The Who - Live At The Monterey Pop Festival

7 Comments

 ジミヘンと出番をモメて見事に恥さらしにならずに済んだ…と言ったら語弊を招くが、見事に希望通りの順番に出演することの出来たThe Who。モンタレーでのライブの模様は実際どうだったのだろうかと長年に渡り疑問ではあったが、DVD「Monterey Pop Festival」の3枚組がリリースされてようやくそのボーナスディスクであるディスク3に当日The Whoが演奏した3曲が新たに追加され、もともと発表されていた「My Generation」のライブと併せて4曲の映像が陽の目を見たこととなる。残りは「Pictures of Lily」と「Happy Jack」だけだが、まあこれ以上はリリースされないだろうからなぁ。音だけなら恒例の4CDで全て聴けるのだが…。

 で、そのライブを見てみると…、何と云ってもキース!キース・ムーンのドラミングが明らかにロジャーのボーカルを追い越しているし、ベースのジョン・エントウィッスルについては全くと言ってよいほどカメラにフォーカスされていない。音はブイブイ云っているのだが、ホントにカメラには映らないというあからさまなまでの映像(笑)。それよりもやっぱりキース。「Subsusitute」からスティックをバンバンと自分で叩いては飛ばし、信じられないほどの手さばきで隙さえあればどこかを叩いているという有様。アメリカ受けを狙っての(?)「Summertime Blues」もまだまだ可愛いバージョンで演奏されるんだけど、こいつもやっぱりキース。ピートも結構頑張ってるが美味しいところは全てキースが持っていってしまっているようだ。ミニロックオペラと題された「A Quick One While He's Away」では演奏ボロボロで、キメも何も合ってなくってピートが一人で引っ張っているんだが、そういうやり方ができるのもThe Whoというバンドの特性だろう、そして勢いだけで最後まで持っていくんだけどこういうのって凄くイギリス的だよなぁ。アメリカ受けするものばかりやることがない(笑)。絶対どこかにポリシーを持っているっていう面白さ。そして最後は「My Generation」。もうキースキースキース!!凄い、凄すぎる!ピートのギター破壊も圧倒的なパフォーマンスで観客はおろか、スタッフがあわてている様子が面白い。イソイソと壊されてたまるかとばかりに機材を戻すローディの姿がいっぱい映っていて、よくあれでピートに殴られなかったものだ(笑)。ここはピートの破壊力が勝っているな。しかし、最後の最後までジョンのベースは鳴り続け、そしてキース!最後にどっか~んとキック!。そういえば「Summertime Blues」か何かでスネアドラムの皮が破れたのか、スネアセットごと放り投げていたな…。もちろん曲中なんだけど、平気でそれが出来るキースはやはり凄い。

 ジミのセットが40分もあったにもかかわらずThe Whoのセットは30分弱。ま、それでも対面を守るためとバンドのインパクトからしたらこれが正解だろうね。ジミもその分頑張って歴史を作ったし、The Whoはこれで更に躍進することになったし。しかし凄いライブばかりだったんだな、このイベントは。改めて時代の凄さを感じますね。
関連記事
フレ
Posted byフレ

Comments 7

There are no comments yet.
evergreen  

めちゃおもしろいですね~、部分的に見てるので思い出してきましたが、スタッフがあわてる・・・なんだか、こういうのって、いいよね~!
70年代に入っちゃうと,見せる要素が中心のお膳立てされたショーになってゆくから・・・貴重だよね!

実は、ぷくちゃんとこで、今、私、袋叩きになっていて・・・Fの字もでてますよん!仕返し!お願い!

2006/05/04 (Thu) 23:25 | EDIT | REPLY |   
いたち野郎  

ジョンが黙々と恐ろしく難解なフレーズ弾いてるのがいいのに、モンタレーに限らず、なかなか映らないですよね(笑) キースは、ありゃ真似できないですねー。俺は一曲でバテますよ。

2006/05/04 (Thu) 23:39 | EDIT | REPLY |   
kita  

ロジャーは確かにちょっと弱いかもですねぇ~、本人も唄い方が分かったのはトミー以降みたいな事を云ってますし。

で圧巻はやっぱりキース!
手当たり次第ドカドカで、スティックは投げるわドラムセットは蹴飛ばすわで開いた口が塞がりません。
それにしてもあんな頭の悪そうな叩き方するドラマーは他にいないんじゃ?(笑

残りの映像もあるんなら是非観たいなぁ~……。

2006/05/05 (Fri) 00:46 | EDIT | REPLY |   
ぷくちゃん  
ありがたやー

フレさん、こんにちは。

whoとジミヘンでそんな事が・・・勉強になるなこのブログ。でもキース・ムーン偉大です!この演奏も素晴らしいです。

なくなった時に私の地元の地方紙にも写真入で載っていた時にはびっくりしました・・・・

2006/05/05 (Fri) 05:43 | EDIT | REPLY |   
Shinyan  
そうなんだ・・

モンタレーのTHE WHOはそんなに良かったのか・・・
知識不足の俺はナンダカ、してやられた感が・・・
(俺も今から学習しよっと・・)
そうなると、見てみたいのは“完全版”でも無理そうなのか・・・残念
まあ、取りあえずは、発表済みの4曲の映像を・・・
誰か“¥”クレ~~~~

2006/05/05 (Fri) 11:38 | EDIT | REPLY |   
フレ  
ありがとうっ!

>エヴァ姉さん
あ、そっか、そういうドキュメンタリー性が良いんだよね、なんか慣れてなくってどうなるんだろう?みたいなの(笑)。ん?ぷくちゃんとこ?助さん格さんでいいんじゃない(笑)?多分Cさんもそう思ってると思うが(笑)。

>いたち野郎さん
ジョンは89年以降の映像でようやくまともに映るようになったんですよ(笑)。キースはもうとんでもない。ワイト島の映像でも凄いけど、このモンタレーの方がもっと凄くて驚く。キースはやはり偉大だ…。確かに一曲もたないわな…。

>kitaさん
この頃のロジャーはまだまだモッズ気分でしたから元々破天荒なキースには敵わんでしょう(笑)。頭悪そうな叩き方っていいな(笑)。確かに狂人の顔して叩いてる(笑)。残りの映像…裏モノならあるでしょう、きっと。

>ぷくちゃん
ん?いや~お役に立てれば光栄です♪ぷくちゃんとこ、随分賑わってるのでマニア以外参加不可状態(笑)。しかし当時地方紙でも顔写真入りで載ったんですか…、すごかったんだな、きっと。

>Shinyan
うん、良いよ、というかやっぱロック黎明期だよね。モンタレーってさ、少しずつしか収録されてないからアレだけど一バンド単位で見るとやっぱ凄いライブなんだよね、どれもこれもさ。

2006/05/06 (Sat) 21:21 | EDIT | REPLY |   
evergreen  

私、黄門さん嫌なんだけど(爆)

2006/05/07 (Sun) 23:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply