The Mothers of Invention - We're Only in It for the Money

2 Comments
The Mothers of Invention - We're Only in It for the Money (1968)
We're Only in It for Money We're Only in It for the Money (Omr)

 いつまで経ってもカルト的人気しかないフランク・ザッパ、同じサイケデリック路線でカルトバンドだったピンク・フロイドは英国では相当の地位を確立してしまっている今現在、同様の位置にありながらもニッチな世界のカルトに仕立て上げられていってしまうのはお国柄の違いか。本来なら英国人が風刺や皮肉を利かせてこういうアルバムとかを作りそうなものだが、辛辣な風刺を発してきたのは時代に敏感なザッパだった。パロディという言葉に置き換えてみればアメリカ人としてはよくある話になるので、まぁ、あってもおかしくないか、と。それでもここまでの風刺をパロディで行うのはさすがにザッパでしかあり得ない。

 1968年にリリースされたザッパの「We're Only in It for Money」。痛烈なタイトルは時代のメディアに対して発したものなんだろう。そういう社会的視点がしっかりしている所が単なるサイケバンドやラリった文化のヒッピーとは違うところで、恐らくビーチボーイズに対しても結構あったんじゃないだろうかと想像している。まぁ、ビートルズに対しては全然お互いにユーモアたっぷりな間柄だったろうから気にすることもそんなになかったが騒いだメディアやファンがうるさかったというトコだ。もっともそこまでザッパがメジャーだったかと言われればそうでもなかったと思われるのだが…その一年後にはジョン・レノンとザッパが同じステージでライブ演奏をして双方ともレコードを残しているってことからすればお互いはしっかりと認め合ってたってのがわかるだろう。

 そんな経緯はともかくとして流れ的に久々にザッパを…。しかも3枚目のアルバム「We're Only in It for Money」で、ジャケットからして思い切りパロディで楽しめるもの、そして中ジャケでは黄色いバックに女装のメンバーというふざけた作品、しかも自分が最初に聴いたのはオリジナルバージョンじゃなくて1984年にリミックスされたリズムマシーンを被せたもののCDで、なんじゃこりゃ?と。だからあんまり聴かなかったなぁ。カフカの本が付いてたりしたけど何で?みたいな(笑)。今回もそのリズムマシーンバージョンを聴いてみたんだけど、やっぱ聴き辛くてダメだったので細かいこと抜きにオリジナルバージョンを聴き直しました。やっぱりしっくり来る音なので安心して聴いていられるし、雰囲気も良いし古臭さもまたよろしい。細かく書くと色々と編集のお話とかリリース状況とかあるみたいでWiki見てると面白い。そこはともかく、歌詞の内容もこれまた痛烈な風刺ってのもいつものことか。そして音は見事に当時のサイケデリックを踏襲しているものの知性溢れまくった完全に作られた音。出てくる音に本物か偽物かの違いはまるでないし、どっちかっつうとザッパのが本物に聞こえてくる。ザッパはまるでドラッグをやらないのに、だ。

 自分はもうこのザッパの世界ってこういうもんだ、っちうのもあるし楽しみ方ってのを何となく理解しているけど普通にビートルズやビーチボーイズを聴いてて同じような世界と思ってザッパを聴くとしんどいんだろうなと思う。ただ、そういう入り方でもザッパのユニークな世界ってのはもっともっとメジャーになってほしいんだよなぁ。解釈もいろいろできるだろうしね。ちなみにクラプトンも参加しているアルバムってのはほぼ知られていないようだ。マニアはここまで手を出すのだろうか??



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
ひで  

ジャケットですが、実は女装の黄色い方が表です。サージェントの逆になってるんです。
自分が中古で買った盤もレコ屋のオヤジが間違えて中ジャケを表にして売ってました。

これがザッパ初体験盤でした。なんかよくわかんな~い、ってのが正直な感想でした。
今も良く分かってないのですが、たまに流し聴きしてます。

2011/11/25 (Fri) 21:52 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>ひでさん

ジャケの真相は多分黄色いのが前面で正解なんですよね、リリース時は。
クレームを避けたらしいんで。
うん、よくわからないってのは同じく、です(笑)。
しかし真ん中の人はザッパじゃないからね、と。ザッパは写ってません~ってのもポイント。

2011/11/27 (Sun) 09:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply