Museo Rosenbach - Zarathustra

3 Comments

 ハード&インテリジェンス且つドラマティックな美しさを持つ世界となるとやはりイタリアが一番と言うことになる。70年代のイタリアンロックはそれこそある面ではブリティッシュ・ロックに負けないくらいの技術とサウンドを持ったバンドがゴロゴロと出てきたものだ。英国的サウンドとは一線を画す、…とは云えどももちろんその叙情性に於いては英国ならではのものもあるのだが、イタリアの叙情性というのはやはり元々がカンツォーネの国、且つ暑苦しい…否、熱い国なのでその情熱がモロに音楽に反映されているとは言い過ぎだろうか。

 そんなイタリアンロックの中でも自分が最初に触れたアルバムがムゼオ・ローゼンバッハというバンドの当時は唯一だったアルバム「Zarathustra:ツアトゥストラ組曲」だ。当時英国産ロックにどっぷりと浸かっていた時期だったんだけどマンティコアレーベルあたりからPFMがチラつき、レコード屋のプログレコーナーの続きには必ずユーロロックコーナーがあって(笑)。で、結局どんなのが名盤なんだ?っていうのは気になるのでいつの間にかあれこれ覚えてしまっていたという、でもこのアルバムはクリムゾンの叙情性が好きだったから最初に手に取ってみたアルバムってことだね。もちろんその後のコレクションがどうなったかは言うまでもないことでしょう…。

 ムゼオって何で一枚で終わってしまったんだろ?勿体ない…。しかし、この唯一だった作品はもうクラシカルで自己満足型の叙情性たっぷりの美しいメロトロンが堪らなかったな。軽快なドラムのフィルインも凄く感情を呼び覚ますきっかけになるし何と云っても歌がさぁ、イタリア語なワケで、巻き舌且つあの発音でロックなのでそれだけでもうご満悦よ(笑)。しかし、この作品は実に音楽的に凄くて、ドラマティックな美しさがあるし、嬉しいことにメロトロン+ムーグはともかく、しっかりと歪んだギターってのが入っているのがよりロックらしさを増しているね。曲展開も実はいきなり曲調が変わるという繋ぎ方も多くて、これは組曲という特性なのかもしれないけど、へぇ~、って感じ。それでも、全体の構成美からすると全然問題なくって凄いんだよな。攻撃的で勢いのある、そして叙情的で泣きのメロディーたっぷりってのが良い。

 ん~、それほど詳しくはないけど多分凄い名盤のハズ。日本盤がリリースされる程のイタリアンロックってのはそもそもがそのレベルなハズなんだけど、その中でもかなり上位に位置する名盤だよ。…ま、自分でその時聴いてすげぇな~ってず~っと覚えてるんだからインパクトあったんだよね。で、久々に聴いたらやっぱり面白くてつい聴き込んでしまったんだが(笑)。しかし1999年になって突如の再結成によるアルバムリリースには驚いた。もちろん聴いてません(笑)。
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 3

There are no comments yet.
papini  
ん~、すごい名盤だね

ローゼンバッハはやっぱりツァラトゥストラ。
メロトロンとムーグの美しさがたまらなくて、そんでもって
組曲ならではの展開。クラクラするようなその展開は
もう、プログレ好きにはたまらないよね(笑
この構築美はなかなかお目にかかれない。
あ、でも当時のイタリアって化け物揃いだから・・・ねぇ(笑

92年に「rare&unreleased」っていう未発表曲集みたいのが出て
再結成後、アルバム出したけど・・・
内容は「う~ん・・・」って感じ(笑

うん、聴かなくてもいいかも(笑

2006/05/20 (Sat) 09:27 | EDIT | REPLY |   
evergreen  

ものすごく雰囲気のある作品なんだけど、美しい中の狂気みたいなのがうまい!ですね!
しかし、その反面・・・ジャケ!何とかして欲しいですが・・・

2006/05/20 (Sat) 11:49 | EDIT | REPLY |   
フレ  
デザイン変更後見にくいかな、と心配してるんだが…

>papini嬢
この頃のイタリアは確かに化けモンバンド多いよねぇ。…っつうかこの時期以外のイタリアンロックって知らないんだけど(笑)。しかし92年に未発表曲集か、こういうバンドは一曲づつ聴くものでもないからなかなか良さは出ないだろうねぇ。新作も×ね?ん、やっぱり(笑)。

>エヴァ姉さん
ジャケ、何でこんなんなんだろ?ニーチェだから?よくわからんよなぁ…。

2006/05/21 (Sun) 10:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  イタリアン・プログレで紐解く無神論者のヘヴィでヤバい本
  • ウチのblogで実は、全然扱ってなかったんだよな。名前は出してたけど。アタシ、自分でもびっくりなんだけどなんでだろう?多分、気分の問題(笑最初、実はリヒャルト・シュトラウスの組曲が頭を過ぎったんだよ。これを聴く前に。んで、ロックでしょ?名盤を言われているのは
  • 2007.03.14 (Wed) 20:02 | Trapo de la eternidad