The Rolling Stones - Brussels Affair (Live 1973)

0 Comments
The Rolling Stones - Brussels Affair (Live 1973)
Some Girls: Live in Texas 78 [Blu-ray] [Import]

 何となく60年代のロックが続いたのでその辺を~なんて思ってて、新しくリリースされたストーンズの「Some Girls: Live in Texas 78」でも見るかな~なんて気がしてたんだが、突然にリリースされたという驚きの情報を入手してすっかり気分はそちらへ(笑)。いや~、丁度その前にGoogle Musicってのが一般公開されて、iTunesをも視野に入れたフルサービスの展開ってことでちょいと驚いてたんだよね。それこそ自分のライブラリもiTunesのライブラリも何でも共有できてCloud出来るっつうもんらしいからさ、自分チのコレクション全部Cloudに持っていけるってことか?そしてしかもマニアの友人同士が集まれば皆でバックアップな世界、それこそ世界に広がるマニアワールド…もっともニッチな世界のはずだが。そこに起爆剤として出てきたのが何の情報もなかったストーンズの「Brussels Affair 1973」なワケだ。

 昔々にKing Biscuit Flower Hourっつうアメリカのラジオ番組で放送するために録音されて、実際に放送されたんだが、そのライブソースなワケで、しかも1973年のストーンズったらもう歴史に残るくらいの成熟期で他を寄せ付けることのない圧倒的なパフォーマンスとR&Rバンドでさ、随分前に「25 X 5」のビデオを見た時にこの1972~73年ころのライブの映像があって、滅茶苦茶かっこ良くって痺れたんだよ。でも、その頃はそんなライブ聴けることもなかったしもちろん映像を見れることもなかったのでその一瞬だけが脳裏に焼き付いていて、ストーンズなら1972~73年が最高、と刷り込まれているもん。今でもそのまま残っててさ、もちろんロック歴長くなってくると色々なライブの音源やラジオ音源なんてのは聴けたりするんだけど、やっぱりオフィシャルでのリリースによるクリアな音の感動は堪らない。そんな思いがそのまま出てきたのが「Brussels Affair」だ。

 っても簡単には入手できないのでコレがまた厄介でさ、結局その筋の音源を聴いているワケなのだが、驚くことにYouTubeで全編聴けたりする…、なるほど、時代は変わったものだ。しかしGoogle MusicでオフィシャルリリースしていてYouTubeでコレか?いいのか?その内淘汰されるか?そうしてネットも綺麗な世界を装うことになるのか?それとも無法の世界でいてくれるか?いや~、どっちでもいいけどこの雰囲気、このラフ感、ライブ感覚、雰囲気、ムード、どこをとっても最高の1973年の「Brussels Affair」、たっぷりとストーンズの雰囲気を堪能しちゃいました。ミック・テイラーのギターが的確でブルースな味を出しまくってる…この人のこのギターがこの時代を支えていたのがキーポイントかも。だからブルースバンドなんだよな、この頃。そこに「Gimmie Shelter」とか「Heartbreaker」とか違うのが入ってくるからロック。う~ん、かっちょ良い♪やっぱりそのままの勢いで「Some Girls: Live in Texas 78」にも手を出すんだろうな、自分(笑)。

 ストーンズアーカイブってトコで入手可能らしいので興味ある人は良いかもね。

「Brussels Affair 1973」KBFHフルバージョン
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply