Maxophone - Maxophone

2 Comments

 イタリアンロックに求める美しさ=ドラマティックでクサイほどの叙情性と構築美、更にカンタトゥーレの流れと美しい楽器なら何でも入れて盛り上げるが、更にハードなギターがあれば最高。曲調は当然ながら美しく激しい展開が組み込まれ静と動が綺麗に存在していることなどなど色々と云えることは多いのだが、中でもこのマクソフォーネと云うバンドはそれら全てを兼ね添えており、更に重苦しくならないという軽快さをも持っているので初心者が手を出すには非常に取っ付きやすい作品をリリースしている。

 時は1973年、唯一のアルバム「Maxophone」をリリースしているが、以降シングル二枚程度しか発表していないので現行CDではこのシングルも含めて全曲収録の一枚物CDが入手可能(だと思う)。まずクレジット見て驚くことに6人編成のバンドに加えて5人程度のゲスト陣参加ってことなので、簡単に言えばありとあらゆる楽器の音が聴けるってことです。一曲目からその効果はしっかりと現れており、実に多彩でカラフルな音色が飛び交って聴いていると次々と出てくる音色に惑わされてしまう、そして曲そのものの美しさも手伝い、その音空間に惚れ込んでしまうという。いや、最初の幻想的なピアノの音色からして「ん?」って引き込まれるんだけど、続いて出てくるハードに歪んだギターとドラムがロックなんだよ。こういう展開は後のヘヴィメタに顕著なんだけど、凄く格好良い、ホント。歌もイタリア風のいやらしさはなくて、かなりすっきりとした爽やかな歌声なので好感が持てる。多分、英語盤聴いてるからってのが大きいと思うんだけど。

 書き漏れてたけどこのバンドのこのアルバムはイタリア語バージョンと英語バージョンがリリースされていて、自分が聴いているのは英語バージョンなので結構違うんだろうなぁと思ってます。実際曲順そのものも違うワケで、それはもう別のアルバムっても過言じゃないよなぁ…。イタリア語バージョンだともっとしつこくなるのかな?多分この声質とエフェクトだったらそんなでもないんだろうなと推測してますが…。イタリア語バージョン聴かないとダメっぽいな…突っ込まれそうだし。

 しかしこのバンドは英国ロックファンでも多分すんなりと取っつけるサウンドだろうなぁと思う。クィーンのセカンドみたいな部分もあるし、音の作りが凄く英国的なところが見え隠れするって感じるし。質感的にはWishbone Ashな感じなんだよ…。曲調が違うんだけど。やっぱり多種多様の楽器を上手く使ったカラフルな音色と荘厳なるコーラスとエグイギターがこのバンドの特性だし、一枚しかリリースされてないからそれを聴きまくるしかないってのもファンが多い理由だろう。
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
papini  
アタシ毎日ここにいるね(笑

うん、それはフレさんがイタリアやってるから(笑
うん、突っ込む(笑
イタリア語バージョンの方がアタシは好きかな。しっくりくる感じがあるんだよね。
よくP.F.Mと比較されることが多いバンドだけどさ。変幻自在に変わる曲調の中でも流れるような展開の巧さは、P.F.Mも凌駕すると思う。
アタシ、このアルバムの2曲目と4曲目が大好き♪

2006/05/21 (Sun) 22:13 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>papini嬢

うん、ありがとう!
イタリア語バージョンならまだ手に入りそうなのでそのうち密かに手に入れるかな、と思ってる(笑)。P.F.Mと比較かぁ、ま、そうだろうな。それもまた近いうちに登場予定アリ(笑)。

2006/05/21 (Sun) 23:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  「生命の故郷』マクソフォーネ
  • いろいろ記事の繋がりとか考えてエントリしようかと思っていたのですが、今月は上手くまとめられない。ジェネシス関連からいろいろ展開してみようかと思ったんだけど上手く繋がらない。なんか気合いの入らないんだ
  • 2007.10.11 (Thu) 12:42 | 徒然ネット