Richard & Linda Thompson - I Want To See The Bright Lights Tonight

5 Comments

 英国伝承音楽の道をメジャーにしたのがアシュリー・ハッチングスとするとその中でも更に磨きをかけた英国的ギターサウンドを一気に表現したスペシャリストと言えばリチャード・トンプソンを於いて他にいない。表立った活動として頭角を現してきたのはフェアポート・コンヴェンションに遡ることとなるが、サンディ・デニーとともにフェアポートのセカンドアルバムに参加し、そのギターセンスを披露してからというもの、フェアポートではサンディが脱退した後の「Full House」及び何度も名盤と書いてしまう「House Full Live」に残された名演奏がリチャード・トンプソンの名を決定的にする。

 その後はその世界では引っ張りだこで多分仕事に困ったことないんだろうなぁと言うくらいに実にアチコチでその名がクレジットされたレコードを目にするが、1972年、ようやく初の自身のソロアルバム「Staring As Henry The Human Fly」を発表。冒頭のイントロからしてもうリチャード・トンプソン以外の何者でもないギターの音で、名盤とまでは言わないがもの凄く個性的な独自サウンドを全面に出した作品。まぁ、そういう意味では他人とのセッションの方が気楽にのびのびと弾いているような気もするが、どこからどう切っても英国的な香りしかしないギターの音色は真似できる人はいないくらいの独自性。コレにハマるとまっすぐ深みにハマります(笑)。もちろんアシュレー・ハッチングスも歌でゲスト参加していたりアコーディオンではジョン・カークパトリックが参加していたり、何と云ってもここでも全盛期のサンディ・デニーも参加しているので正に英国トラッド勢の集合アルバム的ニュアンスも強い。いや、久々に聴くけどこんなに良いアルバムだっけ?

 でもって、その後はリンダ姫と結婚してリチャード&リンダ・トンプソンとしてアルバムをリリースしていくが、中でも二人の最初のアルバムとなる「I Want To See The Bright Lights Tonight」が好きかな。音色の豊かさはいつものことながら、何というのか音に幸せがいっぱい入っていて、しかもアコギとエレキが実にほど良いバランスで流れており、それでいてトラッドの色もあるんだけど、かなりオリジナリティのにじみ出ている作品でリンダの声もこうして聴いてしまうとなかなか悪くないのでやはりここも英国人なのだろう。二曲目の「The Calvary Cross」なんてイントロのギターを聴いているとジミー・ペイジの「Black Mountain Side - White Summer」あたりと全くフィーリングが同じで、且つこちらの方が音色の艶めきがあるというのも素晴らしい。

 一般的にあまり知名度のある作品群でもないんだけど、Zepと同じルーツからまったく異なるサウンドに変化していったエレクトリックトラッドのギタリストとしてのサウンドは実に面白い。よくクラプトンあたりと比較されるが、全くリチャード・トンプソンの英国的ギターに関してクラプトンは比較にならない。もちろん彼はブルースというものを自身で昇華しているので比較論がナンセンスなんだけど、リチャード・トンプソンのサウンドの方が深みがあって良いよ~。最近キャリア集大成という意味でのボックスセットも出たらしいのでお得なセットが入手しやすいみたい。
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 5

There are no comments yet.
nyarome007  

「Morris On」にコメントしようと思ったら、今度は、リチャード・トンプソンじゃないですか? もう、コメントが追いつきませんよ(笑)。
「I Want To See The Bright Lights Tonight」、これは本当に素敵なアルバムで、でも彼のアルバムってジャケットがどうしてこう??なのでしょう。1stなんて、誰がどう見ても「仮面ライダー」ですもんね。
ボックスセットもそそられますねぇ。

2006/05/18 (Thu) 22:32 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>nyarome007さん

いやぁ、よかった…(笑)。こんなにメジャーなリチャードなのに誰も相手にしてくれないんじゃぁ可哀相でしょ(笑)。トラッドの牧歌的スピードとブログのスピードでは差がありすぎるんですよね(笑)。我ながら反省です…。で、このハエ男、一体何を考えていたんでしょう(笑)?

2006/05/18 (Thu) 22:36 | EDIT | REPLY |   
sand  

お。雰囲気変わりましたね~。
トラッド特集、ちょうど聴き始めた頃だったんで大変面白かったです。カンタベリー特集も、お考えがあれば、いつか是非。リチャード・シンクレア好きでして。

で、トンプソンですが、ギターは文句ないんですが、ボーカルがどうも好きになれなくて・・・。
でも、「I Want To See The Bright Lights Tonight」は文句なく名盤ですね。曲はツブ揃いだし。テンションも高いし。

2006/05/19 (Fri) 18:01 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>sandさん

1月頃のコチラをご覧下さい♪カンタベリーちょっと書いてますよ~ん♪リチャード君好きですから(笑)。

2006/05/20 (Sat) 01:33 | EDIT | REPLY |   
カナ  

こんばんは。
この人のギターの良さというのだけは言葉で説明ができないですよね。
聴いてもらうしかないと言うか・・・。
フレさんのおっしゃるとおりこれからの季節ハマリそうですね。

2006/09/24 (Sun) 01:47 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply