Morris On - Ashley Hutchings etc

7 Comments

 ちょっと堅い話かもしれないんだけど、英国伝承音楽の歴史を紐解いて行くとえらく深いところに行き着いてしまって、アシュリー・ハッチングスもそこに行き当たることになる。英国では伝統的にダンス音楽というものが継承されてきていたが、もちろん口頭による伝承音楽であったため文化としての形が残っておらず半ば消えかかっていたと言う。それをセシル・シャープという人が1899年に発掘、再発見して以来きちんとした形、例えば譜面などで残しておくべきだということに落ち着いたが、それを更にロックバンドが演奏するということでメジャーな音楽に仕立て上げたのがアシュレー・ハッチングスということになるんだろう。そいつを実践したのは1972年、はたまた英国フォーク仲間を多数集めて制作されたのが「Morris On」と云う作品。

 参加メンバーは恒例リチャード・トンプソン、デイヴ・マタックス、ジョン・カークパトリックなどなどに加え、もちろんハッチングスの奥方シャーリー・コリンズなどこれまた多数でこの英国伝承ダンス音楽を再演したものだ。もちろん古楽器が中心になり、コーラスワークもさすがのものだが、曲の骨格がもちろんトラッドフォークとは大きく異なるのでその延長で聴いてしまうとちょっと「ん?」って感じではあるんだけど、フィドルやアコーディオンっつうのがやっぱりノリの良い演出を施していて、元来ジグサウンドの好きな自分としては問題なし♪ そんなウワサを聴いて最初にこのアルバムを聴いた時はいきなりフィドルの長いイントロからして驚いた…。その後に続くのはコーラスだけのアカペラで歌われる「Gleensleeves」だしさ(笑)。その次くらいからようやくそれらしいサウンドが聴けてくるので、ま、一枚でそれなりの物語展開らしく作っているんでしょう。小難しく解釈すると8分の6拍子調のジグに4拍子のリールが強烈に効いているみたいな感じが英国ダンス音楽の基本っつうことで以降どのバンドもこれに習ってダンス音楽を強調しているらしい。それにしてもこのアルバムジャケットのおちゃらけた格好のことと云ったらニューヨーク・ドールズも真っ青でしょ(笑)。ジョークの好きな英国人ならではの文化だね。

 またこの続編作品として1976年にはマーティン・カーシーやサイモン・ニコルやシャーリーなどで「Sons of Morris On」をリリースしているので、同じようなサウンドを楽しむことができるのもマニア的に嬉しいところかな。こういうのって別アーティストで探すのって結構大変だし。…と思ったら2002年には更に唐突に30周年記念てなことかどうか知らないが「Grandson of Morris On」というアルバムをリリース(笑)。ここまで来るとさすがだ、と思ってしまう。ハッチングスと言う人はピート・タウンジェンド以上にこだわりを見せる歴史の追随者なのだろう。ここまではさすがに聴いていないので実際のサウンドがどんな感じなのか知らないが、多分、そのままなんだろうなぁと(笑)。

 この辺まで漁っておくとさすがに英国ロックバンドがある程度変わったことやってても大体分かってくるんだよね。もっとも正当派のポップス路線ってのもあるので、ま、その辺はビートルズ当たりから入ってれば大丈夫だろうけど、こういうのはね、ビートルズからは漁れない。でも彼等はやってるんだよな…。で、Zepは面白い、実に面白い。こういうトコロまで行けるってのが良い。で、それを受け止めるだけのキャパが英国ロックにはあるんだなぁ。これが凄い。う~ん、まじまじと感動(笑)。
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 7

There are no comments yet.
バートっち  
ご無沙汰してます

フレさんこんにちは。バートっちです。覚えてますか?

自分のブログをほったらかし状態にしている最中もブックマークしてあるものには目を通していたんですが、ここ最近、フレさんの紹介しているものは個人的にビビビッ!なものばかりで嬉しく思ってます。

しかも視点が鋭い!
読み応えありすぎます!

読んでるうちに、私もそろそろ再開しようかなあと思い始めたのでした。

2006/05/16 (Tue) 14:40 | EDIT | REPLY |   
sand  

こんちは。
毎回凄い構成力ですね。レココレ読むより分かりやすい。
このアルバムは純粋トラッドって事で見送っていましたが、なにやら、もっと奥深そうですね。やはり聴かねば。

ZEPって本当に集約されてますよね。サードアルバムなんて未だに未知の世界ですね。

2006/05/16 (Tue) 19:42 | EDIT | REPLY |   
evergreen  

ベガーズ・オペラのファーストなんかも、ジャケはそうだよね!

2006/05/17 (Wed) 02:12 | EDIT | REPLY |   
いたち野郎  

最近はイギリス伝承フォークまで堀下がりましたか!もう頭が上がりません(笑)

このあたりの音楽、ペイジにも影響力がかなりあったみたいですが、カシミールとかはルーツ音楽の性質が垣間見えますね。それにしても、このあたりもCD化してたんですね。私も探してみます…。

2006/05/17 (Wed) 16:35 | EDIT | REPLY |   
フレ  
こんなのでもコメントありがとう!

>バートっち
すご~くお久しぶりですよね!?お褒めいただき恐縮です…、イマイチ自信ないんですけど、まあ正直に書いてます(笑)。この辺ってなかなか難しいんですけど、聴いていて心地良いのでツイ…。ブログ毎日書くのはしんどいのでマイペースが一番ですよ(笑)。

>sandさん
いやぁ、ここのところ毎回反応いただけるsandさん、ありがとうございます♪ レココレ読むよりは…とは嬉しいお言葉です。ただ、メジャーの文章にはできないくらいの偏見があるので好み分かれるでしょうねぇ(笑)。このアルバム結構別物として聴くと面白いですよ。Zepのサードはホントにこの辺も含めて奥が深いっす。

>エヴァ姉さん
あ、あれね。道化師って演じてるからねぇ。

>いたち野郎さん
いや、ハマってくとクセになるんです、この辺(笑)。カシミールはもうちょっと中近東的なのでトラッドからは離れるのかなぁ。そういう音楽ってなかなか探せないので大変なんですけどね。この辺、ちょっと前にまとめてCD化されたりしてます。

2006/05/18 (Thu) 00:33 | EDIT | REPLY |   
Cottonwoodhill  
こんばんわ

アシュリー・ハッチングスの動きをおいかけていくと名作ばかりにいき当るので楽しいですよ。下のアルビオン・バンドも好きなバンドです。

2006/05/21 (Sun) 17:02 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>cottonwoodhillさん

確かに♪ 深みにハマるには楽しい人です♪

2006/05/21 (Sun) 20:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply