Robert Cray - Cookin' in Mobile

0 Comments
Robert Cray - Cookin' in Mobile (2010)
Cookin' in Mobile Bad Influence
Cookin' In Mobile - The Robert Cray Band Cookin' In Mobile Robert Cray Live At the BBC - Robert Cray Live At the BBC

 80年代を騒がせたブルースメンと言えばスティーヴィー・レイ・ヴォーンも去る事ながらもう一人、若きヒーローとして祭り上げられたロバート・クレイって人を覚えているだろうか?って、まぁ、時代が違ってもさ、あんまりポップシーンに斬り込んで来れるブルースメンっていないんだから知ってる人も多いだろうとは思うけど、90年代に入る前にはちょっと失速していったっつうか、ブルース全体が沈んでいったってのあるからねぇ。80年代に活躍していたミュージシャンがここ最近良い感じに復活してきているのでそんな一人としても数えて良いかもしれない。久々にシーンで名前を聞くようになったし。それも2010年にリリースされたライブアルバム「Cookin' in Mobile」が好評とのことで、ここでアプローチしてみました。

 2010年発売「Cookin' in Mobile」、今や恒例のライブアルバム、しかもテキサス州でのライブっつうから気合入ってる…いや、テキサスってテキサスブルースのイメージが強くて、激しくてアグレッシブな印象なんだよね、何もかもが。だから中途半端なライブ出来ない土地柄っつうイメージなので、そこでのライブを記録としてリリースするってのはよっぽど受け入れられたんだなって思うワケ。ロバート・クレイも最近の作品はほとんどライブ盤みたいなので、そのひとつでしかないのかもしれないけど、ライブの出来映えは良いハズ。そんな期待を持って、実に30年ぶりくらいにロバート・クレイの新作を聴きました。ライブでも新作です。っつうかどんな風に進んでいったかもあまり気にしてなかったのでここでようやく再会に等しいです。

 聴いてみて安心した…っつうかこういう方向で歩んできたんだ、という実感が第一。安定的でモダンにキャッチーに、決して音に溺れるワケでもアグレッシヴにギターにのめり込むワケでもなく、タイトにソウルに歌もギターも奏でていくという、最初期に感じたスタイルそのまま。ある意味まるで変わっていない独自の路線。かと言って全然ライブに熱が入らないのかというものでもなくって、しっかりと白熱しているし、ギターにしても歌にしても熱唱ですよ。スタイルとしてクールなものだけど、ブルースメンの表現ですからねぇ。自分の好みかと言えば違うけど、こんなスタイルでテキサスを納得させられる人はそうそういないしさ。BBキングとかくらいじゃないの?そんな意味ではまだまだ若造のブルースメンだったロバート・クレイだってもう良い年、音ひとつで誰の音かわかるようなギタリストになってきてるってことだ。ちなみにストラトのサウンドも相変わらずで、これも個性的。万人が納得する感動のライブアルバムじゃないけど、ツボを抑えたライブの在り方としては見事な佳作って感じですね♪



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply