坂本 龍一 - 戦場のメリー・クリスマス

2 Comments
坂本 龍一 - 戦場のメリー・クリスマス (1983)
戦場のメリー・クリスマス 戦場のメリークリスマス [DVD]

 やっぱり印象深い映画音楽のサントラ…ってかテーマはそれぞれ幾つかあると思うんだが…例えば「スターウォーズ」のテーマとか「ロッキー」とか(笑)。そんな中のひとつに数えられているんじゃないだろうか、と思うのが「戦場のメリー・クリスマス」。言わずと知れた坂本龍一さんのサントラですね。こちらも本人出演とサントラ、しかも他の出演者にはデヴィッド・ボウイやビートたけしという映画人以外が出ていてかなり不思議な映画に見えたものだ。坂本龍一さんも映画出演なんて「戦場のメリー・クリスマス」以外はほとんどないんじゃないのかな?しかもこれだけ主役級で…ってさ。この頃まだたけしは北野武ブランドの全然手前だったんだが、こういうところからも監督業を意識したのかも。ボウイにしても映画好きだし、面白い布陣だ。

 「戦場のメリー・クリスマス」オリジナル・サウンドトラック、1983年の作品でもう何十年も見てないけど結構なインパクトがあった映画だったな。基本的に邦画ってほとんど見ないんだけど、これは洋画とも邦画とも言えない作品だったしねぇ。まぁ、映画の内容に合わせたサントラ作りなので当然ながらインストもの雰囲気モノばかりでテーマの「戦場のメリー・クリスマス」以外は普通にサントラだな…ってくらいにしか思わないけど、やっぱちょっと東洋っぽくもある旋律が日本人的か。使ってる楽器とかもちょっと普通の洋楽のサントラとは異なるし、かと言って日本的ってワケでもない…さすが坂本龍一教授ですな。しかしこんなサントラも作りながら映画で役者もやって、かなり大変な仕事だったんだろう。その分ボウイやたけしなんかとは結構仲良くなったのだろうか。しかしボウイとたけしってのはあまり接点を聞かないんだが、そりゃそうか。

 そう言えば後にこの「戦場のメリー・クリスマス」のテーマにジャパンのデヴィッド・シルヴィアンが歌を入れた「禁じられた色彩」ってのもあったな。デビシルじゃなかったらまるで酷評しかされなかったとは思うのだが、何せ教授とデビシルのジョイントだからまぁ、納得感が大きかったってのもあって好意的に受け入れられていた感じ。まぁ、そういうのもアリだろう。そして映画ではボウイとのキスで、PVでは清志郎とのキスでデビシルとは…8ビートギャグくらいか(笑)。いや~、懐かしい世代ですな。それにしてもそんなハチャメチャさとは裏腹に素晴らしく後世に残るサントラのテーマ。久々に感動してください。

禁じられた色彩
禁じられた色彩
posted with amazlet at 11.11.09
坂本龍一+デヴィッド・シルヴィアン
ヴァージン・ジャパン (1991-05-02)
売り上げランキング: 47675




関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
ひで  

内容以前にキャストの意外性が目を惹く映画でしたね。
たけしは個人的にダメ、っつーか大嫌いなんですけど(笑)この組み合わせは面白いなと思いました。
教授はこの後、ラストエンペラーでも重要な役柄で出演してましたね。

ボウイはデビシルのボーカルが入ったバージョンを全く評価していないらしい。
「サカモトはもっと自信を持つべきだ」って言ってました。

2011/11/19 (Sat) 00:07 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>ひでさん

あ、自分もたけしはダメでした…。
そういえば、「ラストエンペラー」もあったか…。全然通ってないから忘れてた…。

2011/11/20 (Sun) 22:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply