Fotheringay - Sandy Denny

10 Comments

 英国フォーク界には美しい声の持ち主がわんさかといて、女性ボーカルの美しさを持つ人というのも多数いるんだけど、その中でもペンタングルのジャッキー・マクシーよりも更に美しくそして心の籠もった、人の心を揺さぶる歌声でリスナーをノックアウトしてしまうのが何と云っても英国フォーク界の至宝サンディ・デニーです。普通はフェアポート・コンベンションあたりから書かれる方が多いんだろうけど、何となく流れでサンディ・デニーがフェアポート脱退後に夫のトレヴァー・ルーカスと共に結成したバンド、フォザリンゲイから書き始めてみようかな。

 フォザリンゲイは1970年にアルバム一枚しかリリースされなくて知名度的にもさほどないグループに終わったもののここで聴けるサンデイの歌声というのは正に絶頂期ではないかと思えるくらいに艶めいている。もちろん恋の要因というのが大きいのかもしれないが、それも芸の肥やし♪ 英国伝統音楽をベースにしっかりとエレクトリックも使いつつ、サンディの歌とトレヴァーの歌とが入り交じっている夫婦バンドで、単純に英国フォークの一バンドとして見ても男女の歌声のバランスも丁度良くて心地良い。トレーダー・ホーンをもう少し派手にしたような感じだろうか…、ってそっちの方がわかんないよな(笑)。そんな素敵なアルバムも紙ジャケ化されていたんですね。しかも今入手できるCDではボーナストラックとしてライブバージョンがいくつも収録されているようなのでお買い得かも。このボーナストラック聴いてみたいな…。

 その後すぐの1971年、ようやく待望のファーストソロアルバム「North Star Grassman and the Ravens 」がリリースされ、参加しているメンツもリチャード・トンプソンと元フォザリンゲイという状態なので何となくフェアポート勢の再結成みたいなもんだ。内容の方もしっかりとフェアポート時代に聴き慣れたデニーの歌い回しがそこかしこで聴くことが出来て、ちょっと音が派手になった感じはあるものの、やはり最高の時期の作品なので聴いているとハマる(笑)。そして驚くなかれ、ここでもまた「Black Waterside」を聴くことができるのだ。ジミー・ペイジのパクりっなんてのはここまでアチコチで聴けるとなると時代的には早かったもののしっかり響く人達には響くフォークの代表作だったんですね。そういえばサンディ・デニーってツェッペリンの歴史の中で唯一アルバムに参加したゲストなんだよな。アレも美しいもんなぁ…。

 そのサンディだが最後はあっけなく亡くなってしまったのが実に残念。1978年に亡くなったのでいわゆるラストライブとして語られる「Gold Dust: Live At The Royalty Theater」というアルバムが記念碑的にリリースされている。1977年11月27日に相変わらずの面々を従えてのライブを収録したもので、涙なくして聴けないな、これも。もちろんフォザリンゲイの曲も歌われているし、何よりも「Who Knows Where the Time Goes?」が最後にしっかりと歌われているのが哀しいね。

 う~ん、やっぱりフォークには女性ボーカルが似合う、そしてこのサンディ・デニーと言う人の歌声には綺麗とか美しいというだけでなく、独特の歌い回しと味のある艶めいた歌声が良いんだろうなぁ。改めて聴くと、やっぱり紅茶を飲みながらしっとりと寒い部屋で静かに聴くのが一番似合ってる声質かな(笑)。
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 10

There are no comments yet.
sand  

いや~3連打たいへん面白く読ませていただきました。パンク・NWとかUS系(ディランなんか)を聴いて育ったので、UKフォークには、まるで興味がなかった(理由はガッツがないからってアホでした)のですが歳とってから断然良くなりました。そんで、ちびちび聴き漁ってる所です。

中でもサンディは特別好きなんですわ。私の中ではジャニス・ジョップリンと同じ場所にいますね(コーラスにまわったサンディの声はジャニスに似てるような気がしますね)

今日はFotheringayずっと聴いてましたが良いですね~「Nothing More」とか「The Sea」とかムチャクチャ良いです。旦那のボーカルもアクセントになっていて邪魔臭くはない。
そうか・・・恋ですか。これは手におえません。って何だそりゃ(^O^)

「Who Knows Where the Time Goes」これも名曲だ。サンディ良いですね~。

2006/05/12 (Fri) 17:00 | EDIT | REPLY |   
nyarome007  

サンディ・デニー! 私が世界で一番敬愛する女性ヴォーカリスト、もう好きで、好きで・・・。私がペンタングルより、圧倒的にフェアポートの方が好きなのは、ジャッキー・マクシーには越えられない「サンディの壁」のせいかもしれません。あと、最高にグルーヴィーなフィドラー、デイヴ・スウォーブリックの存在も大きいですが。実際、サンディ無き後のフェアポートは、デイヴ・スウォーブリックが引っ張っていたと思うのですよ。映像観ても、この人の存在感というか発するオーラは凄いです。
「Who Knows Where the Time Goes」は、私の葬式に是非かけてほしい曲でもあるのです。

2006/05/13 (Sat) 01:14 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>こめんと感謝です!

>sandさん
UKフォークってなかなか行き着かないトコですから…、しかもロックとはかなり無縁のトコなので難しいですよね、確かに。でもどんなバンドでもアコギ的な綺麗な曲ってあって、そのルーツってこういうとこにあるんだ、って思うと凄く気になってしまうとかあったのかな。ジャニスとサンディかぁ、比較はできないけど、やっぱアメリカとイギリスっていう文化の違いが大きすぎるかな。うん。

>nyarome007さん
ペンタングルとフェアポートって似て非なるバンドですよね。Zepとパープルみたいなもんだろうか(笑)。フィドルのスウォーブリックは特異な人ですよね。ハッとする旋律をばんばんと出してきて曲に彩りを与えていく、みたいでこの人のソロアルバムも気にはなってるけどまだ手が出てないんですよ…。

2006/05/13 (Sat) 13:03 | EDIT | REPLY |   
evergreen  
う~んすごいですね~

今までで、一番力がはいってますね~
どなたかが、書いておられたように、ZEPから、またしてもZEPからですね~(笑)
私は、どっちかと言うと、ペンタングル派かな~演奏で聞いちゃってるかな~
サンディさんは、暖かく、艶っぽい(確かに)、うんそう思います。

2006/05/14 (Sun) 02:26 | EDIT | REPLY |   
ハリー  

はじめまして。
TBありがとうございます。
サンディー・デニーの魅力は多くの人が
語るところですが、やはり自分でも
書いてみたいと思い、私も自分のブログでとりあげたところです。

フォザリンゲイはトレバー・ルーカスの
魅力も大きく、なんともバランスのいい
アルバムで私も大好きです。
これからもよらせていただきますね。

2006/05/14 (Sun) 09:16 | EDIT | REPLY |   
フレ  
コメントありがとうございます!

>エヴァ姉さん
書いてたら色々と思い出してしまって(笑)。で、長くなっちゃったみたいなんだけど、そうですねぇ、Zepから…ってのはもうしょうがないね。ペンタングル派っつうか、それこそどっちがどっちってくらい聞き分けられないと思うし(笑)、故に好き嫌いは音楽性とかの問題になっちゃうかな。でも落ち着くんだよね、この辺って。

>ハリーさん
ども、勝手にトラバってすみません♪でも仲間はいっぱいいると楽しいので…。フォザリンゲイはもうちっとメジャーで取り上げられても良いだろうなぁと思う次第です、はい。

2006/05/14 (Sun) 21:59 | EDIT | REPLY |   
Who?  
rain s

SANDYを検索してましたら、このページみつけまして。おじゃまします。
SANDY大好きです。きっかけは、ZEPの
BATTLE OF EVERMOREです。他者を入れないZEPが参加させていたので、何者?と思っていました。高校生の時
NEW MUSIC MAGAGINEで偶然LP販売の
広告見つけて「SANDY」を手に入れて
以来です。確かSANDYが亡くなった年
でした。しかし、私の周りには、現在も過去もSANDYを知っている人は
いません。だからここを知ることが出来て嬉しいです。

2006/11/28 (Tue) 11:06 | EDIT | REPLY |   
etood  
Sandy

私は最初に借りてきたLPがliege & leafでした。
その時の完成度の高さにノックアウトされSandyの世界
に取り付かれました。
何故なんでしょうか、あの声に惹かれています。
残念ながら早くして亡くなってしまい音源が少なく
道半ばでは無かったのではないかと考えています。
合掌

2007/04/28 (Sat) 23:29 | EDIT | REPLY |   
sihuku  

こんばんわ~
フレさんも”フォザリンゲイ”を書かれていらっしゃったのですね!早速(と言いつつ遅ッ!?)TBさせて頂きました♪
大変ご無沙汰させて頂いていますね。。
あまりの情報量に恐れ多くて・・・滝汗”

>独特の歌い回しと味のある艶めいた歌声が~

!ボクもまったくの同意ですょ~
毎日、毎晩・・・と聴いているわけでもありませんが、時折、すごく聴きたくなって・・聴きだすと止まらない・・!?いい空気を運んでいるように思えます。
今のこの寒い時季に聴くのもこれまた格別ですよね。

2009/01/14 (Wed) 18:17 | EDIT | REPLY |   
フレ  
>sihukuさん

「2」は気になるんですけど、イマイチ手が伸びなくて…、いや、そのウチに(汗)。そうですねぇ、たまに凄く聴きたくなる時が来ます、この辺は。多分もうじき…(笑)。

2009/01/15 (Thu) 20:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 2

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  時の流れを誰が知る
  • Fairport Convention/Unhalfbricking(1969年作)ザ・バーズとジェファーソン・エアプレインに憧れる英国の若者たちが、ウッドストックのビッグ・ピンク経由で、土臭い英国民謡の世界に立ち返り、伝承歌とロックの融合という偉業を成し遂げる。フェアポート・コンベンシ
  • 2006.05.13 (Sat) 01:17 | AFTER THE GOLD RUSH
この記事へのトラックバック