Peter Hammill - Nadir's Big Chance

0 Comments
Peter Hammill - Nadir's Big Chance (1974)
Nadir's Big Chance Fool's Mate
Nadir's Big Chance - Peter Hammill Nadir's Big Chance Fool's Mate - Peter Hammill Fool's Mate

 妙な突き抜けた感が欲しくてアコースティックなものを探していたら見つけた♪ ComusとかTea&Symphonyじゃなくってカリスマレーベルの雄でもある?ピーターハミルさん。Van der Graaf Generatorの時は相当パンクで激しく突き抜けていたんだけどソロになってからはかなり内に篭った暗い世界をひたすら紡ぎ上げていたという印象なんだよね。それがちょっと突き抜けて、VdGGの再編成も狙ったってのもあるのかもしれないけど、明らかにVdGGの世界だよ、っていうソロアルバムが今回のネタ。

 1974年にリリースされた「Nadir's Big Chance」という物語アルバムで、バックの面々はVdGGなのでまんまVdGGの再結成第一弾予告編アルバムとしても良い作品で、ここでのピーターハミルは明らかにVdGG時代よりも弾けたパンク的な鋭さを持って歌を叫んでいる。後にSex Pistolsのジョニー・ロットンがピーターハミルを参考にしていたという来歴も話していたようだが、なるほど、冒頭のタイトル曲「Nadir's Big Chance」なんかは全くパンクな姿勢が伺える強烈なインパクト。もちとんそこに留まらず引き締まった演奏にスパイスを加えた本作の勢いは全くシャープでソリッドな世界観だ。決してポップミュージックではないけど、キンクスがもっととんがって演奏したらこんなの出来ていたんだろうな、ということをふと思ってしまったけど、VdGGの特徴は吹奏楽器の深さにある。逆にギターとかは弱くて鍵盤や吹奏楽器でのインパクトとベースライン。まぁ、何と言ってもピーターハミルの創りだす世界が強烈なんだけどね。

 ナディアという少女が云々…というお話らしいけどそこまでストーリーを追いかけたことがない。ってか追いかけるまでも行かずに音で楽しんでしまっているっていうのがあるが、もっともっとじっくりと何度でも聴かないといけない作品なんだろうな。VdGGはかなり好きなので何度も聴いているけど、ピーターハミルになると途端に聞く回数が減ってしまうので…。「Nadir's Big Chance」もVdGGとして聴いていけば良いんだろうな。それにしてもVdGGの「Vital」の迫力と攻撃性が最高だと思ってしまうが…、話が逸れた(笑)。

 英国好きを自称しながらもこういうアーティストがしっかりと自分の中に残っていないのはいかんなぁ~と。このへんの裸の姿にこそアーティストの本音が出てくるワケで、バンドの魔法とは別の個人の姿っていう世界をね、楽しめるようにもならないと。ただ「Nadir's Big Chance」という作品はその逆でVdGGとして認識しようじゃないか…。



関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply