Aerosmith - Rocks

Aerosmith - Rocks (1976)
Rocks ドロー・ザ・ライン

 「Rocks

 こんな大胆なアルバムタイトルを付けられるなんて相当の自信があるかバカじゃなきゃ無理だよ。そんな言葉がアチコチから聞こえてきそうなタイトル。もちろん今じゃ世紀の王道ロックバンドとして担ぎ上げられているエアロスミスの4枚目のアルバムタイトルだ。エアロスミスってのは同時代の…と言うかいつの時代もなのだが、それほど王道アメリカンロックバンドっつう位置付けではないんだよな、ホントは。まぁ、さすがに今となっては王道アメリカンロックバンドになっているけど少なくとも70年代のエアロスミス…これも今から思えばアマチュア時代と言わんばかりのキャリアの短さになっちゃったんだけどさ、少なくとも70年代のエアロスミスは英国ハードロックのテイストを持ったバンドだった。それが「Rocks」と名付けたんだから、相当の自信だったんんだろう。単純なアメリカのバンドが付けたならそんなに意気込みを感じるほどじゃないけどさ。

 今となっても多分エアロスミス史上最高傑作として何ら輝きを損なうことのないアルバムとして「Rocks」ってのは光を放っているハズだ。自分的にもね、もちろん後追いなんだけど、相当聴いたんだよな、このヘンのエアロスミスって。この前の作品「闇夜のヘヴィ・ロック」とこの後の「ドロー・ザ・ライン」を含めてエアロスミス全盛期で、どれを取っても最高にかっこ良いR&Rバンド。それでいて一辺倒にならない曲が多数あって、バリエーションに富んでいたってのが良かった。キッス的になっちゃうとやや飽きるのだがエアロスミスってのはその実一言でハードロックバンドとは片付けられない作風が揃ってる、気がする。

 さて、「Rocks」、凄く久しぶりに聴いたよ、しかも大音量でロックを楽しみたくなったのでね。冒頭の「Back In The Saddle」のスティーブン・タイラーの雄叫びの凄いことこの上ない。どの曲もそうだけど、バックのコーラスも結構ぶち切れていたりして大人しいコーラスワークなんて全然ないしさ、「Last Child」なんてそのままラップに出来そうなリフだから結構狙われたんじゃない?もっとも本当の冒頭はもっと美しいバラード的ですらあるんだが。その妙なぐちゃぐちゃ具合のまま始まる「Rats In The Celler」のぶちキレ度合いも堪らん(笑)。ステージでスティーブン・タイラーがあの衣装で踊り狂ってる姿が容易に目に浮かぶご機嫌なR&R、それでいて単純でもないんで派手に遊べる音。効果音なんかも結構な聴きもので、雰囲気を出すために色々な試みをしてるな。このへんはジャック・ダグラスプロデュースによる効果かも。そしてあまり知られている曲でもないけど、もっとライブに登場させても面白いと思う「Combination」のグルーブ。ベースが相当ドライブしてるし、正にロックバンドのノリが出まくってる強烈なナンバー。もちろんジョー・ペリーのギターもエグい音で入ってて、ソロではもうこんな音出せないだろうってな話だ。

 B面トップを飾るのはエアロスミスお得意の長玉コーラスから始まる「Sick As A Dog」。ドラムの音がちょっとチープだが、それも含めてなんだろう。陰ながら裏から入るサイドギターがかっこ良いのだ。「Nobody's Fault」…Zeppelinの「Nobody's Fault But Mine」というタイトルに先駆けること1年、ところが知名度では圧倒的に負ける…まぁ比べるものじゃないが(笑)。ここではやや緊張感を高めたテンションで迫ってくるスティーブン・タイラーの歌の力量。曲そのものは凄いという程のものじゃないけど、スティーブン・タイラーの歌のパフォーマンスとテンションの高さによって凄いトーンを保ってる。なるほど、こりゃ凄いわ。そしてジョー・ペリーの出番とばかりの「LGet The Lead Out」で「Last Child」と同様にやや後ノリ的なリフで引っ張る曲の登場だ。ただ、こちらはB面のこの位置ってことでもわかるが起伏がやや乏しい感じに仕上げている、その分ゴージャスでワイルドでもあるからかなり色合いが異なる。ドラムのフィルインからひたすら勢いに任せて始まる「Lick And A Promise」は凄くエアロスミスらしいナンバーで、お得意の展開でしょ、これ。ライブでは結構登場しているのかな?あんまり聴かないけど相当かっこ良いテンションとグルーブで全く怖いもの知らずのエアロスミス時代。こういうのがね、こんな位置で出てくるんだからやっぱり「Rocks」ってアルバムは凄いよ。そして最後は定番のバラッドソングとも言える「Home Tonight」で異色のオーケストラまで入れて歌いあげるスティーブン・タイラーの歌声とギターソロも音色がかなり変わっててヘンな効果を出している…多分チープさの究極なのだろうが、それもまたエアロスミスらしい…。

 「Rocks

 やっぱりそうそう簡単にタイトルには出来ないんだが、アルバムに収録されたロックナンバーをひたすら聴いて、タイトルを決めた時に出てきた単語が「Rocks」だったんだろう。そう思うのが自然なくらいロックナンバーが散りばめられた傑作アルバム。アメリカ英国問わずの名盤♪







関連記事

Comment

[6633]

はじめまして
おもろいブログですね
酒のつまみに拝見させていただきます
リンクらしてください
SNAKE
http://skenrock.blog10.fc2.com/

[6635] Re: ROCKS

>三年寝太郎様
ご指摘ありがとうございます。
なかなか不備やミスなど多いと思うのでこれからもお願いします♪

ロック…、やっぱりカッコよいです!

[6637] >SNAKEさん

どんどん遊びに来てください♪

[6639] SHOULD BE PLAYED LOUD

と言っても 大音響で聴ける環境は、HEADPHONEか車の中位ですが。
この二枚が出た時は、何となくLOUDなロックが も一つ元気の無い時でしたから 本当に 私のツボにドンピシャでしたね。
大概はHEADPHONEで我慢してましたが、時には、わざわざ周りの部屋の不在を確認してから 雨戸を閉めて、大音響でかけたこともありました(笑)。
オリジナルメンバーで再結成って場合、懐メロの人達で終わることが多い中で、
AEROSMITHは GET A GRIPなんて快作を出してくれて うれしかったです。
二回観たけど どっちもよかったですね。

[6641] エアロスミス

>K平さん
確かにロックを大音量で聴くという醍醐味はなかなか出来ない住環境ですもんね。
昔はJBLでガンガン鳴らしたこともありますが…、大人になるとそうもいかないので
同じくヘッドフォンか車です。
エアロ…、結構回数観てるかなぁ。ライブがカッコよいって重要です。

>三年寝太郎さん
いや~、趣味で書いてるので別にえらいもんでもないし、若い頃の思い入れってのも
多いですから…、そんな時くらいは純粋にロックに思いを馳せて楽しみます♪
年は関係なく多分ロック小僧って人多いでしょうしね。

[6643] 格好いいです~~~

AEROSMITH・・・・嬉しい・・やっぱり大音量で聴きたいです~(泣)
実家にLPでこれと、TOYS IN THE ATTICK と DRAW THE LINEがあります・・・でも、プレーヤーがもうないので聴けないのです。CDで買い直そう・・・
大音量で聴けないなら聴きたくない!と昔は思い、しばらく聴いてなかったのですが、やっぱり聴いてしまうと・・格好いい!Combination大好きな曲なので嬉しいです。トムハミルトンのベース、大好き・・・ブリブリしてて格好いい。つい耳がギター通り越してベースにいっちゃいます。

[6649] >koyuさん

大音量という制限はなかなか突破できないでしょうけど…、
それなりに迫力で聴くならCDでも十分でしょう。
アナログの良さには適わない部分ありますけどね。
しかし、皆さんエアロスミスはリアルに思い入れが出てきて嬉しいです♪

[6655]

70sエアロ命!

これアナログ時代、相当聴き込みました。はじめから終わりまで聴きどころ満載、やっぱこれが一番好きかも…
中でも「Sick As A Dog」が特に好きなんですよね。ストーンズ的なゆる~い感じで、こういうのエアロのジャンキーっぽい雰囲気にぴったり合ってる。

来月引っ越す先は日中誰も居ないみたいだし、けっこうでかい音も大丈夫そう♪

[6662] >ひでさん

ロック小僧の象徴って感じですからねぇ、70sエアロは。
アメリカにしては深みのある音で暗さが良かったりします。

引越し、大変ですよねぇ。
今度は無事であることを祈ります♪

[6666]

モッチモッチモッチロン大名盤ですよ~!
時に RATS IN THE CELLAR の、ハアハアハアハア・・・キタキタキタ~~!ア・・・ア・・・フウ。。。な気持ちはもうたまりませんな(笑)。
茶的には、ラストにはストリングス・バラッドではなくて、生ギター弾語りブルーズだったら、もっともっと良かったです♪

[6671] >茶さん

さすがに聴いてますね♪
最後が生ギターブルースですか…、そういう考え方したことなかったなぁ。
アルバムはありのまま受け入れて聴いてたんで、なるほど、それもそうかもしれませんね。
でも、多分ここでゴージャスに仕上げたかったってのが何か分かる気もします・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://rockcollector.blog31.fc2.com/tb.php/2050-7598c87b

AEROSMITH/Rocks('76)

4thアルバム。これはハードロック史上に残る「名盤」です。 始めから終わりまで捨て曲無し、曲の並びも完璧なアルバム。前作はわりとバラエティ豊かな曲が取り揃えられておりましたが、そういう点でこのアルバムは幅が狭いです。言い換えるとよりハードに徹した...

エアロスミス『Rocks』

Aerosmithの4thアルバム『Rocks(ロックス)』。1976年発表。 タイトル、ジャケット、そして音楽と、どれをとっても名盤と呼ぶに相応しい作品。ホント、こういうのを名盤というんだと思 ...

«  | HOME |  »

プロフィール

フレ

Author:フレ
物心付いた時からロックが好きでいつぞや何でも聴き漁るようになり、多趣味な生活を過ごしているロックマニア。


ロック好きの…別館リンク


ブログ検索


最新記事


カテゴリー


最新コメント


最近のトラックバック


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去ログ+

2017年 05月 【27件】
2017年 04月 【30件】
2017年 03月 【31件】
2017年 02月 【28件】
2017年 01月 【32件】
2016年 12月 【32件】
2016年 11月 【30件】
2016年 10月 【31件】
2016年 09月 【30件】
2016年 08月 【31件】
2016年 07月 【31件】
2016年 06月 【30件】
2016年 05月 【31件】
2016年 04月 【30件】
2016年 03月 【31件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【32件】
2015年 12月 【32件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【31件】
2015年 09月 【30件】
2015年 08月 【31件】
2015年 07月 【31件】
2015年 06月 【30件】
2015年 05月 【31件】
2015年 04月 【30件】
2015年 03月 【31件】
2015年 02月 【28件】
2015年 01月 【32件】
2014年 12月 【31件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【31件】
2014年 09月 【30件】
2014年 08月 【31件】
2014年 07月 【31件】
2014年 06月 【30件】
2014年 05月 【31件】
2014年 04月 【30件】
2014年 03月 【31件】
2014年 02月 【28件】
2014年 01月 【32件】
2013年 12月 【32件】
2013年 11月 【30件】
2013年 10月 【32件】
2013年 09月 【30件】
2013年 08月 【31件】
2013年 07月 【31件】
2013年 06月 【30件】
2013年 05月 【31件】
2013年 04月 【30件】
2013年 03月 【31件】
2013年 02月 【28件】
2013年 01月 【32件】
2012年 12月 【32件】
2012年 11月 【30件】
2012年 10月 【31件】
2012年 09月 【30件】
2012年 08月 【31件】
2012年 07月 【31件】
2012年 06月 【30件】
2012年 05月 【31件】
2012年 04月 【30件】
2012年 03月 【31件】
2012年 02月 【29件】
2012年 01月 【32件】
2011年 12月 【31件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【31件】
2011年 09月 【30件】
2011年 08月 【31件】
2011年 07月 【31件】
2011年 06月 【30件】
2011年 05月 【31件】
2011年 04月 【30件】
2011年 03月 【31件】
2011年 02月 【28件】
2011年 01月 【32件】
2010年 12月 【32件】
2010年 11月 【30件】
2010年 10月 【31件】
2010年 09月 【30件】
2010年 08月 【31件】
2010年 07月 【31件】
2010年 06月 【30件】
2010年 05月 【31件】
2010年 04月 【30件】
2010年 03月 【31件】
2010年 02月 【28件】
2010年 01月 【32件】
2009年 12月 【32件】
2009年 11月 【30件】
2009年 10月 【31件】
2009年 09月 【30件】
2009年 08月 【31件】
2009年 07月 【31件】
2009年 06月 【30件】
2009年 05月 【31件】
2009年 04月 【30件】
2009年 03月 【31件】
2009年 02月 【28件】
2009年 01月 【32件】
2008年 12月 【32件】
2008年 11月 【30件】
2008年 10月 【31件】
2008年 09月 【29件】
2008年 08月 【30件】
2008年 07月 【30件】
2008年 06月 【30件】
2008年 05月 【31件】
2008年 04月 【30件】
2008年 03月 【31件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【31件】
2007年 12月 【29件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【28件】
2007年 08月 【31件】
2007年 07月 【30件】
2007年 06月 【29件】
2007年 05月 【30件】
2007年 04月 【30件】
2007年 03月 【26件】
2007年 02月 【27件】
2007年 01月 【20件】
2006年 12月 【31件】
2006年 11月 【30件】
2006年 10月 【31件】
2006年 09月 【30件】
2006年 08月 【31件】
2006年 07月 【31件】
2006年 06月 【30件】
2006年 05月 【31件】
2006年 04月 【30件】
2006年 03月 【31件】
2006年 02月 【28件】
2006年 01月 【31件】
2005年 12月 【31件】
2005年 11月 【30件】
2005年 10月 【20件】


リンク


RSSフィード


全記事表示リンク

全ての記事を表示する


QRコード

QR

Click! Click!


楽天市場
HMVジャパン

Amazon