Cream - Wheels of Fire


 1968年最も熱いライブをアメリカ国内で繰り広げていたのは実はアメリカのバンドではなくイギリスのバンドだったりする。その名をクリームと呼ぶ。サイケデリック・ムーヴメントすらも自分たちのレコードセールスの一因として利用してしまいその実アメリカ戦略のための策略として仕組まれた感が強く、大人になればなるほどに彼等のアメリカ侵略の上手さに舌を巻くことが多い。そしてその熱狂の様子を見事に収めてリリースされたアルバムが「クリームの素晴らしき世界」である。

 AB面は3枚目のスタジオアルバムとして収録しているけど、CD面はここで陽の目を見るものが多い1968年3月頃にフィルモアイーストで行われたライブの様子を収録。前作「カラフルクリーム」がモロにサイケデリックな様相を匂わせた作品だったことに対し、今回はジャケットにそのイメージを少し残しているものの、音楽的にはほとんど脱していてある意味独自性を打ち出している、3作目にしてようやく彼等の本質がスタジオアルバムでも打ち出されてきたのかなというように、言い方を変えるとベールを脱いできたっていう感じかな。もちろん当時はそういうスタンスではなくスタジオ盤はスタジオ盤、ライブはライブ、と割り切っていたようなのでナマでライブを体験できない人種にとってみると何故にそれほどクリームというバンドが騒がれるのかイマイチピンと来なかったんじゃないだろうか?なんて邪推してしまうんだけどね。で、そのスタジオ録音盤、初っ端の「White Room」は良いねぇ~、サイケって云えばそのままなんだけど、スタジオ盤のくせにアドリブ合戦的要素が深くてクリームらしいっつうか、良い曲だよ、これは。以降はまあ、結構聴いたんだけど…、ね。やっぱクリームはライブだよ、ってことでCD面。

 こっちもいきなりの「Crossroad」。ひぇ~ってなくらい強烈な曲とアドリブ合戦です。これぞクリームっていうのが良く表れた代表曲で、イントロのギターリフからしてもう定番、誰とセッションしたって出来るに決まってるってくらい定番でさ、ま、曲も、というか曲のアレンジも凄いセンスだけどギターソロだよな、やっぱ。曲そのものはロバジョンのものって云うんだけど、もちろんロバジョンのを聴いても全く同じ曲とは思えないので、この辺はクラプトンのアレンジなのかな、良いセンスしてるなぁ。で、そのギターソロなんだけど、ま、これも定番で、メジャースケールとマイナースケールが入り交じって綺麗にストーリーが描かれる綺麗な音で繋がるんだよな、上手いわ。知っててやってるんだと思うけど、こういうところがセンスっつうか試せるバンドだったのがクリーム。正直ジンジャー・ベイカーのドラムは凄いけど、曲に合わせて叩きまくってるって感じなのでそんなにそういう意味でのセンスってのは必要なかったし…、あ、もちろんアドリブに強いってのは重要だけどね。だからどっちかっつうとドラマーとしてのスタンスを確立した人で、それは「Toad」でも顕著に表れてるよね。で、ジャック・ブルースはもちろんベースマンとしてアドリブをあれだけできてドラムにもギターにも合わせていけるキーマンであるけど、楽曲アレンジ面でのセンスってのはクラプトンの方があったんだろうね。でもクラプトンもその辺、妙に自信なかったのか結局マウンテンのフェリックス・パッパラルディに全てを依存することになるってのも面白い。ま、そんなことでこの「Crossroad」はこれだけで究極の一曲。ちなみにフリーでも同じアレンジで演奏していて、こちらはもっと重いフリーのノリでのバージョンがあるので面白いよ。で、クリームの方は2曲目の「Spoonful」も定番でアドリブを楽しむには良いけど、曲そのものがちょっと単調でイマイチかな。クリームってそういうパターン多いけど(笑)。

 良い時代だなぁ、この頃は。こんなのがアメリカのあちこちでいくつも見れたんだから羨ましい。クリームのこの時期のライブビデオって存在してないんだろうか?解散ライブくらいしかないもんなぁ、どっかで発掘してDVDで出されても良いと思うけどな…。

関連記事

Comment

[1379]

フレさんのブログで知っているアーチストが続くとホッとするぷくちゃんといいます。(←もしかして俺に気を使って・・・←馬鹿)

また私のブログ、マニアというより・・・○○の方が多いと・・・だって管理人が○○だから・・・

>クリームの方は2曲目の「Spoonful」も定番でアドリブを楽しむには良いけど、曲そのものがちょっと単調でイマイチかな。クリームってそういうパターン多いけど(笑)。

いやあ、ずーと長年思っていたことをはっきり表に出してくれてありがとう。ブルース系っていいメロディが伴わないと聞くの辛いです。

[1381]

モンタレーからの流れに毎日興奮して読ませてもらっています!
それにしても、更新の頻度が早くて、ただただ尊敬です。
(内容も濃いし!!)
明日も楽しみにしています(^^)!

[1385]

クラプトンが、一番ROCKした時期だよね!ファッション、ヘアースタイルも、かっこいいです!!!!!!

[1399] コメントさんくす!

>ぷくちゃん
ん~、まあ、単に気まぐれですから(笑)。で、クリームってやっぱ曲は面白くないでしょ?演奏は凄いけどね。そういうのがあるからあんまり聴かないのかもしれないってない?

>波野井露楠さん
モンタレーからウッドストック、ワイト島って色々なバンド取り上げよう~って思ってたんですけど、さすがに飽きてきてしまって(笑)。また多分脱線してきます…、刺激がないとダメなんよねぇ…。

>エヴァ姉さん
ん~、彼ロックしたことあるのかなぁ…。って怒られるかもしれんけど。レイラくらいじゃないかなぁと思ってます。クラプトンはミュージシャンなんだもん。わかる?

しかし意外に反応少ないのでちょっと驚き。

[1407]

Cheap Trickにコメントありがとうございました。私はFresh Creamというアルバムが、当時好きでしたよ!Rollin’And Tumblin’?でしたっけカッコよかったよ!&フレさんのBlogをお気に入りとしてリンクさせていただきたいと思います。宜しくお願いします。

[1408]

前に、書いてましたよね!
セッション系とかの、例のやつ。
私こそ、怒られちゃうかもしれないんだけど、クラプトンは自身が、実はミーハーなんだと思う。自分が、ROCK出来ないんだよね、ROCKの演出家がいるんだよね、ちゃう?

[1411] 再結成

数ヶ月前、ふと新宿HMVに行った折、店内のDVDモニターに釘付けになってしまいました。なんとクリームが演奏している、それも現在のクラプトン入りで。クリーム35年ぶりの再結成のDVDだとか。私の隣に一人同じように画面に食らいついているおじさんがいたっけ。
クリームはよくバンドの練習でやりましたが、中でも誰もが一度は通過するSunshine of your Love. デッドやジャニスが乗っていた「フェスティバル・エクスプレス」の記録映画をDVDで見ていたら、その汽車の中でもかの連中もSunshine of your loveをやっていたのには笑ってしまいました。

[1412] コメさんくす!アゲイン!

>markunmanさん
似たようなサイトだったので思い切り楽しんでしまいました♪ これからもよろしくお願いします。こちらもリンク張りました♪

>エヴァ姉さん
クリームは再結成クリームのDVDは書いたけどね。往年の名盤はまだまだ書いてなかったので、流れからして良いかな、って♪ クラプトンがミーハーって、、、みんなそうだったんじゃない(笑)?ロックな人じゃないことは同感ですねぇ。

>崩壊の二日後さん
店内で釘付けってよくわかりますよね。普通の昔ロック聞いてました、って人は今そんなに情報に敏感じゃなければ知らないですもん。だから店頭で見るとCDでも驚く。で、最近はDVDでしょ?もっと驚くと思うもん。「Sunshine Of Your Love」はセッションの定番になっちゃいますねぇ…。

[4540] 洋楽初心者です。

このサイトは僕にとってのひとつのバイブル的な存在です。

で、今日ネットで買った素晴らしき世界が届きました。
某動画サイトでドラムソロは見ていたんですが、、、
すごいですね。。。
音楽のことなんかこれっぽちもわかりませんが、
僕はこんなの初めてです。衝撃的です。感動しました。
最高です。(ドラムソロだけではなく、ほかの曲に関しても)

そしてこのサイトも大好きです。出会えてよかったです。
これからも僕のバイブルであり続けて下さい。

[4541] >じぇんまさん

お~、嬉しいお言葉感謝です!音楽のことなどわからなくても良いんです。ただ出てきた音に感動できるっていうのが人間の素晴らしいところでして、理論だなんだ関係なしに、人が感動できる音、感動できるものっていうのが面白くてこんなに漁ってます(笑)。これからも多々ご紹介していきますのでよろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/206-703a73c9

虹でも深紫でもない、papiniの本当の原点

その昔、ガキンチョpapiniはよく父上に叱られました。汚い素手でレコードを触るな!!この原盤が実家にあって、アタシはこの色彩がすっごく好きで眺めてるだけでも、ガキンチョpapiniは幸せになりました。当然、聴かせてくれるのはカセットでした(笑今現在でも、原盤を触る

あ、そうそう。こういうのも押さえておかなくてはいけません。

ごめんね、話が前後するんだけどさ(笑いや、今思いだしたんだってば(コラほら、昨日、STONESがどうたら言ったでしょ?そんでさ、あ、そうだ。この辺出しておこうか、なんて思ったワケよ。英国のロックを知る上で、ブルーズロックなるものを知らないとお話しにならないのよ

「クリームの素晴らしき世界」

ヤードバーズからクラプトンを知って、クラプトンを追いかけて手を出したのがクリーム。クリームのセカンドもいいんだけど、やっぱりこのバンドはライブが魅力でしょうってことでこのアルバムを。ディス

クリーム『Wheels of Fire』

Creamの3rd&ライヴ・アルバム『Wheels of Fire(邦題:クリームの素晴らしき世界)』。1968年発表。 苦手科目満載の1枚(2枚組)です(笑)! 苦手科目1 →2枚組・・・長いの苦手っす。 苦手科目2 →ライヴ盤・・・ディスク2のライブが聴き所らしいんですがね...

クリーム『Wheels of Fire』

Creamの3rd&ライヴ・アルバム『Wheels of Fire(邦題:クリームの素晴らしき世界)』。1968年発表。 2枚組で1枚はライヴ盤、そしてインプロを得意とするブルース・ロックのアルバムとくれ ...

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

過去ログ+

2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【18件】
2017年 10月 【31件】
2017年 09月 【30件】
2017年 08月 【31件】
2017年 07月 【31件】
2017年 06月 【30件】
2017年 05月 【31件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon