Shirley Collins And The Albion Country Band - No Roses

4 Comments

 アシュレー・ハッチングスの追求する純英国トラッド道に対する執着心はスティーライ・スパンでも途中で曲げられてしまったと感じたのか早々に離脱し、新たに自己の追求を行うことに徹している。この辺のミュージシャン魂によるこだわりは大したものだと痛感せざるを得ない。そしてシャーリー・コリンズという歌姫と出会い、その夢を全うすることになるのだが、その夢も単なる夢で終わらせずに、それまでに培った人間関係の全てを持ち出したと言っても過言ではないくらいに今やあり得ない程の超豪華なメンツをゲスト陣として従え、トラッドフォークアルバムの傑作として語り継がれる作品を生み出した。

 1971年、当時…いや、今でもその顔ぶれを見るだけで正にフォーク界の有志が一同に介していることは一目瞭然。ハッチングスが新たに命名したバンドはアルビオンカントリーバンド。それにシャーリー・コリンズが参加し、彼女自身は既にこれまでにソロ及びデュエット作品で名を成していたため、シャーリー・コリンズ&ジ・アルビオン・カントリー・バンドとして「No Roses」という名作を発表。メジャー所の人脈ではリチャード・トンプソン、ロル・コックスヒル、ニック・ジョーンズ、ドリー・コリンズ、ジョン・カークパリック、マディ・プライアー、サイモン・ニコルなどが挙げられるだろうか、簡単に参加しただけという人もいるし、思い切り演奏しまくってる人もいるので音を聴いてのお楽しみ的要素が強いのだが、純英国トラッドフォークなのでダンスチューンは姿を現さず、いわゆるマーダーソングに代表される英国産トラッドという落ち着いたサウンドとカラフルな音色に彩られた大人の音楽とも云える雰囲気がたっぷり。あちこちハッチングスの作品を聴いているとどこかで聴いたようなメロディやフレーズがそこかしこに出てくるのもユニーク。シャーリーの声はどこかしっとりとした宙に抜けるようなトーンを持っていて、ピッタリと合っているんだけどその分アクが弱いという印象もあるが、好みの問題だろうね。

 それにしてもこのようなゲスト陣で構成され、しかも正に素晴らしき楽曲ばかりが羅列される作品はそうそうない、というかこの作品くらい。ジャケットの醸し出す雰囲気と共に名盤の名を欲しいままにしているワケだな。重くもなく軽くもない、もちろんポップなわけではないけど優しい雰囲気で心に馴染んでくるこの作品の持つ音楽はやはり語り継がれるべきものだ。シャーリー・コリンズの作品も結構CD化されていて、あれこれと聴けるみたいなので今まで手に入らなかったレアなものも今なら簡単に手に入るってのは良い時代になったものだ。
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 4

There are no comments yet.
ママロック  

フレさん、お久しぶりです★
私、このあたりって、片足の指先突っ込んだくらいしか聴いていないので、とっても勉強になります!
しかし今は、何でもCDになってますね。

2006/05/14 (Sun) 02:08 | EDIT | REPLY |   
evergreen  

通しで読むと30分かかった!(爆)
いや~フレさんすごい!
ひょっとして、ここら辺は皆繋がっていて、袋小路だね~
だけど、これどれだ?て音聞かされても、私区別付かないんだけど(笑)・・・声は確かにわかるが・・・ウ~ン、奥が深い!そして、ジャケのセンスがいいね~どれも。

2006/05/14 (Sun) 02:49 | EDIT | REPLY |   
V.J.  

こんにちは♪
D.グラハムは、やっぱ、ペイジのお師匠さん筋の方だから、フレさんにとっちゃマストでしょ、やっぱ♪

S.コリンズの話題だったか(笑)
真ん中の写真のは知りませんでしたが、No Rosesは、とっても好きですよ。僕も。

2006/05/14 (Sun) 11:56 | EDIT | REPLY |   
フレ  
コメント感謝です♪

>ママロックさん
ども♪ お忙しそうなのにわざわざコメありがとうございます♪ この辺、片足だけで終われなかったんですよねぇ(笑)。ホント何でもCDになってるので手軽に聴けて重宝…っつうか散財してしまいます、はい。もうちょっと続くので適度にふ~んって見ておいてください(笑)。

>エヴァ姉さん
いやぁ、飲みまくってて時間なかったのでまとめて一気に聴いて書いて(笑)、ま、30分楽しんでもらえましたでしょうか。ジャケはどれもセンス良いよね。

>V.J.さん
驚いた!「No Roses」聴いてたとは!う~ん、さすが…。D・グレアムさんはそうですね、、ロイ・ハーパーさん当たりからの流れだとそっちだったんですが、ま、いずれにしてもペイジ氏の影響を受けた人、ですから…、はい。…っていうよりも単純にシャーリーの元パートナーでアシュリーの方が合うからってことでさっさと乗る馬変えたっつうかそういう感じの恋愛劇も入っててよいかな、と。真ん中のはシャーリー&ドリーっすね。

2006/05/15 (Mon) 23:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply