陰陽座 - 鳳翼麟瞳

0 Comments
陰陽座 - 鳳翼麟瞳 (2003)
鳳翼麟瞳 鬼子母神

 Light BringerのFuki姫が憧れるとも言う陰陽座の黒猫の歌、そういえば自分も一時期陰陽座って面白いなと思っていくつか聴いてたなというのを思いだして…、いや、確かUnlucky Morpheusのアルバムでどこか聴いたことのある歌だなと思っていたら陰陽座のカバーだった。そうか、Fuki姫が歌うとこうなるのか…ちょいと似合わないなと苦笑した経緯を思い出した。いや、陰陽座ってやっぱり妖怪暗黒系なんで、明るく元気で前向きなファンタジー系のFuki嬢が歌うのはちょっとイメージが合わないってだけです。歌そのものは全然大丈夫で、ただ陰陽座の黒猫の方が全然大人の色気や和風なトゲの無い、円やかな歌い方で攻めてくるのでスタイルの違いも歴然ではある…。

 そんな陰陽座を思い出して…、陰陽座もインディーズでアルバム数枚出してからメジャーでリリースされてて今のLight Bringerと同じような歩み、しかもレーベルはキングレコード。ならばそういう時期の音の方が面白いかなと勝手に思ってバンドとしては4枚目、メジャーでは2枚目となる「鳳翼麟瞳」を。2003年のリリースながらアルバムジャケットからしてちょいと「?」。まぁイメージだし、「火の鳥」みたいだが、アルバムタイトル通り「飛翔」がコンセプトにあるアルバムらしい。陰陽座の曲名は難しくて読めないし、意味なんてまるで分からないのが多いのでそこまで追求してないが、多分そういう歌詞とコンセプトだろうと思う。だからこのバンドにハマる要素って音もあるし歌詞の深さもあるし和風の面白さもあって、ただ垂れ流す音楽とは違う深みのあるバンドで面白い。その分勉強せんといかんけど。

 その「鳳翼麟瞳」というアルバム、冒頭からしてもうヘヴィメタルの王道とばかりに雰囲気も音も攻めてきてくれるので嬉しくなってしまう。確かに気合を感じるメジャー作品なんだなぁと思うし、暗黒妖怪メタル色はあるけど黒猫の歌がねぇ、和むんで、こういうの日本人は好きですよ、メロディも歌い方も言い回しも。曲も長くもなく短くもなく聴かせる風になっているし…ただその中でも大曲大作ってことで「鵺(ぬえ)」っつう10分くらいの曲があって、やっぱりものすごく目玉なワケ。この時代に日本のメタルプログレバンドがメジャーなアルバムでこんな作品入れてる事に驚くが、テクニカルな演奏と凝りまくったアレンジの上を抜ける男女ボーカル、かなり唯一無二の世界で聴いてしまう。和風なメタルはやはり肌に馴染むものだ。多分このヘンの作品群が一番陰陽座的に熟していた時期なんじゃないかな、と。もっとも今でも続いているし、また年末には新作「鬼子母神」が出るらしいので面白そう。





関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply