Steeleye Span - Please To See The King

2 Comments

 イングランドの香りを求める求道者アシュリー・ハッチングスがフェアポートを離脱して自己の音楽性を追求したバンドがスティーライ・スパンで、その初期三部作はいつの時代にも語り継がれる名作として君臨している。時は1970年前後、ロックの世界では一番熱い時期に突入するが純然たる音楽、英国伝承音楽の世界ではどちらかと言うと楽器が発展してきて今までは口伝えとフォークギターやフィドルなどで伝えられてきた音楽がフォーマットが整い、更にエレクトリック楽器の発展に伴ってより大衆に訴えかけられる環境が出来上がってきたというもので、生まれたばかりのロックのフィールドとは大きく異なるアプローチだったわけだ。そんな中で、そのエレクトリック楽器を使ってトラッドを演奏したらどうなるんだろうという試みに重きを置いたバンドがスティーライ・スパンでもある。

 ファーストアルバムではかなりメンバー間にごたごたがあり、アルバムリリース時には既にバンドメンバーがいないという事態にまで陥っていたのでいくら人気がでてチャートにまで入る売れ行きを示してもどうにもならない状態だったようで、そのサウンドは後のモノとはいささか異なりある意味一番聴きやすいサウンドで、英国とアイルランドの混合編成によるバンド、音楽性の面白いバランスが聴ける作品。そしてやっぱり一番重くて…というかここまでくると重鎮という言葉にもなるし、多分どのロックバンドよりも重いサウンドを出しているアルバムが「Please To See The King」「Ten Man Mop」だと思う。それもドラムレスで、だ。荘厳さというのか何なのか、とにかく一枚聴いて非常に疲れを感じる音楽で重い。美しき歌姫マディ・プライヤーと共にメンバー全員によるコーラスワークが音の隙間全てに詰め込まれたようなイメージでとにかく逃げ道のないような壁が迫ってくるようなサウンドには驚かされる。それもフォークをエレキで演奏しただけで、だ。もちろん歪んだ音とかではなくそのままの音色で、だ。これはやはり元となる音楽の持つ重さ、ましてやトラッドフォークってのは大体が悲惨な物語だったり恨み辛みだったりするワケで、当然ながら軽い意味を持つようなものではないので、もろに出てくるということもあるんだろうなぁ。これから入手する人は何枚か国内訳詞付きのものを入手してみるとその残酷な歌詞の内容に気付くだろうね。スティーライ・スパンのだけでなくってどんなトラッドでも一緒だけど。

 しかしこのセカンドアルバム「Please To See The King」は三枚目「Ten Man Mop」に比べればまだ、些か軽めに作られているのかもしれない。サードアルバムは心から重いと感じる、無駄なモノを一切取り払ったストレートに刺さってくる重さを持ったアルバムになっているからだ。…とは言うもののどちらのアルバムもどこからどう斬っても英国的でロックの歴史にも大きく被さってくる面を持っているんだよなぁ。英国は本当に深い…。

 ちなみにこの三枚以降のアルバムからはどんどんと軽快なポップサウンドになっていき、その模様は初期のサウンドとは全く異なる英国を代表するバンドとなっていくので、祖国に深く根付いたバンドのスタイルはそれでも支持されている。それはそれで好きでして、ビデオとか見ると面白いよ。
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 2

There are no comments yet.
nyarome007  

フレさんの文章に同感です。仰るとおり、一番聴き易いのは、ウッズ夫妻が在籍しドラムも入った1stですが、やはり、3rdの凛として重厚な佇まいこそ、スティーライの到達した高みだと信じてやまないのです。ただ、重い・・・。しかも一度はまると癖になる重さだから厄介です(笑)。あと、「The Blacksmith」が1stと2ndでかくも異なる表情を見せていることや、アシュリー・ハッチングスのその後の軌跡など、もうそれだけで何本か記事が書けそうなくらい、このバンドへの興味は尽きないのです。

先月、紙ジャケCDが発売されましたが、あの「高級品価格」はいかがなものでしょうか? ユニバーサル並に良心的な価格設定にしないと、いつまでもたってもごく一部のマニアにしか聴かれない「骨董品」状態から脱せないと思うのです。次世代のロックファンにこれらの作品が聴き継がれることを願ってやみません。

2006/05/14 (Sun) 02:50 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>nyarome007さん

ウッズ夫妻のアルバムはまた別の意味で重要な作品だと思いますし、ジャケが良いんですよね…。「The Blacksmith」の変貌は正にこの時期のスティーライならではの変革ですね。紙ジャケ出たんですか…、高いんでしょうねぇ。アイテムとしての貴重さを求めるファンってもう半ば固定化されていると思うのでこういうバンドの敷居を高くされてもなぁ、っての同感です。でもこういうのは必ずや引き継がれていくでしょう。少なくとも英国では伝承音楽なわけですから♪

2006/05/14 (Sun) 22:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply