P.F.M - World Became The World

5 Comments

 イタリアンロック及びイタリアのプログレッシブバンドを世界に知らしめたバンドとして名高く、更にその地位をしてさも当然とも云える強烈な演奏技術とアレンジ力、そして曲構成の素晴らしさと洗練されたサウンド作りのどれもが世界レベルに相応しい「Premiata Forneria Marconi」、通称P.F.Mと呼ばれるバンドだ。キング・クリムゾンを離脱したピート・シンフィールドがイタリア国内で既にデビューを飾っていたこのバンドのアルバムに英語詞を提供し、編集してリリースされたアルバムが有名な「幻の映像」で、供給元となったレーベルはEL&Pの設立したマンティコアレーベルだったというのも世界デビューの話題を手伝っている。

 その後1974年、世界デビューして好評を博しているP.F.Mの次なる作品となった「甦る世界」と呼ばれるアルバムがとにかく最高に格好良い。もちろん以降も別の意味でのかっこよさは持っているのだが、このアルバムは美しさも激しさもテクニックもハートも構築美も野性味も全て持ち合わせているので面白いのだ。もちろん世界デビューした後なのでそもそもは英語バージョンでアルバムリリースされていたみたいなんだけど、やはりイタリア国内をナメてはいけないってことかどうかは知らないが、しっかりとイタリア語バージョンも同じアルバムでリリースされている。面白いのは英語版は青いジャケでイタリア語バージョンは緑色のジャケになっているところ。わかりやすくて良い(笑)。しかし、この二つは収録されている曲は英語バージョンの方が一曲多くって、しかも曲順が異なっているのでちょっと厄介だ。…アルバムっつうのは、しかもこういうサウンドを奏でるバンドのアルバムっつうのはやっぱり曲順に意図があると思っているので、どっちが正当なんだろうなぁとか考えてしまうワケさ。まぁ、英語版の方が自然な気もするので、…というか、英語バージョンの方が親しみがあるからってのもあるんだけど、どうしてもしっくりくるんだな。あ、イタリア語のP.F.Mの良さってのも比較論で聞くとなるほど、とは思うんだけど、やっぱり根が英国ロック好きなのでやっぱり英語版の方が聴きやすい(笑)。イタリア語の響きが好きだって人がいるのもわかるけどね。

 しかしこのアルバム、ホントにカラフル且つ音色がとっても艶やかで聴いていて楽しくなる作品でいいよね。いわゆるおどろおどろしいトコロが全然なくって、サラッと美しく楽しくロマンティックに聴けるんだよ。こういうのはイタリアン聴いててもあんまりない…と云うかさすがP.F.Mの世界って感じで、他の国にはこういうの出てこないってのもあるな。いわゆるプログレって思ってる人もいると思うけど、どっちかっつうとポップス…ん?おかしい?ま、そうかもしれん(笑)。しかしマウロ・パガーニのバイオリンと元アレアのベーシストの味は凄いな…。

関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 5

There are no comments yet.
papini  
あ、来た来た~♪

ついでにアタシも来た(笑
うん、P.F.Mってホント、きれいなサウンドだよね~♪
なんつうか、イタリアなんだけど、強烈なイタリアじゃないの(笑
う~ん、意味分かんないね・・・

きっとね、シンフィールドはP.F.Mの「うたごころ」に惹かれたんだよ、きっと。
じゃなかったら、詩を提供しないと思うんだな。たとえ音楽が良くても、その音に詩情がなければね。

アタシね、マウロ・パガーニの1stソロ聴いて思ったんだけど、
この人って、やっぱり宇宙人だよなぁ(笑

って猛烈に思う。

2006/05/26 (Fri) 01:18 | EDIT | REPLY |   
evergreen  

言葉自体が、すでに音楽なんだよね。
言葉の持つ響きが、音楽のカテゴリーそのままになっているといってもいいんじゃない?
したがって、ROCK発祥は英語圏なので・・・これ以上書くと、顔面グーだから(爆笑)

2006/05/26 (Fri) 08:46 | EDIT | REPLY |   
フレ  
どもども♪

>papini嬢
「うたごころ」ね、多分そうだと思う。綺麗なサウンドが気に入ってこのバンドだけやたらと枚数持ってたりするんだよね(笑)。パガーニのソロか…昔一度聴いたキリだなぁと懐かしんでるんだけど、やっぱ良さげだね。宇宙人なら、ま、そうか(笑)。

>エヴァ姉さん
うん、顔面グー(笑)!

2006/05/27 (Sat) 22:39 | EDIT | REPLY |   
茶  

実は、英米以外のアーティストってほとんど聴いていないんですよ。別に変な先入観があるわけではないですが。ではなぜかってゆうと、金と時間がついてかねえ(笑)。
で僕の知る数少ない、いわゆるヨーロピアン・ロックってゆうやつで、しかも強烈な轍を残していったやつらがこの人たち。
でもって、管理人さんや皆さんが的確に書かれているわけで、ほとんどくちばし突っ込む隙間はないもんで、個人的な思い出を。
とここまでアフロ(笑)のところのコピーでほとんど済ませました。本当はアルファベット順に行こうと思っていたのが、そうも行かなくなる事情があって(笑)。
しっかし CELEBRATION のノリノリっぷりはもお、炬燵の周りを踊り狂いたくなりますよ~!CELEBRATION は、旨そうな蛇鍋ジャケのライヴ盤、COOK にも入っていて、それのヴァージョンって EPITAPH 並みの号泣ナンバー、THE WORLD BECAME THE WORLD の一番盛り上がる部分と、イタリア民謡のフニクリ・フニクラのあのフレーズが挿入されていますね♪そおゆうセンス大好きだな~♪でもって、フニクリ・フニクラなんです。続きはステイタス・クォーのコーナーで(笑)。

2011/03/20 (Sun) 12:29 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>茶さん

こちらもどうぞ~♪

http://eurorock.sarashi.com/

2011/03/21 (Mon) 05:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 3

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  そろそろ頃合いね(笑
  • 今日はウチの店の中古買取フロアでお店番をしてた。誰もいなかったので、アタシはやりたい放題だったんだけどさ(笑まずはじめに、景気づけに恐ろしく速いメタルを、と思ってドラゴンフォースかけて、昼過ぎぐらいからはメインで、ビリエットとセミラミスとクリムゾンをかけ
  • 2006.05.27 (Sat) 20:03 | Trapo de la eternidad
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  「甦る世界」
  • 紙ジャケ・シリーズの醍醐味というと、やはりオリジナルのジャケをどれだけ忠実に再現しているのかってところがある。変形ジャケだったりすると特にね。1. 幻の島(マウンテン)...
  • 2007.09.23 (Sun) 00:34 | 徒然ネット