New Trolls - Concerto Grosso N. 1

4 Comments
コンチェルト・グロッソ(紙ジャケット仕様) コンチェルト・グロッソ1&2 コンチェルト・グロッソ・ライヴ
 ユーロロックと一括りに語られることも多いし、実際自分でもユーロ系ってことでまとめたジャンルとして聴いている傾向もあって、改めてそうではないんだなぁと思い知らされながら最近はイタリアものをよく聴いているのだが、ともすればハードロックバンド、しかも様式美、叙情性たっぷりなイタリアンサウンドを持ったバンドがオーケストラとの融合を果たした結集として世界中に知れ渡るほどの名盤を生み出したのが「コンチェルト・グロッソ1」。最初に聴いた時からこれも結構インパクトあって、イタリアの連中はホントに自己満足のエゴの塊でロマンチストなんだなぁと思った)。

 「コンチェルト・グロッソ1」と題された彼等の三枚目の作品は見事にオーケストラとの融合を果たした傑作で、コレでこのバンドに一気にハマるだろう。ちょっと露出過多という気がしないでもないんだけどね。オープニングからストリングスが鳴り響き、格式ある宮殿音楽でも聴くかのような厳かなバイオリンの旋律から始まるが、それはすぐにロックバンドサウンドと融合してしまい、フルートとの掛け合いから気持ちの良い中音域をブーストして歪みまくったギターがサウンドの要となり、以降更に美しく正にバロック風の旋律から場を盛り上げていく…オープニング2分半にしては強力な、リスナーを惹き付けて止まない素晴らしい曲。打って変わって静かに始められるアダージョでは美しいコーラスから歌が奏でられ、優しくも美しい旋律に乗せ、ストリングスの音と共に泣きのフレーズが連発されるが、ここでもギターソロが自己主張しており、ロックバンドの音を聴いていることを思い出させる結構エグイ音。曲の構成的には静→動→静→動というドラマティックな終わり方はかなり好み♪ 即座にまたバイオリンによる旋律が奏でられ、曲中で主要な役割を占めることとなるが、そこへオーケストラサウンドが重なり、荘厳なそして叙情性を強調した旋律が繰り広げられる素晴らしい展開だ。そこでもギターが自己主張している部分が聞こえるトコロがギタリスト的にすごく好き(笑)。4曲目では「Shadows (per Jimi Hendrix)」と題されているが、オープニングこそフリーインプロっぽいものの、即座に今度は乾いたサウンドのギターが独自のフレーズなんだが、フレーズの出所は「Hey Joe」あたりのジミのフレーズが聴かれるので意識して弾いたんじゃないかな。曲そのものは美しいバラード調の曲で、「Little Wing」を意識したかのようなものなんだが、フルートの調べがこういう曲にはよく似合っていて感情を動かされるね。もちろん最後のギターソロについては的なジミそのもののフレーズが連呼されて終息を迎えるが、ちょっと粗雑かなぁ…。宇宙に行くようなサウンドはわかるんだが。

 で、A面終了。クラシカルなサウンドを中心にオーケストラと創り上げた見事な音楽でやりすぎ感もあるけど良いよね。

 B面?一曲で20分半なワケで、即興性の利いたニュー・トロルスというバンドの本来持っている特性を出した曲なんじゃないかな。ギターがねぇ、金属的っつうか割れ気味の音で滅茶苦茶ロックしてるってのが良い(笑)。オルガンやらフルートやらも凄く味を出していて、特にフルートの使い方が良いね。演奏そのものはクラッシック系からジャズ系、そしてロック系って感じでかなりアバンギャルドで面白くってA面の構築美とは全然異なったかっこ良さがあるんだけど、アルバムそのものの評価は一般的にはA面のオーケストラサウンドとの融合性に行き着く傾向が多いね。
 ちなみに5年後の1976年にメンバーを入れ替えて、続編となるコンチェルト・グロッソ2というものをリリースしている。もちろんかなりの秀作で、ちょっとポップ…と云う言い方も変なんだが、メジャー路線的になりすぎている分聴きやすいし、作品としても実に良くできている。残念なのは緊張感ってのがない事か。コレ重要だからさ。ま、お得なのは「N.1」と「N.2」が1CDに入ってるのを入手するのが良い。

関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 4

There are no comments yet.
papini  
目眩してきた

フレさんがイタリアを語ってるよぉ~
しかもN.Tだし。前回のムゼオと、アタシ目眩してきた(笑
N.Tのこれはね、みんなA面すごいよ、って言うんだけど
アタシ、B面の方が好きなんだよね(笑
だって、かっこいいじゃん♪だって面白いもん、こっちの方が(笑
N.Tは「U.T」と「ATOMIC SYSTEM」が大好きなんだ。
もちろん、これも大好きだけど。

2006/05/21 (Sun) 01:31 | EDIT | REPLY |   
Schizoid Man  
ニュー・トロルス ライブ行きました?

TBありがとうございます。こちらからも張らせていただきました。
2001年のルネッサンスのライブ、私も行きました。
ブログにも書きましたがアニーの声が衰えていないのには感激しました。
カーネギーのライブの頃にオーケストラを入れてないバンドオンリーのライブアルバムが出たそうです。
まだ聞いていませんが是非聞いてみたいと思っています。

2006/05/21 (Sun) 02:02 | EDIT | REPLY |   
evergreen  

イヤミじゃなく、わざとらしさが似合うバンドですよね。追求心が目白押し!
イタリアはうまさが違うな~

2006/05/21 (Sun) 02:16 | EDIT | REPLY |   
フレ  
コメ感謝!イタで感謝!

>papini嬢
目眩してきた?いいね~、クラクラして頂戴♪ B面ってそれまであまり意識しなかったんだけど今回改めて聴いて「へぇ~」って感じで驚いた。コッチの方がバンドらしくて面白いかも。ま、でもA面の美しさこそイタリア!って思ってるんだけど…。N.Tの他の作品ならその辺しかないだろうなぁ…。

>Schizoid Manさん
いやぁ、ライブは行ってないんですよ。評判聞くとかなりよかったみたいですね。ルネッサンスは行きました♪曲と声に感動しまして…、はい。あ、そのライブアルバムは多分75年のヤツで、最近出たヤツですよね?円熟期で素晴らしいっす。オーケストラに頼らなくても素晴らしいんです、これ。

>エヴァ姉さん
わざとらしさ、こそがイタリア、みたいな(笑)。でもああいうのマジでみんなやるんだから多分そういう人種なんだと思う。熱いヤツこそ熱い演奏、うん、おかしくない。

2006/05/21 (Sun) 23:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 3

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ニュー・トロルス
  • = 2006/4/7 CLUB CITTA’ =往年のプログレバンドはほとんど30年選手が多いのですが、最近の特徴は30年で初来日してくれるバンドが増えていることですね。本当にうれしい限りです。3年前のセバスチャン・ハーディーもそうでしたが、今回なんとニュー・トロルスが初
  • 2006.05.21 (Sun) 01:54 | Progressive Life~プログレのある生活
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック