The Doors - Live At The Hollywood Bowl

-
ザ・ドアーズ ライブ・アット・ハリウッドボール [DVD]

 60年代を代表するバンドでありながら60年代を代表するフェスティバルであるモンタレー、ウッドストック共に出演することのなかったザ・ドアーズ。当然ながら質の高いライブを繰り広げていたことは最近の彼等のライブ盤などのリリース状況を見れば一目瞭然で、これでもかとばかりにジミヘン並みに当時のライブをオフィシャルサイト経由で流通させている。21世紀の新たな販売戦略のひとつであるネット販売が主であるが、もちろんファンはこれに享受して恐らく何でも揃えているに違いない。自分が一生懸命集めていた時のザ・ドアーズのライブ盤と言えば「Live At The Hollywood Bowl」「Absolutely Live」「Alive She Cried」くらいのもので、特に「Live At The Hollywood Bowl」のビデオには全く度肝を抜かれたものだ。これがドアーズかぁ、ジム・モリソンかぁ…って。

 時は1968年7月5日、モンタレーから一年後、ウッドストックから一年前、彼等はハリウッドボウルという巨大な会場で延々と内に籠もるインサイドなライブを繰り広げていた。時代はどちらかと言うと開放的な風潮にある中で、しかも西海岸のバンドとしては相当異色な存在だったことは全く想像に難くないが、それにしてもジム・モリソンのカリスマ性は今見ても惹かれてしまう面があり、知性を放っている。そんな存在や伝説ばかりに感化されていた時に昔懐かし「ベストヒットUSA」でこの「Live At The Hollywood Bowl」から一曲、って言って何かが流れたんだよね。それがもの凄い衝撃的でビデオを探し回って見た。何度も見た。辛かった。決してポップでキャッチーな、ベスト盤で聴けるような曲などをほとんどプレイすることなくバンド本来の持つブルースに根ざした演奏とアドリブが延々と続けられる彼等の楽曲ばかりが収録されており、一般的に簡単にドアーズ好きだよ、って言うファンを一気に遠のかせてしまうライブだ。今のバンドでは考えられないくらいにシニカルで媚びないロックを実践していたバンドでもある。

 冒頭から「When The Music Is Over」だ。冒頭から10分以上のアドリブをかます曲で始まるのだ。ありか、それ?しかもジムの第一声はいきなり叫び声だ。あの、叫び声から始まるのだ。これは惹き付けられるか離れるかしかないよ、ホント。しかも当時の機材だから16トラックの音と4カメしかないわけでほとんどがジムの左側面からのショット。続けて何曲かブルース定番の彼等の曲が延々と歌われ、そのカリスマ性を見せつけてくれるしバンドのアドリブもさすがだが、淡々と繰り広げられていくその様相はハマらないと結構キツイだろう。しかし、ジムの真骨頂の物語のひとつでもあるオリジナルアルバムには未収録だがライブの定番曲で大変人気の高い「Celebration Of The Lizard」からの展開には目を覚ませられる。原曲らしきものは3枚目のアルバム「Waiting For The Sun」に「Not Touch To The Earth」として収録されているけど、やはりライブの「Celebration Of The Lizard」は別格だ。

 何かに乗り移られたような仕草でパフォーマンスを演じる…、いやパフォーマンスではないのかもしれない、彼は多分本当にその気になって、すなわち蜥蜴になっているのかもしれない、そう思わせるほどの様相で曲を昇華させている。凄い。やはりタダモンじゃない、うん。目を閉じて一人語り続ける伝道師、他の何者も寄せ付けないカリスマ、それをたっぷりと楽しめる一幕でもある。そしてハッとするような「Spanish Caravan」の美しき旋律に彩られて現実の世界に戻りつつあるが、「Wake Up!」から語られるジムの朗読、そして唐突に始められる「Light My Fire」の光が差し込むような展開はあまりにも美しい。演奏も激しく熱を持ってプレイされ、ライブ時に出来上がりつつある詩がどんどんと繰り広げられ恐ろしいまでに美しき邪悪な詩として披露され、強烈なクライマックスを迎える。そして「The Unknown Soldier」というこれまた長い曲が続き、銃殺隊を模倣したシーンはアメリカのバンドならではの展開だろうか、この一幕も衝撃的なシーンで、それに併せた曲展開も見事なもの。他の誰にもできない、決して真似の出来ないライブは一発で印象に残る代物だ。最後はもちろん「The End」。美しい終わりの詩、強烈なアドリブによる詩が狂気を垣間見る、そんな内容で間奏時では歌詞に合わせて虫を拾う仕草をしてみたり、本当にアーティスティックな表現者として存在しているジム・モリソン。全編を通してほとんど動かない彼の存在感は圧倒的。そうしてこの映像は終わりを迎えることとなるが、正直言って見る度に精神を消耗し、中途半端に取り組もうものなら即座に見放される、そんな印象を持たせる重いライブ映像ではある。

 昔はレコードでもリリースされていたり初期はCDもリリースされていたけど、最近は出てないのかな。それにしてもいっぱいライブ盤が出てるな。「Absolutely Live」もジャケットが変わってるし、「In Concert」も出ているし、ボックスセットでは各種公演が入っているしDVDもいくつもリリースされているし、やはり世代を超えた人気があるんだろう。一回ハマってみると抜けられないダークな世界がここにある。
関連記事
フレ
Posted byフレ

Trackbacks 5

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  「映画は賛否両論でも」 サウンドトラック/ドアーズ  
  •  腰痛が治らないうちに、今度は歯痛(T_T)。というわけで、今日は午前中に歯医者。でも、当然であるが一日では治らず。それで、昼から、テストの採点をしていたらまた腰痛(@_@)。楽しげな音楽でも聴こうと思ったが、ちょっと考え直して、逆療法!そうだ、こんな時は
  • 2006.05.05 (Fri) 11:44 | 波野井露楠の徒然日記 ~ROCK&BOOK~
この記事へのトラックバック
  •  ザ・ドアーズ (The Doors)
  • The DoorsThe Doors Warner 1989-02売り上げランキング : 9,574おすすめ平均Amazonで詳しく見るカリスマ・シンガー、ジム・モリソンを擁し、独自の音楽で時代を切り裂いたドアーズ。彼らを一躍有名にした1967年の衝撃的なデビュー・アルバム。歴史に残る名盤。 Strange D
  • 2006.05.06 (Sat) 06:54 | School of Rock
この記事へのトラックバック
  •  The Doors / The Doors
  • カリスマシンガー、ジム・モリソン率いる 『The Doors』 が1967年に発表した衝撃のデビュー・アルバム。幼い頃からジャズ・クラブで演奏していたという名プレーヤー、レイ・マンザレクのオルガンを全面に押し出した不朽の名作。やはり「コレ」ですね(笑)。行き着くところ
  • 2006.05.06 (Sat) 20:16 | Bono's Talk!
この記事へのトラックバック
  •  ドアーズ 「ソフト・パレード」
  • 今日のジャケ画は、The Doors 「The Soft Parade」ドアーズ4作目となる69年発表の作品です。本作では、ブラスセクションも取り入れたりしてソウルな雰囲気に溢れた作品になってます。しかしあくまでドアーズ・サウンド♪サイケ感あるオルガンも健在で...
  • 2006.07.08 (Sat) 22:57 | 昔の洋楽が好きなのでつ(^^)
この記事へのトラックバック