盤のリリースによる恩恵ではある。昔はアングラものを手に入れて密やかに楽しんでいたものだが、今じゃほとんどがオープンなWebなんかでも聴けるので時代は変わるものだ。そんな風に進化した「Animals」の各曲にロジャー・ウォーターズの思想が相まって出来上がったものがこの完成形。ジャケットのバターシー発電所はThe Whoの「Quadrophenia」の写真集でも出てくるし、ロンドンでは結構目立つ有名な工業建築物でもあり、自分も実際に見に行ったけどヘンなの~って感想だったな(笑)。ある意味ピンク・フロイドが巨大化したのはこのアルバム製作からと言う気もしているが、それがバンド崩壊への道でもあったのだろうか…。

炎(コレクターズ・エディション)(DVD付)
ピンク・フロイド
EMIミュージックジャパン (2011-11-09)
売り上げランキング: 62412








関連記事

Comment

[7090] 新年おめでとうございます

 嬉しいですね。「アニマルズ」からスタートというのは。
 もともとピンク・フロイドが、決して売れたアルバムの二番煎じをしないというロジャー・ウォーターズ以下4人の姿勢が、パンク全盛期に挑戦したアルバムだと思います。当時、過去のアルバムから脱しきれない日本の評論家は、ネガティブな反応をしたのを思い出しますが、むしろ大衆の方が反応は時代にマッチして、過去のピンク・フロイドを凌ぐツアーの盛況をもたらした。
 サウンド面において機械的操作の多かった「狂気」に比べれば、むしろ「アニマルズ」の方がロックらしい世界を見せているとも言えるのでは?。そして社会へ、そして音楽を営業とする業界への積極的批判的アプローチは、むしろウォーターズを代表する彼らの新展開として私は評価したいアルバムです。

[7091] >風呂井戸さん

そういえば、と遡って去年の年始もフロイドのウォールライブでした(笑)。
どうにも年末年始になるとゆっくりプログレ聴くって時間になるのかも…。

ともあれ、このアルバム、ギターが凝っててカッコ良いので好きです。
そしてロジャーの主張も出ていて、正にバンドな音、ロックなメッセージ、良いっすね。

本年もよろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/2273-24ad0c57

ピンク・フロイドPink Floyd の到達点「アニマルズ」

ピンク・フロイド博引旁証(2) ブートBootleg 「PINK FLOYD /

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

過去ログ+

2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【29件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon